【設定と実績も公開】マネースクエアのトラリピについて解説!メリット・デメリットは?本当に稼げるの?

この記事ではサラリーマンの副業として人気上昇中のトラリピについて、メリットやデメリットにプラスして、ワタシの運用実績なども紹介していきます。

✔︎ 毎月お金がもう少し欲しいなぁ…
✔︎ 楽に稼ぐ方法ないかな…
✔︎ 資産運用をしてみたいけどよくわからないし…

こういった悩みを持っている人にピッタリなのが、「トラリピ」という稼ぎ方。

令和になり、これからは人生100年が当たり前の時代になります。そうなってくると仕事の給料だけでは老後資金を貯めるのはかなり難しいです。

だからこそ、令和に生きるあなたは、銀行に預金して年0.01%の利息をもらうのではなく、積極的に資産運用を行い、年3〜10%ずつ資産を増やすことについて真剣に取り組み必要があるのです。

ワタシも30代に突入してから老後に向けて、いろいろな方法で資産運用を始めていますが、その中でもオススメ度が高いのが、今回ご紹介するトラリピに代表されるFX自動売買

使いこなすことで普段働いている間や、寝ている間にも自動でシステムが取引をしてお金を稼いでくれます。

このサイトは「なるべくラクして資産運用」をコンセプトに、ワタシが実践している方法を実績付きで紹介しているので、このブログの情報を参考に、ぜひあなた自身の資産運用を始めてみて下さい。

 

▼無料登録はコチラ▼

口座開設5分で完了

 

目次

マネースクエアのトラリピについて紹介

トラリピは、株式会社マネースクエアが提供するFXの自動売買システムのことです。

FXは聞いたことがあるかと思いますが、FX(Foreign exchange)の略で、米国ドルなどの海外通貨を買ったり売ったりして利益を得る仕組みです。

これまでは自分で売買の注文を出す必要がありましたが、ソフトウェアの進化が続き、個人でも自動の売買システムを利用できるようになったのです。

このFX自動売買をうまく使うことでお小遣いを稼ぐサラリーマンが増えています。

かくいうワタシもその一人で、2020年時点で、毎月15,000円ぐらいトラリピが稼いでくれています。今後も徐々に入れるお金を増やして稼げる額を増やそうと企んでいます。

FX自動売買ソフトは2020年時点で5〜10社ほどが提供しています。その中でもトラリピは、FX自動売買のパイオニアと呼ばれる存在で、業界を引っ張ってきました。

自動売買に関する特許を始めて出したのもトラリピです。

利用する人がどんどん増えています。

上がれば下がる、下がれば上がる。
為替相場の特性を賢く利用①
通貨が安いときに買う。高くなれば売る。これが、FXで利益(為替差益)を得る基本です。もちろん、思惑通りの場合も、外れる場合もあります。一方、トラリピが対象とするのは、為替相場の特性そのものです。為替相場には“一定の価格帯を行き来しやすい(=レンジ相場)”“24時間動き続ける”という特性があります。トラリピはこの特性を賢く利用します。

引用元:マネースクエア

こちらの図はレンジ相場のイメージです。上がれば下がる、下がれば上がる、で一定の幅を行き来しています。この動きは24時間休むことなく続きます。 ここに2本のラインを引いてみましょう。赤のラインまで値が下がったら買う、青まで上がれば売る。こうした取引を繰り返すことができれば、たとえ取引開始時(○)に比べ、終了時(●)の価格が低くても3回利益を得るチャンスがあります。為替相場は24時間動き続けるので、取引を繰り返せれば、そのチャンスはますます増えていきます。
トラリピは、このレンジ相場に対して「何回も繰り返して自動取引(リピート)」「何本も罠を仕掛けるように取引設定(トラップ)」できるのが、最大の特長です。

FX取引でトラリピを利用すると、ほったらかし投資でも収益チャンスを逃さないというメリットがあります。

最初に複数の新規や決済の注文を一括で行い、成立した後は自動的に注文を繰り返してくれるので待つだけで良いのです。

景気が良くても悪くてものんびりと時間をかけて資産運用を図れるほったらかし投資は注目を集めており、仕事やプライベートで忙しい現代人に適しています。

基本的には一度積立の設定をして長期間に渡る資産運用を行う投資信託は現代人にピッタリの方法だと言われていますが、トラリピによるFX取引でも同じようなメリットが得られるのです。

口座開設・維持費は無料です。

そもそもFXとは?どんなことをするの?

FXはForeign Exchange(外国為替)の略称で、外国為替とは、異なる通貨を交換(売買)することを意味します。海外旅行に出かける際に、現地の通貨に両替するのもそのひとつです。

ただ、日本国内で用いられているFXという言葉は、もっと狭義のものです。1998年の外為法(外国為替及び外国貿易法)改正による規制緩和で登場した「外国為替証拠金取引」のことを一般にFXと呼んでいます。

日本では円という単位の通貨を用いていますが、世界に目を向ければ米ドルやユーロ、英ポンド、豪ドル、南アフリカランドといったように、100種類以上の外貨(外国通貨)が存在します。FXとは、それらの通貨のペア(組み合わせ)を売買する取引です。

なるらくのトラリピ設定と運用実績を公開

ワタシのトラリピ設定と運用実績を公開していきます!

トラリピのメリットやデメリットをいくら紹介しても、そもそも利益が出るのかがわからないままだと手を出せませんよね?

なのでトラリピが本当に稼げるのかを紹介した後に、サービスについて詳しく紹介していきますね!

トラリピには50万円入金していて、通貨ペアは4種類を運用しています。

  1. カナダドル/円
  2. ユーロ/円
  3. USDドル/円
  4. 豪ドル/NZドル

トラリピ設定①:カナダドル/日本円の買い戦略

買:75.000〜82.500円 利益金額500円 トラップ本数30本

 

トラリピ設定②:ユーロ/円の売り戦略

買:115.000〜125.000円 利益金額750円 トラップ本数30本

売:125.000〜135.000円 利益金額750円 トラップ本数30本

2020/09/04 EUR/JPYの買いを停止 :累計利益:14,312円

2020/09/04 USD/JPYの買いを設定

買:100.100〜110.000円 利益金額650円 トラップ本数34本

 

トラリピ設定③:USDドル/円の買い戦略

買:90.0円〜110.0円 利益幅650円 トラップ本数30本

トラリピ設定④:豪ドル/NZドルの買い戦略

の4種類を運用してます。

トラリピ運用実績

1ヶ月目:11,000円

2ヶ月目:20,000円

3ヶ月目:14,000円

3ヶ月で10%を超えているのでまずまずの成果ではないでしょうか。

マネースクエアのトラリピのメリット・強み

マネースクエアのトラリピのメリットは
トラリピのメリット5つ
  • 7割以上のユーザーが利益を出している
  • 特許を取得している
  • 寝ている間も自動で売買
  • 初心者でもわかりやすいトレードツール
  • 1クリックで設定が完了する「トラリピ®︎1クリック」が便利

 

トラリピのメリット①:7割以上のユーザーが利益を出している

トラリピでは、他の自動売買システムとは違って相場予測が不要です。

例えばi2iトレードの自動売買システムなどは、相場のトレンドに合わせたシステムになっています。ドル円の場合で言うと、今は円安トレンドなのか円高トレンドなのかを見極めないと、全くいい結果が出ません。

この相場予想というのはプロでもなかなか難しいのですが、トラリピでは相場の動きを予想する必要がないため、7割以上のユーザーが実質損益がプラスという結果を残しています。

 

 

トラリピのメリット②:寝ている間も自動で売買

平日はチャートもレートも全く見なくて良い

働いている間も寝ている間も利益を積み上げてくれる

このような口コミの意見が出回っており、「果報を寝て待つFX」と言われている大きな理由なのではないでしょうか。

マネースクウェア・ジャパンは、後述するように手数料が他社と比較するとかなり高コストなのですが、その分投資教育にはかなり力を入れています。

口座開設前でも「M2TV」などで無料でマーケット情報やトラリピの使い方を動画で解説していますし、セミナーもすべてではないですが、口座開設前でも参加することが可能です。

口座開設後は、セミナーはすべて参加できるほか、初心者の方でも簡単にトラリピのリスクの計算ができる「らくトラ運用試算表」というツールが利用できますので、ポジションの平均価格やロスカットとなるレートを簡単に確認することができます。

基本的な使い方に関しても動画でしっかりとサポートしてくれるので、まずはマネースクウェア・ジャパンの公式サイトで詳細を確認してみてください。

 

 

トラリピのメリット③:特許を取得している

トラリピ®は、
「トラップ」「リピート」「イフダン」の3つの仕組みを
ひとつにまとめた特許技術です。

引用元:マネースクエア

上がれば下がる、下がれば上がる。
為替相場の特性を賢く利用①

通貨が安いときに買う。高くなれば売る。これが、FXで利益(為替差益)を得る基本です。もちろん、思惑通りの場合も、外れる場合もあります。一方、トラリピが対象とするのは、為替相場の特性そのものです。為替相場には“一定の価格帯を行き来しやすい(=レンジ相場)”“24時間動き続ける”という特性があります。トラリピはこの特性を賢く利用します。

 

 

トラリピのメリット④:初心者でもわかりやすいトレードツール

これもとても大事なメリットです。

トラリピの操作性は、ループイフダンのトレードツールよりも使いやすいです。

FX初心者、自動売買初心者にとっては、わからないことだらけなので、ツールのUIが優れているだけでもメリットとなります。

 

トラリピのメリット⑤:1クリックで設定が完了する「トラリピ®︎1クリック」が便利

マネースクエアのトラリピのデメリットは?

マネースクエアのトラリピのデメリットは?

トラリピのデメリット

  1. トータルコスト(取引手数料、スプレッド)が高い
  2. レンジ相場では稼ぎやすいがトレンド相場では稼ぎにくい

トラリピのデメリット①:トータルコスト(取引手数料、スプレッド)が高い

トラリピではトータルコスト(取引手数料、スプレッド)が高いというデメリットがあります。

最近のFX会社では取引手数料が無料で、スプレッドも米ドル円だと0.3銭といったところが主流ですが、トラリピでは、米ドル円だと手数料が1万通貨未満だと1,000通貨あたり50円、スプレッドは4銭なので、片道で9銭もの手数料がかかってしまいます。

ただ、トラリピというほったらかしで365日24時間自動売買で利益を積み重ねてくれるシステムを利用できるので、システムの利用料と考えれば致し方ないところはありますね。

 s

 

トラリピのデメリット②:レンジ相場では稼ぎやすいがトレンド相場では稼ぎにくい

トラリピはレンジ相場で威力を発揮する代わりに、トレンド相場には向かないという特徴があります。

レンジ相場⇒一定の範囲内で上がったり下がったりを繰り返している
トレンド相場⇒上昇トレンドや下降トレンドなど一定方向に動いている

トレンド相場も長期間で見てみればレンジ相場の一種なので、全く異なるわけではありませんが、トラリピは細かい利益を拾う売買となり、トレンド相場での逆張りはリスクが大きいので注意が必要です。

一方的に下げるだけならば最初から売りで臨んだ方が良いですし、トラリピの機能やメリットを活かせないシチュエーションはあります。

自動売買ツールのおかげで小まめにチャートを見る必要はなくても、FX取引で資産運用を図るに当たって相場の動きを知ったり見分け方を把握したりするのは大事です。

 

トラリピのデメリット③:基本的に損切りの概念がない

FXや株などを短期間で売買する場合、損切り(ロスカット)という概念がとても大事になってきます。

損切り(ロスカット)とは、含み損が生じている投資商品を一定の段階で見切って損失額を確定することを指します。

どの程度まで損失を許すのかロスカットを設定することで負けを最小限に食い止められ、リスク管理に対する意識を持つことがFXで勝つために必須です。

しかし、トラリピの場合は基本的に損切りの概念が存在しません。

  • 底で買って天井で売る手法ではなく細かく利益を拾っていく
  • チャートが一定方向で動くトレンド相場には向いていない
  • 保有株が下がった時に買い増して平均取得価格を下げるナンピン買いよりもリスクは低い

このような特徴がトラリピにはあり、想定する相場とは逆に値動いても小まめに利確して強制ロスカットを避けます。

仮に相場が下落して20%程度の含み損を抱えてしまっても、平均してコツコツと稼いでいればトータルではプラスとなります。

それでも、運用開始直後は利益が出ておらず、資金的にも精神的にも不安になってトラリピをやめてしまう人も後を経たないので、ポジション大きさは慎重にコントロールしてください。

ぶっちゃけトラリピって稼げるの?損しない?

トラリピについて調べている人にとって、ここが知りたいところだと思います。

7割の人が稼げているので、稼げている人の設定をマネすれば稼げる可能性が高いです。

その通貨ペアの特性を理解した設定になっていれば、長期的には利益が出ます。

ロスカットを設定するべきですか?

トレンドスタイル次第です。ワタシは多めに資金を入れているのでロスカットを設定してないです

上記資料の検証期間は2014年9月1日~2015年8月31日の約1年運用した時の成績となります。

これを見ると、豪ドル円でも約17%、トルコリラ円では29%と好成績だったようです。

トラリピは昔から20~30%程度の利益率と言われていたので、そのくらいの成績が出せる仕組みであると言えます。

ただ、気を付けないといけないのは、検証終了時点でどのくらいの含み損を抱えていたかということと、維持率が100%を割りこまないために必要だった最低金額の資金で算出しているとのことなので、実際の利益率はより下がることになります。

トラリピは設定した範囲内にレートがある場合には、必ずポジションを持っているはずなのでその場合含み損があるはずなので、本来は検証終了時点の含み損を考慮する必要があります。

また、資金はいくらで運用していたかによっても数値が変わり、検証期間中10万円稼げたとしても50万円の資金だと利益率20%ですが、100万円の資金だったら利益率10%と当初資金によって利益率は大きく変更しますので注意が必要ですので、この数値だけをうのみにしないでください。

 

マネースクエアのトラリピの口コミ・評判は?

マネースクエアのトラリピの評判を調べてみました。

70%の人が利益を出しているだけあって、好意的な意見が多かったですね。

とはいえ、自動売買の手数料が下がってくれたらもっと稼げる金額が増えるのにという声も散見されました。

この辺はトラリピを含め自動売買サービスが普及してきたら競争で自然に下がると思うので、気長に待つしかなさそうですね。

トラリピの運用結果に満足している声が多かったです。

実際にワタシもトラリピで利益が出ているので満足しています♪

マネースクエアのトラリピの手数料・スワップ

マネースクエアのトラリピの手数料・スワップ
画像引用:価格.com

マネースクエア/トラリピの手数料やスワップは上の画像の通りです。

自動売買系のFX会社はどこもそうなのですが、スワップでは業界最大手のDMM FXやGMOクリック証券などに比べると見劣りします。

スワップ狙いの長期投資をされる方は、GMOクリック証券での積み立てがオススメです!

まとめ|トラリピは会社員の副業にオススメ!

以上、トラリピについて紹介しました。

もう一度トラリピについてまとめると、FXで長期資産運用向けでほったらかし投資ができるトラリピですが、下記のようなメリット・デメリットがあります。

 

【トラリピのメリット】

ほったらかし投資でも収益チャンスを逃さずに済む
他の自動売買システムと異なり相場予測が不必要
口座開設後に見れるコンテンツが充実

【トラリピのデメリット】

トータルコスト(取引手数料、スプレッド)が高い
レンジ相場で威力を発揮するのでトレンド相場には向かない
基本的に損切りの概念がない
また、利益率は資金をロスカットされないぎりぎりで運用すると20~30%の利益率になりそうですが、実際にはそこまでぎりぎりで運用することはないので利益率はより悪くなるでしょう。

あの時やっておけばよかった…なんていう後悔はしたくないですよね?

会社員の方には本当にオススメできるので、あなたもぜひトラリピで資産運用、お小遣い稼ぎを始めてみましょう!

▼無料登録はコチラ▼

口座開設5分で完了

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる