SAMURAI FUND(サムライファンド)のメリット・デメリットを紹介!口コミ・評判・実績まで

この記事では、新進気鋭のクラウドファンディングサービスSAMURAI FUND(サムライファンド)について、メリット・デメリットから、評判や運用実績まで紹介します。

 

なるらく

ワタシも普段はサラリーマンをしながら、老後資金を貯めるためにクラウドファンディングで楽チン資産運用をしています。

ワタシの資産運用術と運用状況を見てみたい方はこちらからどうぞ♪

目次

SAMURAI FUND(サムライファンド)の特徴とは

SAMURAI証券(サムライファンド)の特徴とは

SAMURAI FUND(サムライファンド)の運営会社は、SAMURAI證券という会社で、第一種金融商品取引業の登録を取得しています。

ソーシャルレンディングサービスを提供する会社は10社以上ありますが、第一種金融商品取引業の登録を取得している会社は少なく、第二種金融商品取引業で登録しているほかの会社よりも、厳しい管理・監視体制で運用が行われています。

そういった運営の安定性があるため、これまで過去2年間でデフォルト案件がない(回収率100%)という特徴もあります。

また、SAMURAI證券は上場会社である「SAMURAI&J PARTNERS 株式会社」の100%子会社であり、経営基盤が安定しているのも特徴です。

ソーシャルレンディング会社の中には、TATERUのような会社もあるため、運用しているのが信頼できる会社でない場合、投資家である私達が損をしてしまうので、信頼できる会社が運営しているというのは大きな評価ポイントです。

SAMURAI FUNDの案件の特徴は、不動産や太陽光を中心に、民泊ファンドなど変わったファンドも取り扱っている点です。利回り5%以上、高いものでは10%を超えるファンドも存在します。

また、第1種金融商品取引業なだけあって、提供している金融商品も多様です。

一部担保ありファンドで、少額(1万円〜)・短期間(2ヶ月〜)から投資ができます。

銀行に預けておくよりも断然高い利回り収入が入ってきます。

また、サービス開始から1年半(現在のサービス前からだと4年)が経過、これまでに貸し倒れは発生していません。資産運用で気になるのはやはり安全性

損するリスクが高いと、毎日どうなるか心配で「毎日楽して資産運用」というわけにはいかなくなります。

SAMURAI FUNDの総合評価をまとめると下の感じです。

項目 評価 理由
総合評価 ★★★★ 
信頼性 ★★★★ 堅実な運営
利回り ★★★★ 5~10%以上
担保・保証 ★★★★ 担保あり
デフォルト件数 ★★★★★ デフォルトなし(回収率100%)
最低投資額 ★★★★★ 1万円から
投資期間 ★★★★★ 短期案件(2ヶ月〜)もある
投資のしやすさ ★★★

 

クラウドファンディングとソーシャルレンディング会社の違い

ソーシャルレンディング:融資型
クラウドファンディング:クラウドファンディング

SAMURAI FUND(サムライファンド)は本当に稼げるか怪しい?運用実績公開!

SAMURAI証券は安全って言ってる人もいるけど、本当は嘘なんじゃないの?」と思っている人も多いのではないでしょうか?本当にサムライファンドで稼げるか不安ですよね。

ここで実際に利用しているワタシの運用実績を公開していくので、SAMURAI証券に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください♪

SAMURAI証券(サムライファンド)のメリット

SAMURAI証券(サムライファンド)のメリット

SAMURAI FUNDのメリットまとめ

  1. これまで元本割れ0
  2. 投資案件が多く、分散投資可能
  3. 短期から長期まで多くの案件がある
  4. 担保・保証がついている
  5. 多くの情報を開示している

メリット①:これまで元本割れ0

SAMURAI FUND(サムライファンド)は第一種金融商品取引業者(証券会社)としての登録を行い、クラウドファンディングサービスの提供を行っています。

一般的なクラウドファンディング会社が登録している第二種金融商品取引業に比べて、第一種金融商品取引業者は資本の充実が求められています。

より厳格な管理体制のもと、堅実に運営を行なっている印象。その証拠にこれまでデフォルトはなし。回収率は100%となっています。

今後も元本割れの心配がないとは言えませんが、回収率100%という実績を残している事実は頼もしいですね♪

※第一種金融商品取引業者:
ソーシャルレンディング会社で取得しているのはサムライ(SAMURAI) の他、クラウドバンクなど

メリット②:投資案件が多く、分散投資可能

投資案件が豊富というのもSAMURAI FUND(サムライファンド)のメリットです。

資産運用を行うときには、投資したいタイミングで投資案件があるというのはとてもありがたいですね。

ワタシもクラウドファンディングで資産運用をしているのですが、中規模のクラウドファンディングサービスでは投資案件が月に1回ぐらいしか募集がなかったりします。しかもその案件も申込倍率が高くて申し込めなかったり…

ひとつの案件に多くの資金を投資してしまうのは、分散投資という投資の原則から外れてしまい、リスクの面からあまり良い状況ではありません。

なので、基本的にいくつかの案件に分けて投資するのがいいのですが、

SAMURAI FUND(サムライファンド)は募集案件が多くあるので、リスク分散が可能です。

メリット③:短期から長期まで多くの案件がある

SAMURAI FUND(サムライファンド)の案件は、2ヶ月から24ヶ月までの幅広い案件から選択することができます。

期間が長いほうがリターンの額が大きい案件も多いのですが、資産運用初心者が始めるときに長期間ロックされるのはあまり良いと。

期間が長くなれば利回りが大きくなる反面、リスクも増えてしまいます。その点、期間が短い案件がチョイスできるので、手軽に投資することができます。

高い利回りを目指している方にも、長期的な案件も豊富に揃っているので自分の状況に合わせた選択ができますよ。

メリット④:担保・保証がついている

投資家にはうれしい「担保・保証」がついているファンドが多く存在しています。

▼SAF不動産担保メザニンローンファンド6号:担保・保証情報

担保・保証がついていれば、もしものとき(元本が回収できないとき)投資先が事業に失敗して返済することができないときでも、一部・もしくは全額投資家に返却される可能性があります。
元本が回収できないとき、担保・保証がついていない場合は全損失ですね。

担保もしくは保証がついているファンドがあるので、こういった点も安心できると思います。
ぶっちゃけほかの業者は高い利回りをうたってますが、担保や保証もないファンドが多かったりしますね。
そこはリスクもあるということです。

メリット⑤:多くの情報を開示している

ソーシャルレンディング 匿名化開示情報現在の匿名化解除情報をまとめた表になります。
他のソーシャルレンディング会社と比較しても、サムライ(SAMURAI) は多くの情報を開示しています。(しかも登録しなくても確認OK)
投資前に投資家は重要な情報を精査してから投資することが可能です。

✔ 定番のソーシャルレンディング比較

クラウドバンク:+6%前後、おすすめNo.1
Funds(ファンズ):+3〜6%前後、期待値が高い
クラウドクレジット:+5%〜+10%、海外投資特化
サムライは元本割れなし!安心して投資できる

SAMURAI FUND(サムライファンド)のデメリット

SAMURAI証券(サムライファンド)のデメリット

SAMURAI FUNDのデメリットまとめ

  1. 貸し倒れリスク(元本割れリスク)がある
  2. ソーシャルレンディング事業者の破綻リスクある
  3. 資金ロックされてしまう
  4. 本人確認書類のアップロードがしにくい

デメリット①:元本保証がない(元本割れリスク)

貸し倒れが発生した際は、ソーシャルレンディング事業者が返済を肩代わりすることはありません。このリスクはすべて投資家が負担するものになります。

とはいえ、保証付きのファンドでリスクヘッジ。SAMURAI FUNDは、保証付きファンドも商品ラインアップとしてご提供しています。

保証付きファンドはどういうものか?

資金調達者の借入れに関して日本保証がファンドに債務保証を行うことで保全を図っていて、資金調達者からファンドに対する分配や返済が滞った場合でも日本保証が代位弁済を行うことで、投資家にも分配金、返済金が支払われます。

日本保証が債務履行ができない場合は、元本欠損の可能性があります。

サムライ(SAMURAI) は前述したとおり今まで貸し倒れはゼロですが、投資するときに案件を自分で確認することはもちろんですが、この辺のリスクは低いと言ってもいいでしょう。

デメリット②:ソーシャルレンディング事業者の破綻リスク

これもSAMURAI FUND(サムライファンド)に限った話ではないですが、ソーシャルレンディング事業者が破綻するリスクがあります。
このときに投資していた場合は、資金が戻ってくるという確証はありません。

破綻リスクはつきまといますが、SAMURAI FUND(サムライファンド)は業界では珍しい「第1種金融商品取引業者免許」を取得しています。

有名ネット証券が持つ免許と同じものであり、破綻リスクを考慮する上でのポジティブ材料ですね。

デメリット③:資金がロックされてしまう

運用期間中は投資したお金を引き出すことはできません。

これはどのクラウドファンディングサービスでも共通のデメリットなのですが、急にお金が必要になったときに大変なので、決して生活がギリギリになるぐらいまで切り詰めて投資するのは危険です。

あくまでも余剰資金で投資することを考えましょう。

こういったリスクを回避するために分散投資の考え方が重要です。

投資するときに絶対に必要な分散投資の考え方
ひとつのファンドに集中させない(ファンドの分散)
クラウドバンク以外にも投資先をつくっておく(事業者の分散)
余剰資金で投資する(資金の分散)

前述したとおり今まで貸し倒れはゼロです。とても安心感があるのは間違いありません。
さらにSAMURAI証券は「第1種金融商品取引業者免許」を取得しているので、破綻のリスクを考える上でポジティブな材料です。
投資するときに案件を自分で確認することはもちろんですが、この辺のリスクは低いと言ってもいいでしょう。

サムライ(SAMURAI) は多くの情報を開示していて、業界内でもトップクラスの情報量です。

デメリット④:本人確認書類のアップロードがしにくい

これはワタシだけかもしれませんが、本人確認書類のアップロードが最初なかなかできませんでした。

10MB以内の画像をアップロードしているのに、「10M以内にしてください」というコメントが出てアップロードできなかったり、画像を圧縮してからアップロードしたら3連続で通信エラーですと表示されてアップロードできなかったり。

SAMURAI FUND(サムライファンド)の口コミ評判とは

SAMURAI FUND(サムライファンド)の口コミや評判を調べてみました。

好意的な意見が多いですね。

SAMURAI FUND(サムライファンド)の手数料・口座開設料

SAMURAI FUND(サムライファンド):Q&A【よくある質問に解答】

よくある質問に答えます。
いくらから購入できるの?
手数料はどのくらいかかるの?
税金はどうするの?
いくらから購入できるの?

最低投資額は1万円からです。
ファンドによっては別途設定しているものがあるので、購入する際に確認しましょう。
手数料はどのくらいかかるの?

すべて手数料無料です。
口座開設費、口座維持費、入金手数料※、出金手数料が含まれます。
※入金手数料は銀行によって振込手数料がかかります。
税金はどうするの?

普通のサラリーマンなどは利益が20万円を超えたら雑所得として確定申告が必要です。
※雑所得とは
雑所得=利益-経費
本業以外のソーシャルレンディングやアフィリエイト収入などの複業で得た所得も含みます。
つまり、副収入で20万円の利益を超えなければ確定申告は必要ありません。
詳しくはソーシャルレンディングの税金って?確定申告は必要?をご覧ください。

SAMURAI FUND(サムライファンド)のまとめ

以上、SAMURAI FUND(サムライファンド)について、メリット・デメリット、評判なども紹介しました。

最後に

名前がカッコいいSAMURAI証券ですが、サービスの中身も生かしてます。

クラウドファンディングサービスというのは15〜20社ぐらいありますが、ワタシがいいなと思って実際に利用しているのは、そのうち7社。

その一つがSAMURAI証券です。

ぜひあなたも利用してみてください。

ほかのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング案件について知りたい方はこちらもどうぞ

 

クラウドファンディングサービス一覧

 

なるらく

楽に資産運用したい人には、ワタシが実践しているオススメの方法を下の記事で紹介しているので、ご覧になってみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる