【2021年版】おすすめのソーシャルレンディング人気比較ランキング|20社を比較【初心者向けクラウドファンディング】

この記事では、仕事で複数のクラウドファンディング(≒ソーシャルレンディング)の運営会社とやり取りがあり、プライベートでも利用して投資しているワタシが、オススメのクラウドファンディングのサービスについて紹介します。

ユーザー目線も、サービス提供会社側の目線も知っているので納得度が高いと思います。

資産運用を考えているけど株式取引はリスクが高そうだから手を出せない
預金しててももったいないからどこかで資産運用をしたい

こういった悩みを持つ人のために、投資先としてのクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の魅力を紹介していきます。

ランキングを紹介する前に、簡単に自己紹介をしておきます。

広告代理店で金融系のクライアント全般を担当していて、古いものから新しい金融サービスまで幅広く学んできました。なので、本当に稼げるものからそうでないものまでかなり詳しいです。

当然その中にはソーシャルレンディングのクライアントも複数いるので、業界の裏側も多少知っています。なので結構説得力があるランキングになっていると思います。

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい会社(借り手)とお金を運用して増やしたい人(貸し手)をマッチングするサービスです。

ソーシャルレンディング事業を運営する会社は、インターネットを活用し、ウェブサイト上で資産運用したい個人から小口のお金を集め、その資金を企業に融資します。
サービスにもよるものの、最少投資額は1万円と、元本が少なくとも始めやすい資産運用方法です。

なるらく

ワタシも普段はサラリーマンをしながら、老後資金を貯めるためにクラウドファンディングで楽チン資産運用をしています。

ワタシの資産運用術と運用状況を見てみたい方はこちらからどうぞ♪

目次

クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)とは

クラウドファンディングとは、「これから事業を始めたい」「新しい製品を作りたい」といったことを考えている法人や個人に対して、インターネットのサイト上でお金を投資してくれる人(出資者)を集めて、まとまった金額のお金を提供する仕組みのことです。

出資者は、そのサービスがうまくいけば、見返りとしてサービスや商品を受け取ったり、出資金に対して一定の金額が配当として分配されます。

クラウドファンディング(crowdfunding)という言葉は、crowd(群集・大衆)によりfunding(資金調達)を行うという意味から新たに作られた造語です。長いので『クラファン』と呼ばれることもあります。

トヨタ自動車やソフトバンク、ユニクロといった日本を代表する企業は「株式」で資金調達を行いますが、クラウドファンディングもほぼ同じような仕組みです。

このクラウドファンディングの中でも種類が細かく分かれています。

  1. 寄付型
  2. 購入型
  3. 貸付型
  4. ファンド型
  5. 株式型

 

日本でメジャーなのは”貸付型”で、貸付型クラウドファンディングは一般的に『ソーシャルレンディング』と呼ばれています。ワタシも資産運用でもっぱら利用しているのはこのタイプです。

例えば、借り手に対して15%の貸出金利で融資を行い、ソーシャルレンディング運営会社が5%の手数料を取得すると、個人には10%の利回りが分配されます。

当然、借り手企業は資金を返済する必要があります。返済額とともに、利率(今回の場合15%)を毎月支払います。
なお、元本は満期に一括返済する形もあります。

ソーシャルレンディング運営会社はこのうち、支払われた利率から数パーセントを営業者報酬として取得し、残りが投資家への利回りとなります。

利回りの計算式は、

利回り=貸出金利-営業者報酬

となります。

 

ソーシャルレンディングは融資型クラウドファンディング

個人から資金を集めるという仕組みを持つため、ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの一つとして分類されます。

クラウドファンディングという背景で語られる場合には、融資型クラウドファンディングや貸付型クラウドファンディングと呼ばれることもあります。

また、投資型クラウドファンディングと混同されることがあるものの、投資型クラウドファンディングとソーシャルレンディングは異なります。

 

クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の市場規模(国内 VS 海外)

日本ではまだクラウドファンディングはそれほど盛り上がりを見せていませんが、海外ではかなりの勢いで伸びています。

2014年の調達額は約2兆円。2015年には約4兆円となっています。

対して日本は、

2014年には143億円ほどだった市場規模(調達額)も2015年約310億円、2016年約533億円、2017年約1,316億円と成長が続いており、2018年以降もさらに成長が進むと予測できます。

 

クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のメリット

ソーシャルレンディング(クラファン)のメリット

ソーシャルレンディングのメリット

  1. 利回りが高い
  2. 手間がかからない
  3. 値動きがない
  4. 保全性が高い

ここからはソーシャルレンディング投資を行うにあたり、良い点や悪い点、注意するべき点について解説します。

 

ソシャレンのメリット①:利回りが高い

ゼロ金利とも言われるこの時代にソーシャルレンディングにおける平均利回りは8%と高い水準です。10年以内に元本が2倍になるほどの利回りは魅力的でしょう(複利計算)。

個人投資家へ高利回りを分配するには、融資における貸出金利を高く設定する必要があります。

この高い貸出金利が実現できる理由は、財務的には健全でも銀行から融資を受けられない企業があるからです。
創業年数が浅い企業や小額、借入期間の短い融資である場合、銀行からの融資を受ける難易度は上がってしまいます。

一方、ソーシャルレンディングは柔軟に融資審査を行います。
借り手企業が本当に借入金を返済できるかという確実性は厳しく審査するものの、必ずしも創業年数などに縛られない審査体制を築いているのです。

ソシャレンのメリット②:手間がかからない

ソーシャルレンディングは元本の価格変動がありません。
一度投資すると基本的には運用期間が終わり、満期償還(分配方法による)されるまで何もする必要がありません。

※デフォルトが起こった場合には元本が毀損します。

ソシャレンのメリット③:値動きがない

ソーシャルレンディング(クラウドファンディング)は基本的に値動きがありません。

株式投資などをしたことがない人にとっては、これってメリットになるの?と思われるかもしれませんが、とても大きなメリットになります。

というのも、株式投資みたいに毎日値動きがあるものに投資してしまうと、今日はどうなっているかついついチェックしてしまうのが人間。

ワタシも仕事中に値動きを見たり、大きく下がっているときは価格だけ気になって仕事が手につかない時もありました。

ソシャレンのメリット④:保全性が高い

ソーシャルレンディングにおける過去3年間の貸し倒れ率は1.47%と、比較的保全性が高い金融商品です(2018年1月25日現在、クラウドポート調べ)。

しかし融資という特性上、今後デフォルトが起こることは十分考えられます。デフォルトが起こった際の損失を最小限にするよう、後述する分散投資を心がけましょう。

また、投資できるファンドの中には担保や保証が付いたものもあります。

担保などがある場合は、貸し倒れが起きた際にソーシャルレンディング運営会社が担保の取得及び売却をはかり、債務履行を求めるため、比較的保全性が高くすることができます。

初心者と経験者の間で成績に差がつきづらい

ソーシャルレンディングはFXや株式投資のような価格変動がないため、時間や能力で他投資家と競う必要がありません。
投資するファンドと投資元本の金額が同じ場合、玄人投資家でも初心者でも成績は同じです。

 

クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のデメリット

ソーシャルレンディング(クラファン)のデメリット

ソーシャルレンディングのデメリット

  1. 個別株のように短期間で大儲けはできない
  2. 元本割れのリスクはある

保全性も利回りも高く、運用が楽なソーシャルレンディングですが、もちろんデメリットもあります。

 

ソシャレンのデメリット①:個別株のように短期間で大儲けはできない

FXや株式投資など、元本自体が価格変動をできる投資、また、レバレッジをかけられる投資は、元手資金を数倍にすることも可能です。

しかし、ソーシャルレンディング(クラファン)では高くとも利回り13%ほどです。

元本の価格変動がないため、大きな損失を被りづらい一方で、一攫千金は狙えません。

コツコツと安定的に運用し、着実に利益を重ねていく投資商品であると認識しましょう。

 

ソシャレンのデメリット②:元本割れのリスクはある

企業へ融資するという構造上、何らかの理由で借り手が返済不可能に陥った場合、デフォルトとなります。
投資元本を毀損する可能性があるため、ファンドや事業者を選択する際には注意が必要です。

貸し倒れとは
借り手企業の事業不振などが理由で、貸付金の返済ができない状態になると貸し倒れとなります。
投資家にとっては投資金の一部または全額が返済されないため、損失を被ることとなります。

返済遅延とは
満期までに償還を行うことができず、期日を後ろ倒しにすることです。
元本の返済が不能な状態を意味する貸し倒れとは異なり、返済遅延はあくまでも将来的に元本を償還する前提です。

流動性が低い
基本的には、一度投資を行うと満期を迎えるまで資金を引き出すことはできません。これは借り手の返済遅延が起こった際も同様です。
生活資金を削ってまで投資を行わないようにしましょう。

口座管理がしづらい
現状、1事業者の口座開設を行なっても、他の事業者に投資することはできません。
投資したい事業者が複数ある場合は、該当する全ての口座開設を行う必要があります。

ソーシャルレンディング事業者の一覧
2018年7月初旬時点で日本国内におけるソーシャルレンディング事業者数は25社です。
不動産融資を対象とした事業者が多いものの、事業者数とともにファンドの種類も広がっています。

不動産系事業者
日本におけるソーシャルレンディングは不動産需要とともに発展したと言っても過言ではありません。

不動産特化型事業者は、オーナーズブック、レンデックス、タテルファンディングなどがあります。

事業性資金
事業性資金とは事業を運営するにあたり必要な資金のことです。

海外ローン
海外ローン特化で独自色を見せているのがクラウドクレジット。日本にいながら、海外の事業者に融資が可能です。

他にも、アメリカンファンディングやガイアファンディングといった海外特化型の事業者があります。

再生エネルギー
Pocket Funding(ポケットファンディング)・沖縄、さくらソーシャルレンディング・福岡、ネクストシフトファンド・鳥取などがあります。

各事業者それぞれ異なる特徴を持つため、どのような会社なのか、どのようなファンドに投資できるかなど吟味しましょう。

ソーシャルレンディング(クラファン)で最も怖いのは事業者リスク

ソーシャルレンディングに投資する時、「この案件は大丈夫か」と案件リスクを恐れる人が多いでしょう。しかしある意味で、貸し倒れが起きる可能性があるからこその高い利回りであり、2018年までほとんどの会社で案件の貸し倒れが起きていなかった状況こそ不自然であるとも考えられます。

日本のソーシャルレンディング業界は貸し倒れがほとんど発生していないだけに、各社ともできるだけ貸し倒れを発生させないような『無理のある営業』を行っている可能性もあります。その結果、投資家に対して詐称や無理な融資を行っていた事実がラッキーバンクやみんなのクレジットの行政処分で明らかになりました。

一方で、海外向け融資を専門に行なっているクラウドクレジットではいくつか貸し倒れや返済遅延は発生しているものの、その理由や状況はしっかりと投資家に提示されており、同社の累計募集金額はいまだに順調な推移を見せています。また、投資家にもクラウドクレジット内で返済遅延や貸し倒れが起きることを想定した上で分散投資することをきちんと呼びかけており、事業者として説明責任を果たしていると言えるでしょう。

 

【ソーシャルレンディングランキング】会社を選ぶ際のポイント(クラウドファンディングランキング)

ソーシャルレンディングのランキング根拠を下の基準をもとに評価をつけています。ワタシはFX自動売買サービスを提供している会社すべての口座を開設して実際に使ってみたので、迷っている人の参考になると思います。

選ぶ際のポイントをおさえよう自動売買を選ぶ際のポイントは、以下の5つです。

  1. 会社の信頼性
  2. 配当利回り
  3. 案件の豊富さ
  4. 募集実績
  5. 元本回収率

 

ソシャレン・クラファンランキングの評価基準①:会社の信頼性

ソシャレン・クラファンランキングの評価基準①:会社の信頼性

ソシャレン・クラファンランキングで選ぶポイントで重視する必要があるのが会社の信頼性です。

 

ソシャレン・クラファンランキングの評価基準②:配当利回り

ソシャレン・クラファンランキングの評価基準②:配当利回り

ソシャレン・クラファンで取引する際は、はじめに『どのように取引するのか』の条件を設定します。

そのため設定が簡単で、誰でもスムーズに取引を始められます。

 

ソシャレン・クラファンランキングの評価基準③:案件の豊富さ

ソシャレン・クラファンランキングの評価基準③:案件の豊富さ

ソシャレン・クラファンを提供する会社は、今どこもユーザーを獲得しようとしてキャンペーンを数多く行っています。

 

ソシャレン・クラファンランキングの評価基準④:調達金額の実績

ソシャレン・クラファンランキングの評価基準④:調達金額の実績

ソシャレン・クラファンは手数料のどちらも発生する場合もあるので、なるべくコストを抑えれる会社を選びましょう。

 

ソーシャルレンディングランキングの評価基準⑤:元本回収率

ソーシャルレンディングランキングの評価基準⑤:元本回収率

この記事で紹介しているソシャレン・クラファン会社はすべて金融庁に登録されていますので、そこは安心して下さいね!

 

クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)投資のコツ・注意点

ソーシャルレンディング(クラファン)投資のコツ

ソーシャルレンディング投資は、コツコツと利益を積み上げていく資産運用方法なので、日本人の気質に合っています。とはいえ、注意した方がいいポイントもいくつかあるので、ランキングを見る前に解説しておきます。

コツや注意点を知っておくことで投資のリスクを抑えましょう。

企業への資金貸付という性質上、融資先が財政難に陥るなど想定外の事態が起こるとデフォルトとなります。

投資を行う際は事業者やファンドのリスクを事前に見極めましょう。

  • 元本割れのリスクがある
  • すぐには換金できない(=流動性がない)
  • 分散投資を心がける
  • 配当が支払われたらすぐに次の投資に回す

 

元本割れのリスクがある

クラウドファンディングは比較的安定したリターンが見込める投資先ですが、投資である以上、元本割れのリスクは存在します。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は元本割れリスクは低いですが、投資型クラウドファンディングでは元本割れのリスクが少し高くなります。

なので、「企業家を応援したい!」という熱い気持ちを持っている人は別として、元本割れのリスクを避けたいのであればソーシャルレンディングがメインのサービスを利用しましょう。

 

すぐには換金できない(流動性に欠ける)

案件に出資すると、その出資したお金は、あらかじめ決められた時間(=満期)まで引き出すことができません。

できるだけ投資に回したいという気持ちになるのはわかりますが、どういった不足の事態が起こるかわかりません。

怪我や病気になったり、突然引っ越す必要が生じるなど、突然お金が必要になる場面があります。そういった時に貯金を全部クラウドファンディングに出資しているとお金を引き出せないので、あくまでも余裕資金を投資するように心がけましょう。

毎月自由に使えるお金=手取り収入ー家賃ー交際費ーその他固定費=10万円

ぐらいになるなら、毎月2〜3万円を投資するイメージです。

 

分散投資を心がける

分散投資とは、一つの商品に全財産を投資するのではなく、複数の投資対象に少額ずつ投資することで、リスクを分散させることです。

1つの会社に100万円投資するのではなく、10個の会社に10万円ずつ投資することで、1つの会社が倒産したときに失う金額を抑制することができます。

ソーシャルレンディング投資においても分散投資は欠かせません。複数のファンドに投資金額を分けるだけでは、分散投資として不十分です。

以下の4種類の分散を意識した投資を行いましょう。

事業者
テーマ
ファンド(金額)
融資先

 

配当が支払われたらすぐに次の投資に回す

配当が支払われたら、その配当を新しい案件になるべく早く投資する事を心がけましょう。

これは複利効果を最大限に活かすためです。複利運用とは、運用により得た収益を再投資することで、利益が利益を生んでいき雪だるま式にどんどん利益が大きくなっていくことです。

複利運用を意識し、

  • 投資予定の資金はできる限り間を空けず投資すること
  • 利益を使ってしまわず、投資に充てること

を意識しましょう。

 

ソーシャルレンディング(クラファン)おすすめランキング

ソーシャルレンディング(クラファン)おすすめランキング

ファンドの早期償還は悪いことではない

ソーシャルレンディングには早期償還という予定の運用期間よりも早く貸付金を返済されることがあります。ソーシャルレンディングの投資家の中には、この早期償還を嫌う人もいます。「想定利回りでは6ヶ月間、3万円の分配金が毎月確実に入ってくるはずだったのに、運用が3ヶ月で終わってしまったらまた投資先を探す必要に迫られる」といったことを面倒に感じる人も多いでしょう。

しかし早期償還が行われるということは融資先がしっかりと事業を成功させており、満足な返済能力があるということの証明にもなります。それだけ健全な融資先を複数確保しているということは、そのソーシャルレンディング会社に見る目が確かにあることの証となるでしょう。

また、都内の不動産投資の案件を扱っているオーナーズブックでは、早期償還時には10%を超える高い利回りになることもあり、早期償還がユーザーにメリットのある形で運用されています。

ソシャレン(クラファン)おすすめランキング1位:Crowd Bank(クラウドバンク)

Crowd Bank(クラウドバンク)

クラウドバンクのおすすめ評価度

評価項目おすすめ評価度
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
調達金額の実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

ワタシも利用している一押しのクラウドファンディングサービスです。

案件数の多さ、利回りの高さなどから総合的にオススメできます。

クラウドバンクのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 業界No.1の運用実績
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

クラウドバンクはソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

ワタシもソーシャルレンディングの中では一番投資額をクラウドバンクにつぎ込んでいて利益が出ているので、あなたもぜひ利用してみてください。

クラウドバンクはこんな人にオススメ!

  • ソシャレンでもなるべく高い利回りが欲しい人
  • 実績があるところでやりたい人

 

 

 

 

 

ソシャレン(クラファン)オススメランキング2位:SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングのおすすめ評価度

評価項目おすすめ評価度
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
調達金額の実績
元本回収率
総合評価
なるらく

信頼性募集実績など安心重視の人にはSBIソーシャルレンディング。金融業界でダントツの実績を誇るSBIグループのサービスなので信頼性が桁違いです。

SBIソーシャルレンディングのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

クラウドバンクはソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

ワタシもソーシャルレンディングの中では一番投資額をクラウドバンクにつぎ込んでいて利益が出ているので、あなたもぜひ利用してみてください。

 

ソシャレン(クラファン)オススメ3位:Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル)は怪しい?稼げるの?メリット・デメリット・口コミ評判から口座開設方法まで紹介

リンプルのオススメ評価度

評価項目オススメ評価度 
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
調達金額の実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

Rimple(リンプル)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • ポイントサイトで貯めたポイントを使える
  • 運用会社は東証一部上場の不動産会社で信頼性高い
  • ポイントサイトを使ってない人はメリットを味わえない

これもワタシが利用しているサービスになります。

ワタシはポイ活もしていて、モッピーやハピタスといったサイトをよく利用するのですが、そこで貯めたポイントで投資ができるという非常に美味しいサービスです。

セゾンカードの永久不滅ポイントなどでも投資できるので、ポイントサイトなどで貯めたポイントで、リスクが少なくソーシャルレンディングを始めたいのであれば、Rimpleがオススメです。

運営会社が東証一部上場企業のプロパティエージェントであることも、信頼性・安全性の面からおすすめ度が高いです。

 

 

 

 

ソシャレン(クラファン)オススメランキング4位:SAMURAI FUND(サムライファンド)

SAMURAI FUND(サムライファンド)
評価項目おすすめ評価度
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
調達金額の実績
元本回収率
総合評価
なるらく

サムライファンドは利回りが高いのでオススメです。

投資型クラウドファンディングサービスがSAMURAI FUND。

SAMURAI FUND(サムライファンド)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

SAMURAI FUND(サムライファンド)は、ソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

 

 

ソシャレン(クラファン)オススメランキング5位:LENDEX(レンデックス)

LENDEX(レンデックス)
評価項目評価 
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
調達金額の実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

クラウドファンディングサービスの中ではやや後発の印象が強いのがLENDEX(レンデックス)。

LINDEX(レンデックス)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

クラウドバンクはソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

ワタシもソーシャルレンディングの中では一番投資額をクラウドバンクにつぎ込んでいて利益が出ているので、あなたもぜひ利用してみてください。

 

 

ソシャレン(クラファン)オススメランキング:SYLA FUNDING(シーラファンディング)

SYLA FUNDING(シーラファンディング)
評価項目評価 
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
募集実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

SYLA FUNDING(シーラファンディング)はソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

ワタシもソーシャルレンディングの中では一番投資額をクラウドバンクにつぎ込んでいて利益が出ているので、あなたもぜひ利用してみてください。

ソシャレン(クラファン)オススメランキング:CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)
評価項目評価 
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
募集実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

こちらも不動産投資型のクラウドファンディングサービスです。

ファンタスファンディングと同様、案件数が少ないのがネック。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

SYLA FUNDING(シーラファンディング)はソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

 

ソシャレン(クラファン)オススメランキング:FANTAS funding(ファンタスファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)

FANTAS funding(ファンタスファンディング)は、不動産投資型のクラウドファンディングサービスです。

 

 

OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook(オーナーズブック)
評価項目評価 
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
募集実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

この経験から私が得た気付きは、時間をかけず安定的に収益をあげられる投資商品を見つけることが、サラリーマンをしながら投資する人(兼業投資家)にとって大切だということです。

一般のサラリーマンは、仕事や家庭を抱えながら頻繁に売買をくり返すような投資を継続するには相当の負荷がかかるでしょう。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

SYLA FUNDING(シーラファンディング)はソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

CROWD CREDIT(クラウドクレジット)

CROWD CREDIT(クラウドクレジット)
ソーシャルレンディング会社名クラウドクレジット株式会社
本社所在地東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
設立年2013年
資本金等20億8,454万6千円(2018年11月30日時点)
上場有無非上場
サービス開始年月2014年6月
参考利回り5.9%~12.2%
投資金額1万円から
投資実行額・応募総額200億6,633万円(2019年6月時点)
運用期間の目安最短7ヶ月~最長66ヶ月

また、ソーシャルレンディングには担保付き案件も少なくありませんが、担保案件でリスクを軽減する取り組みとしては、①担保評価に第3者を介在させる、②評価額の7割~8割を募集上限に抑えるといった事前策があります。

たとえば、レンデックスでは、担保査定の際に自社査定に加えて東急リバブルの査定も利用し、いずれか低い方の80%を上限にファンドを組成することで金額の信頼性を高める取り組みをしています。また、担保設定案件では、査定結果の80%までを上限にファンドが組成されているので、担保不動産の価値の下落幅が20%までであれば元本割れが起こらない仕組みとなっています。

ソーシャルレンディングでは、案件リスクを過剰に恐れるよりも貸し倒れは一定確率で起こるものと想定して分散投資を行い、貸し倒れが起こっても回収できる会社を選んでおくというリスクヘッジをしておくことや、最終的にある程度の利益が出ればいいというスタンスで行った方が致命的な損害は避けられます。

分散投資の理想としては複数の会社で30案件以上に投資資金を分散することですが、ファンド選びの時間が取れない方や投資資金があまり多くないという場合、現実的なラインとして10案件を目安に分散を心がけていくと良いでしょう。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

SYLA FUNDING(シーラファンディング)はソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

 

ソシャレン(クラファン)オススメランキング:CRE Funding(シーアールイーファンディング)

CRE Funding(シーアールイーファンディング)
評価項目評価 
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
募集実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

物流拠点にのみ投資するという変わったクラウドファンディング案件です。

Amazon、楽天、メルカリの普及により、通販市場はますます伸びていますが、それに伴って物流拠点の需要が上がっています。需要が上がるということは、価値も上がるということ。

非常に魅力的な利回りが期待できるのがこのCRE Fundingです。

 

ソーシャレン(クラファン)おすすめランキング:Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)
評価項目評価 
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
募集実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

Fundsは、1つの口座で複数の企業のファンドに投資することができるサービスで、ファンド組成企業には財務状況や事業の計画性、適格性などの観点から厳密な審査を行っており、ファンド募集時にも個別ファンドごとの審査を徹底しているという特徴があります。

また、Fundsでは「関係会社貸付スキーム」を採用していることも大きな特徴で、ファンド組成企業と最終の借り手である外部企業との間に関係会社を挟むことで、仮に外部企業からの返済がなされなくても、その損失分は投資家ではなくグループ会社が負担することとなりますので、投資家が負う返済リスクをファンド組成企業とグループ会社間の返済に限定しています。

予定利回りは1.5%~6%と決して高くはありませんが、融資先が完全に不透明だったこれまでのソーシャルレンディングと比べると透明性や信頼性の高いサービスと言えるでしょう。

このように、法整備の面や安定性の面においても、ソーシャルレンディング業界はまだ発展途上の投資手法だと言えます。それだけに、自分でいかにリスク管理を行うかが収益を生み出すためには重要になってくるのです。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

SYLA FUNDING(シーラファンディング)はソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

 

その他のソーシャルレンディングサービスも紹介

先ほどまでは、ワタシが利用しているオススメのソーシャルレンディングサービスを紹介しましたが、それ以外でも続々と新サービスが誕生しているので紹介していきます。

ワタシも追加で利用を検討しているものばかりですので、気になったものがあればぜひ利用してみてください。

 

ソシャレン(クラファン)オススメランキング:ASSECLI(アセクリ)

新進気鋭のクラウドファンディングサービスがASSECLIです。

今のところ他のサービスに比べてメリットはほとんどないので、あえてASSECLIを使う必要はないです。

初めて始めなら、ほかのクラウドファンディングサービスをお勧めします。

ソシャレン(クラファン)オススメランキング:ぽちぽちFUNDING

画像引用:https://pochipochi.jp

ぽちぽちファンディングのネーミングは、「スマホでぽちぽち」 + 「クラウドファンディング」を表しています。

いつでも解約可能という珍しいクラウドファンディングサービスです。

  • 1万円から始められる
  • 管理の手間が不要で放ったらかしでOK
  • いつでも解約可能
  • 資産形成・資産運用について学べる

 

COOL(クール)

株式会社ZUUグループの子会社が手がけるサービスです。

まだリリース間も無く、

サービスが安定していないため、2020年時点においてはまだ投資をしないほうがいいでしょう。

 

オススメできないランキング【株式型クラウドファンディングは手出し厳禁】

クラウドファンディングは株式型は元本が戻ってこない可能性が、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)などに比べて高いので、運用益重視の人は利用すべきではありません。

ソーシャレン(クラファン)おすすめランキング:Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)
評価項目評価 
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
募集実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

Fundsは、1つの口座で複数の企業のファンドに投資することができるサービスで、ファンド組成企業には財務状況や事業の計画性、適格性などの観点から厳密な審査を行っており、ファンド募集時にも個別ファンドごとの審査を徹底しているという特徴があります。

また、Fundsでは「関係会社貸付スキーム」を採用していることも大きな特徴で、ファンド組成企業と最終の借り手である外部企業との間に関係会社を挟むことで、仮に外部企業からの返済がなされなくても、その損失分は投資家ではなくグループ会社が負担することとなりますので、投資家が負う返済リスクをファンド組成企業とグループ会社間の返済に限定しています。

予定利回りは1.5%~6%と決して高くはありませんが、融資先が完全に不透明だったこれまでのソーシャルレンディングと比べると透明性や信頼性の高いサービスと言えるでしょう。

このように、法整備の面や安定性の面においても、ソーシャルレンディング業界はまだ発展途上の投資手法だと言えます。それだけに、自分でいかにリスク管理を行うかが収益を生み出すためには重要になってくるのです。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

SYLA FUNDING(シーラファンディング)はソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)
評価項目評価 
会社の信頼性
配当利回り
案件の豊富さ
募集実績
元本回収率
総合評価
なるらく

配当利回り案件数の多さ、募集実績、どれをとってもクラウドバンクがNo.1ですね。

エンジェル投資をやってみたい方にはオススメのクラウドファンディングサービスです。

上場前のアーリーステージ(まだ経営が安定していないタイミング)の会社に投資できる数少ないサービスです。

ワタシの場合は、株式投資をするならNISAやロボアドでいいやと思ったことと、口座開設申し込み時にサポートから送られてきたメールの文面からあまりいい印象を受けなかったので利用していません。

FUNDINNO(ファンディーノ)のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 運営会社の信頼度が圧倒的No.1
  • 高い利回り
  • 運用期間はやや長め

クラウドバンクはソーシャルレンディング業界の中でも一押しのサービスなので、ほかのサービスに比べてデメリットが少ないです。

ワタシもソーシャルレンディングの中では一番投資額をクラウドバンクにつぎ込んでいて利益が出ているので、あなたもぜひ利用してみてください。

 

 

CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)

イークラウド

Unicorn(ユニコーン)

株式投資型のクラウドファンディングサービスがUnicorn(ユニコーン)です。

時価総額が1,000億円以上のベンチャー企業のことを『ユニコーン企業』と呼びますが、そういう企業を生み出したいという思いから創業されたのがユニコーンです。

現在はまだ案件数は多くはありませんが、将来性に期待しましょう。

 

そのほかのクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービス

今もサービスが続いているメジャーなソーシャルレンディングサービスを紹介しましたが、上で紹介した以外にもソーシャルレンディングサービスはあります。

まとめておきますので、参考にしてみてください。

  • みんなで大家さん
  • i-bond
  • Ready for
  • TATERU FUNDING(中止)
  • maneo(中止)
  • LCレンディング
  • ガイアファンディング(中止)
  • トラストレンディング(中止)
  • ジェイ・レンディング
  • クラウドリース
  • スマートレンド
  • みんなのクレジット

 

ソーシャルレンディングに投資する際の注意点

ソーシャルレンディングへの投資では、ソーシャルレンディング事業者と案件をしっかり吟味することで、安定的に収益をあげられると私は感じています。

ソーシャルレンディングに投資する際、特に私が注意している点をご紹介します。

ソーシャルレンディング事業者のリスク
maneo、オーナーズブック、Crowdcreditなどソーシャルレンディング事業者が乱立するなかで、事業者選びは非常に重要です。

ソーシャルレンディング事業者が倒産したり、不正で業務停止になっていては、投資家の資金のリスクが高まります。
ソーシャルレンディング事業者選定の際、私は以下の点を注意して調べるようにしています。

株主構成
代表取締役の経歴
ファンド案件の説明の丁寧さ
1点目の株主構成は外部企業の出資などが入っていれば、第3者によるチェックが行われているため、信頼度の指標としています。

2点目の代表取締役の経歴は、「過去に事業を失敗させてないか」「反社会的勢力でないか」などのチェックを行います。
過去に事業を失敗させている代表は、私の経験上、同じことを繰り返す可能性が高いと感じてます。

3点目の投資案件の説明の丁寧さは、貸出先企業の審査をしっかり行えているかを表すと考えています。

特に2点目と3点目に納得感がないソーシャルレンディング事業者には、お金を預けたいと思いません。

融資先の貸倒れリスク
ソーシャルレンディング事業者が決まったら、次に融資先企業の選別が大切です。

貸倒れが発生すると、当初予定していた返済ができなくなってしまい、最悪の場合は投資家資金が毀損することになります。

日本リスク・データ・バンク社の独自調査によると、2016年12月の全業種の平均貸倒れ率は1.07%という結果が出ています。
つまり、100件貸出をすると1件はデフォルトが生じる計算になり、ソーシャルレンディングでも1.07%以上で貸倒れの可能性があると考えると、慎重に投資すべきであると考えてます。

貸倒れリスクへの対策
どれだけ頑張って調べても、必ず貸倒れ案件にあうリスクはあります。
そのため、私は貸倒れにあっても資金を回収する視点に立って、その案件の担保や保証について必ず調べます。

また、担保や保証があることを確認するに留まらず、担保や保証がカバーする金額とファンド総額を比較して、安全性を計測します。

例えば1,000万円のファンドで担保不動産の評価額が500万円しかない場合、万一の時に戻ってくる投資資金は半分程度になります。これでは資金を守ることはできません。
「担保や保証がカバーする金額がファンド総額を超えているか?」が重要なのです。

将来的には海外への投資がもっと盛んになる

海外の案件を専門に取り扱っている日本のソーシャルレンディング会社にはクラウドクレジットやネクストシフトファンドなどがあります。現在は、日本国内の案件専門の会社も多いですが、今後は海外への融資案件の比率や数も増えていくことが予想されます。

日本の金利は現在大変低く、一般的な企業は事業資金の融資を低金利で受けられます。普通に考えればソーシャルレンディング会社からの融資は投資家収益+ソーシャルレンディング会社の利益ですから、融資を受ける際の金利は10%以上でもおかしくありません。

ソーシャルレンディングで投資家に満足な分配金を提供するためには、非常に高い金利で借り入れる会社の開拓が必要となります。しかし現状の低金利ではなかなかそういった気前のいい会社を見つけるのは困難でしょう。

それよりも、経済が発展途上にあり、高金利でも融資を受ける会社の多い海外での融資先開拓の方が、今後主流になっていくと思われます。ソーシャルレンディング投資家としても海外案件に積極的に乗り出し、海外各国それぞれのリスク研究などを行っていくべきでしょう。

投資をしないと資産は相対的に目減りする一方である

日本はここ20年ほどほとんど物価が変わらず、対して中国を中心にアジア各国では国民の資産が増えており、実際に日本のGDPはすでに中国に抜かれています。中国以外のアジア各国ではめざましい経済成長を見せており、それゆえに日本に対する海外からの観光客が増加しているのです。

つまり相対的に見て日本の経済成長がほとんど見られず、海外に対する日本人の資産価値が相対的に下がっていると考えられます。そういった環境下では、現金をそのまま持っているだけでは資産は目減りする一方だと考えられます。投資をしてお金を増やさないと、少子高齢社会で大きな経済成長が期待できない(むしろ経済が縮小する可能性がある)日本はどんどん貧しくなってしまう可能性が高いのです。

また、2019年6月3日に金融庁からは人生100年時代において「老後に2,000万円の資産が必要になる」という記載がある報告書が提出され、老後に向けた「長期・積立・分散投資」による資産形成・管理が強調されています。

老後の人生を自分で守るためにも、ソーシャルレンディングなどを含めた様々な投資を分散して行っていくことで、自分で資産を増やしていかなければいけないでしょう。

まとめ

以上、クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のオススメランキングを紹介しました。

オススメしているものは、サラリーマンであるワタシの実体験に基づいているので、老後資金のために資産運用を始めたい!とか、お小遣い3万円はキツいからもう3万円ぐらい欲しい!という人などに特にオススメの手法となります。

ぜひあなたも試してみてください!

ほかのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング案件について知りたい方はこちらもどうぞ

 

クラウドファンディングサービス一覧

 

なるらく

楽に資産運用したい人には、ワタシが実践しているオススメの方法を下の記事で紹介しているので、ご覧になってみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる