フィスココイン(FiscoCoin:FSCC)|仮想通貨トークンの特徴・価格・チャート・取引所

フィスココイン(FiscoCoin:FSCC)|仮想通貨トークンの特徴・価格・チャート・取引所

  • カイカコインの特徴
  • ネクスコインの特徴
  • ▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
    【1位】Zaif【ビットコインの手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
    【2位】ビットフライヤー【ビットコイン売買量とセキュリティは国内No1!】
    【3位】ビットバンク【リップル、ライトコインの購入はココが一番お得!】
    【オススメ】Binance【世界一の取引所。手数料の安さは世界で一番!取扱コインも約100種類!】
    【4位】QUOINEX【国内でQASHが買えるのはここだけ!セキュリティ・手数料も優秀!】
    【5位】GMOコイン【大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所】

     

    通貨名 Fisco Coin(フィスココイン)
    通貨略号 FSCC
    公開日 2016年
    発行上限枚数 50,000,000 FSCC
    取り扱い国内取引所 ザイフ(Zaif)
    取り扱い海外取引所 なし
    目次

    フィスココイン(FSCC)の基本情報

    フィスココイン(FSCC)は、株式会社FISCO(フィスコ)の発行するトークンです。
    フィスココインはもともと、この株式会社フィスコの株主優待として発行されました。
    株式会社フィスコは、フィスコマーケットリサーチ(市場分析)を通して企業・個人向けに投資に関するアドバイスをする、金融サービスの上場企業です。

    平成28年12月期の中間・期末の株主優待として、1株あたり1FSCCが配分されました。
    フィスココインの総発行量は50,000,000 FSCCですが、2017年の夏頃にロックアップが発表されたため、今後、発行量は増えないことになっています。
     
    フィスコのグループ企業である、『カイカ』と『ネクス』も独自トークンを発行しています。
    トークンはそれぞれ、カイカコイン(CICC)とネクスコイン(NCXC)という名前で、仮想通貨取引所のZaifやFiscoで取引が可能です。
    Zaifで取り扱っているトークンは全てそうなのですが、フィスココインも金融庁が認めるホワイトコインリストに名を連ねています。
    Fiscoの取引システムは、Zaifが提供していますので、取引画面はそっくりそのままです。
    Zaifで口座をお持ちの方は、「Zaifの画面を開いたっけ?」と思ってしまうかもしれません。

    それぞれのトークンは、それぞれの企業のウェブページからフィスコグループが提供するサービスの代金として支払うことが可能となっています(後述)。

     
    フィスココインは、取引所のFisco以外にも、Zaifでも取り扱われています。
    仮想通貨取引所のZaifでは、フィスココイン以外にもさまざまなトークンを扱っていて、トークンの銘柄数は国内最多の取引所となっています。
    大きな値上がりを見せたZAIFやCOMSAなど、話題のトークンも多いので、トークンの取引にも興味がある方は、Zaifの口座を開設して、取引してみましょう。
    Zaifでしか購入できないトークンなどについては、下の記事で紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。

     

    フィスココイン(FSCC)の特徴

    • 金融サービスを提供するフィスコ株式会社が発行するトークン
    • トークンの略号はFSCC
    • Counter Party(カウンターパーティー)を利用して発行された
    • フィスココインを売買できる取引所は国内ではFiscoとZaifのみ

     

    フィスココインはサービスの代金として利用可能

    それぞれのトークンは、それぞれの企業のウェブページからフィスコグループが提供するサービスの代金として支払うことができます。

    これまで、フィスココイン向けにフィスコが作成する特別レポートを提供するなどの取り組みが行われてきました。
    それに加えて、ネクスグループのウェブページからは、栽培する野菜やカレーなどの食品が購入も可能となっています。
     

     Counterparty(カウンターパーティー)を利用して発行された

    フィスココインは、Counterparty(カウンターパーティー)というものを利用して発行されたトークンです。
    カウンターパーティーは、ビットコインのブロックチェーン上に作られたプラットフォームのことで、多くのトークンに使われています。
    ビットコインのブロックチェーンを利用するため、独自にブロックチェーンを開発する必要なしに、オリジナルのトークンを発行できるという優れた技術です。

    あわせて読みたい

     

    フィスココイン(FSCC)の価格推移・チャート

    フィスココイン(FSCC)のチャートは、Zaifのサイトから確認できます。
    フィスココイン(FiscoCoin:FSCC)|仮想通貨トークンの特徴・価格・チャート・取引所2
    フィスココインは、発行された直後から値下がりし、1FSCC=3円程度で取引されていました。

    2017年のフィスココイン価格

    2017年に仮想通貨全般が注目されるなか、トークンにも資金が流れるようになり、2017年7月には1FSCC=80円まで値上がりを見せました。
    これは、ロックアップを発表したことが原因と考えられています。
    その後、一旦下落したものの、2017年の12月になると、Zaifで取り扱っているトークン全般が急上昇した流れに乗って、フィスココインも再度高値更新にチャレンジ中です。

     

    フィスココイン(FSCC)の購入方法・取引所

    フィスココイン(FSCC)は、2017年12月時点では、国内の仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)とFisco(フィスコ)で購入できます。
    Fisco(フィスコ)が発行しているコインなので、Fiscoの方をオススメしたいところですが、フィスココインを売買する場合でも、Zaifで口座を開設した方がメリットが大きくなります。
    そもそも、FiscoのシステムはZaifのものですし、Zaifの方がトークンの品揃えや取引量の面で圧倒的に優位です。
    Zaifは、さまざまなトークンを取り扱っていますし、ビットコインの売買手数料がマイナス、つまり取引することでお金をもらえるというキャンペーンを行なっている取引所です。
    国内でNo.1のビットコイン取引量を誇るビットフライヤーよりも、個人的にはオススメの取引所です。
    レバレッジをかけて数分の間に売買を繰り返すようなデイトレーダーの方は、ビットフライヤーの方がオススメですが、そうでない場合は、手数料や売買できる銘柄が多いZaifがオススメとなります。
    登録方法などは以下の記事で紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。

     

    まとめ

    以上、フィスココイン(FSCC)について、紹介しました。
    この記事を読まれた方の中には、「フィスココインについて興味が出たけど、自分のお金で買うのは少し不安…」もしくは「 買うお金がない…」という方もいらっしゃるかと思います。
    そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法があります。
    一つはアフィリエイトという方法、もう一つはモッピーなどのポイントサイトを利用する方法です。
    どちらも副業として人気の方法で、わたしもこの方法で毎月数十万円以上稼いでいます
    下の記事でやり方を紹介していますので、興味がわいた方はご覧になってみてください!
    仮想通貨の取引を始めたいという方は、手数料の安さ重視ならザイフビットバンクセキュリティ重視ならビットフライヤーQUOINEXから始めましょう!
     

      仮想通貨の新着記事をみる  


     
    オススメの副業・稼ぎ方はこちら
    アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから



     

        TOPページへ戻る    


     


    ]]>

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる