COZUCHI(コズチ)のメリット・デメリットを紹介!口コミ・評判・実績まで

  • URLをコピーしました!

この記事では、不動産投資型クラウドファンディングサービスである「COZUCHI(コズチ)」について、その特徴やメリット・デメリット、評判などを紹介していきます。

  • COZUCHIって大丈夫?怪しくないの?
  • COZUCHIの投資利回りはどれぐらいなの?

CREALやRenosyなど、不動産投資型クラウドファンディングサービスの数は増えています。

COZUCHI(コズチ)を検討している方に向けて特徴やメリットなどを見ていきたいと思います。

なるらく

ワタシも普段はサラリーマンをしながら、老後資金を貯めるためにクラウドファンディングで楽チン資産運用をしています。

ワタシの資産運用術と運用状況を見てみたい方はこちらからどうぞ♪

目次

COZUCHI(コズチ)の特徴とは

COZUCHI(コズチ)は、「想いと豊かさを循環させる不動産投資」をコンセプトに運営される、不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

2008年から不動産特定共同事業法を活用した事業を行っており、不動産投資型クラウドファンディングサービスの中では老舗企業です。

スマホで手軽に投資できるようにUIが設計されているため、不動産投資の初心者でも気軽に始められるようになっています。

1万円から投資が始められるし、実績利回りも10%を超えているなど運用成績も抜群。

投資している物件は、需要の高い東京に絞られているため運用利回りが高くなっています。

優先劣後出資の仕組みもあり、シミュレーション機能がついているなど、不動産投資の初心者のためのサービス設計がなされています。

COZUCHIのHPから引用

2022年11月時点の実績で、56案件の運用をしています。

サービス名COZUCHI(コズチ)
URLhttps://cozuchi.com/
運営会社名LAETOLI株式会社
本社所在地東京都港区南青山二丁目26番1号D-LIFEPLACE南青山2F
会社の設立日1999年5月20日
資本金1億円
参考利回り2.0~50.9%(2022年11月時点)
投資金額1万円から
運用金額6ヶ月~12ヶ月程度(案件により異なる)
累計応募金額約68億円

※2022年11月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

投資家の方が気になるのは、実際にCOZUCHI(コズチ)に投資することで得られるメリットではないかと思いますので、以下ではCOZUCHI(コズチ)の特徴から投資先としてどのような特徴があるかを確認してきましょう。

COZUCHI(コズチ)のメリット・強み

COZUCHI(コズチ)のメリット・強み

COZUCHI(コズチ)のメリット

  1. 1万円から不動産投資が可能
  2. 賃貸管理・建物管理はお任せで手間不要
  3. 実績利回りが10%超えと不動産クラウドファンディングの中でも最強クラス
  4. 配当遅延、元本割れゼロ
  5. スマホだけで最短15分で投資可能

COZUCHI(コズチ)のメリット①:1万円からの投資が可能

COZUCHI(コズチ)は、1万円から不動産投資が可能になっています。

一般の不動産投資は自己資金を数百万円用意し、ローンを数千万円組んでやっと投資できますが、不動産クラウドファンディングでは1万円から。

不動産クラウドファンディングによっては「10万円から投資できる」というサービスもありますが、COZUCHIは投資のしやすさを売りにしているので、1万円から投資可能です。

COZUCHI(コズチ)のメリット②:所有した後の不動産の賃貸管理や運用の手間がかからない

COZUCHI(コズチ)では、所有した後の不動産関連の面倒な手続きや管理も全てプロにお任せできます。

なので、あなたがすることと言えば、どの物件に投資するか選ぶだけ。

これなら誰でも気軽に不動産投資を始められそうですね♪

COZUCHI(コズチ)のメリット③:実績利回りが10%超えで不動産クラウドファンディングの中でも最強クラス

COZUCHI(コズチ)のメリット③:実績利回りが10%超えで不動産クラウドファンディングの中でも最強クラス

COZUCHI(コズチ)の運用利回りは、10%を超えています。

不動産投資型クラウドファンディングの利回りは4%前後が多いので、これはかなりの高水準です。

案件の募集段階では想定利回りを見ていると5%程度で募集されていることが多いですが、これはかなり保守的でここより下になることはないだろうという数字が掲載されています。

実際に運用した結果、さらに利益が出ることも多く、20%、30%を超えることもしばしば。

COZUCHI(コズチ)のメリット④:配当遅延、元本割れゼロ

もう一つ、COZUCHI(コズチ)の大きなメリットとして、配当遅延や元本割れゼロという点が挙げられます。

不動産投資ってあまり経験ないし不安…」という人がほとんどだと思いますが、元本割れゼロのCOZUCHIなら安心して投資できますね♪

COZUCHI(コズチ)のメリット⑤:スマホだけで最短15分で投資可能

他のクラウドファンディングサービスは、Webサイトがパソコンでの申し込みを想定して作られていますが、COZUCHIはスマホ特化。

操作もしやすく申し込みもアッという間にできるので、思いついてから15分後には不動産への投資が完了しています。

一般的な不動産投資は、投資するまでに1ヶ月以上かかることも珍しくないため、時間がかからないのは嬉しいですね♪

COZUCHI(コズチ)のデメリット

COZUCHI(コズチ)のデメリット

COZUCHI(コズチ)のデメリット

  1. 人気が出てきていて申し込みができないことがある
  2. 元本保証があるわけではない
  3. 運営会社は上場していない

COZUCHI(コズチ)のデメリット①:人気が出てきていて申し込みができないことがある

COZUCHI(コズチ)は利回りが高いことが徐々に広まっていて、案件ごとに申し込みがどんどん増えています。

案件数はそれほど多いわけではないので、需要に対して供給が追いついていない状態です。

なので、「投資したくても投資できない」ということが起きているので、抽選に当たったらラッキーぐらいの気持ちでいましょう。

COZUCHI(コズチ)のデメリット②:元本保証があるわけではない

クラウドファンディングサービス全般に言えるのですが、これまでの実績で元本割れがゼロだからといって、今後も元本が保証されているわけではありません。

不動産の性質上、価値が落ちにくい上、優先劣後出資により投資家の資金が一定割合は保護されるため、損失は出にくい仕組みになっていますが、それでもリスクがゼロになっているわけではないので、その点は留意した上で投資を行いましょう。

COZUCHI(コズチ)のデメリット③:運営会社は上場していない

COZUCHIでは、不動産の仕入れ・運営をTRIAD株式会社が行うというスキームになっていますが、TRIADは未上場企業のため財務情報が開示されていません。

そのため、実際の財務状況・経営状況を把握することは困難です。

運営会社の信頼性を何よりも重視したい人は、上場会社が運営する「ジョイントα」のような不動産クラウドファンディングを利用しましょう。

COZUCHI(コズチ)の口コミ・評判

COZUCHI(コズチ)の口コミ・評判

COZUCHI(コズチ)の口コミ・評判について紹介していきます。

https://twitter.com/jblogpham/status/1588009453969817600?s=20&t=VoTH9RHJqs3PpoWX_5pCWw
https://twitter.com/slwatch_net/status/1581835026357833728?s=20&t=VoTH9RHJqs3PpoWX_5pCWw
https://twitter.com/mana86814563/status/1582989652260110337?s=20&t=VoTH9RHJqs3PpoWX_5pCWw

COZUCHI(コズチ)の始め方|登録・口座開設方法

COZUCHI(コズチ)の始め方|登録・口座開設方法

COZUCHI(コズチ)の始め方|登録・口座開設方法について紹介します。

まとめ

COZUCHI(コズチ)について紹介しました。

年間の利回りはかなりの高水準ですので、不動産投資の手始めや分散投資先として検討する価値は十分にあるでしょう。

無料で口座を開設できるので、まずはCOZUCHI(コズチ)に登録してみて定期的に情報収集をされてみてはいかがでしょうか。

ほかのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング案件について知りたい方はこちらもどうぞ

 

クラウドファンディングサービス一覧

 

なるらく

楽に資産運用したい人には、ワタシが実践しているオススメの方法を下の記事で紹介しているので、ご覧になってみてください!

ほかのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング案件について知りたい方はこちらもどうぞ

 

クラウドファンディングサービス一覧

 

なるらく

楽に資産運用したい人には、ワタシが実践しているオススメの方法を下の記事で紹介しているので、ご覧になってみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次