オーナーズブック(OwnersBook)とはメリット・デメリット・評判・口コミ・口座開設

この記事では、令和時代の資産運用方法として注目されているクラウドファンディングサービスとして人気を誇る、オーナーズブック(OwnersBook)について紹介しています。

✔︎ 老後に備えて投資を始めたい
✔︎ クラウドファンディングに興味がある
✔︎ 何かいい投資方法ないかなぁ

という悩みを持っているサラリーマンや会社員のためにオススメの投資方法を紹介していきます。

なるらくのアイコン画像なるらく

ワタシも普段はサラリーマンをしながら、老後資金を貯めるためにクラウドファンディングで楽チン資産運用をしています。

ワタシの資産運用術と運用状況を見てみたい方はこちらからどうぞ♪

目次

オーナーズブック(OwnersBook)の特徴とは

オーナーズブック(OwnersBook)の特徴とは

オーナーズブック(OwnersBook)は、今流行りのクラウドファンディングサービスの一つです。

運営会社のロードスターキャピタルは、代表が金融業界大手のゴールドマン・サックスグループで勤務経験があり、そのほかの経営メンバーも金融業界出身のプロで構成されている会社です。

2017年9月28日に東証マザーズに上場しており、資本金は準備金を合わせると20億円超と大きな資本規模であるという点や、売り上げも順調に伸びている点からも信頼性は問題ありません。

オーナーズブックに掲載されている全ての案件は、返済金額をカバーできる可能性が高い不動産を担保に設定することで、返済の安全性を高める取り組みをしています。

2019年はどの案件も人気があり過ぎて、募集と同時にクリック合戦になって申し込みたくても申し込めなかった人が続出するほど。

また、オーナーズブックに掲載されている全ての案件は、不動産鑑定士を含む不動産投資のプロが精査したものとなっています。年利回り4.0%〜6.0%(全案件不動産担保付き)。シニアローンとしての貸付やエクイティ投資等まで用意しており、個々の投資家のリスク許容度に応じて不動産の投資タイプを選択することができます。

オーナーズブック(OwnersBook)の特徴とは2

オーナーズブック運営会社は6期連続増収増益
また、上場企業ということで取引面でもサービス拡大に期待できます。たとえば、松井証券(開設口座・111万口座)やオリックス銀行と業務提携をしており、オーナーズブックの会員数増加・資金移動の連携や債務者(ボロワー)紹介や案件数の増加などが見込まれています。

会社名オーナーズブック(OwnersBook)
URLhttps://www.ownersbook.jp/
運営会社名ロードスターキャピタル株式会社
本社所在地東京都中央区銀座1丁目10番6号 銀座ファーストビル2F
会社の設立日2012年3月14日
資本金13億7,500万円
参考利回り2.0%~6.0%(2019年3月時点)
投資金額1万円から
投資実行額・応募総額115億1,270万円(2019年6月20日時点)
運用期間の目安最短1ヶ月~最長25ヶ月
元本毀損実績など元本毀損実績0円(2018年10月時点)

※2019年6月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

オーナーズブック(Ownersbook)のメリット

オーナーズブック(Ownersbook)のメリット

オーナーズブックのメリット

  1. そこそこ高い利回り
  2. 1万円からの少額投資が可能
  3. 自分で投資物件を調べる必要がない
  4. リスク許容度に応じた投資が可能、全投資案件に担保不動産あり
  5. 初心者向け、経験者向けでそれぞれ無料セミナーを実施

メリット①:そこそこ高い利回り

オーナーズブックには不動産開発の融資案件が多数掲載されており、今まで法人しか参加できなかった規模の不動産の融資プロジェクトに、少額かつ短期間で投資できることが大きな特長です。

実際の利用状況を見てみると、オーナーズブック利用者の約8割が会社員、投資金額は10万円以下が約4割(2017年7月1日時点)となっている一方で、1000万円超の大口投資家も存在しており、投資初心者から大口投資家まで幅広く利用されているサービスです。

メリット②:リスク許容度に応じた投資が可能、全投資案件に担保不動産あり

シニアローンとしての貸付やエクイティ投資等まで用意しており、個々の投資家のリスク許容度に応じて不動産の投資タイプを選択することができます。

投資案件ごとに「担保物件のロケーション」「稼働率」「貸付先の信用力」の評価を表示しているため、投資案件のリスクが分かりやすくなっています。

オーナーズブックの投資案件リスク表示
また、オーナーズブックに掲載されている投資案件は、返済金額をカバーできる可能性が高い不動産を担保に設定することで、返済の安全性を高める取り組みがされています。

メリット③:出資金の分別管理、案件管理、貸倒れリスク低減策を徹底

オーナーズブックでは、ソーシャルレンディングで問題になりやすい出資金の運営、案件管理、貸し倒れリスクの3点に関して、以下のような形で取り組んでいます。

オーナーズブックの各案件と出資金の運営について

オーナーズブックにおいて投資家の出資金は、金融商品取引法等に定められている通り、ロードスターファンディングにて自らの財産とは厳格に分別し、口座上と帳簿上の管理を徹底しています。

その上で、オーナーズブックの全ての金銭の移動については、ローン契約や匿名組合契約といった契約書または約款に基づく適法な契約関係に基づいて的確に実施されています。

オーナーズブックの案件管理について

貸付型の案件においては、行政当局の指導により借入人の特定につながる情報の開示はしていませんが、複数の案件で同一の借入人がいる場合、A社はA社、B社はB社と貸付先の表記を統一しています。

また、ロードスターキャピタルは第二種金融商品取引業の登録を受け、貸金業登録を受けたロードスターファンディングと密に連携を取りながら案件を管理・運営しています。

オーナーズブックの貸し倒れリスク低減の方策

万が一債務者が融資金額を返済できなくなった際には、設定担保権を実行することで担保不動産からの回収を図ります。

案件の担保の評価は、自社の不動産投資のプロによる評価に加えて、外部の専門家による査定に基づく二重のチェックを行い、[オーナーズブック評価額]を決定しています。

メリット④:初心者向け、経験者向けでそれぞれ無料セミナーを実施

オーナーズブックでは、ソーシャルレンディングの始め方から、具体的なプロジェクトやソーシャルレンディングの投資リスクなどについて説明を受けることができる無料セミナーを実施しています。ソーシャルレンディングやオーナーズブックのサービスに関して、疑問や不安がある場合は足を運んでみると良いでしょう。

オーナーズブック(Ownersbook)のデメリット

オーナーズブックのデメリット

  1. 人気で申し込めない
  2. 運用途中での解約ができない
  3. 元本保証がない
  4. 投資判断の材料が少ない

デメリット①:人気で申し込めない

デメリット②:運用途中での解約ができない

一度投資を実行すると、運用期間が終了するまで現金に換えることはできません。なので、手元のお金を全部投資してしまうと、病気などで急にお金が必要になったときに困る可能性があります。

生活の余裕資金だけを投資するようにしましょう。

デメリット③:元本保証がない

投資なので元本保証はなく、損失を出すリスクがあります。

避ける方法は一つの物件に集中投資しないようにしましょう。オーナーズブックも対策として、全投資案件に担保不動産をつけています。

オーナーズブック利用者の半数以上が株式・投資信託を併用して運用しており、分散投資先としての期待も大きいことが分かります。

デメリット④:投資判断の材料が少ない

オーナーズブック(OwnersBook)は、ほかの不動産投資型クラウドファンディングサービスに比べると情報の開示量が少ないので、正直適当に申し込むしかないです。

オーナーズブック(OwnersBook)の手数料

口座開設・口座維持管理・案件取引の手数料は全て無料です。

オーナーズブックでは、会員登録・口座開設・口座維持管理・案件取引時の手数料はすべて無料(0円)となっています。一方、オーナーズブックの投資口座への振込手数料および指定口座への払戻手数料は300円+消費税の負担となっています。

会員登録にかかる費用無料(0円)
投資口座開設にかかる費用無料(0円)
投資口座管理にかかる費用無料(0円)
投資案件取引にかかる費用無料(0円)
投資口座への入金
(お客様口座 → 投資口座)
お客様負担
払戻にかかる費用
(投資口座 → お客様口座)
300円(+消費税・地方消費税)

オーナーズブック(OwnersBook)の口コミ・評判

オーナーズブック(OwnersBook)の無料会員登録・口座開設方法

オーナーズブックの詳細をさらに知りたい方、無料会員登録を希望される方は下記よりサイトをご覧下さい。会員登録をすることで、投資口座の開設や募集を開始した案件の最新情報をメールで受け取ることができるようになります。

オーナーズブック投資実行までの4STEP
STEP1 オンラインで投資家申請
STEP2 本人確認ハガキの受け取り
STEP3 入金
STEP4 投資実行

STEP
まずは簡単手続きで仮会員登録(10秒)

メールアドレスのみで登録(申請)。Facebook, Yahoo! JAPAN ID との連携をご希望の方は、ワンクリックで登録(申請)。

STEP
仮会員登録完了メール記載のURLをクリック

お申込いただいたメールアドレスへ、すぐに仮登録完了メールを送信いたします。記載のURLをクリックし、必要事項をご入力いただくと、会員登録は完了。

STEP
いざ投資!の前に投資家登録&口座開設

ログイン後トップページの「投資家申請」をクリックし、投資家申請画面に沿って必要事項をご入力いただき、出金用の銀行口座確認資料および本人確認資料のご準備・ご提出をお願いします。メールアドレス、氏名、住所、銀行口座等の入力をして、本人確認書類を提出すれば申請は完了となります。作業時間は最短3分です。パソコン・スマートフォンどちらからでも申請可能です。

STEP
審査通過後、本人所在確認はがき(簡易書留)受領

ご提出いただいた情報をもとに投資家審査を行い、審査通過後、ご登録住所へ本人所在確認のため簡易書留にてはがきを郵送、当社にてはがき(簡易書留)受領の確認が取れ次第、投資家登録の手続きは完了。

申請情報をもとに投資家審査が行われ、審査通過後に登録住所へ本人所在確認のため、簡易書留にてハガキが郵送されます。ロードスターキャピタル社にて、ハガキ(簡易書留)受領の確認が取れ次第、投資家登録の手続きは完了となります。

STEP
ご入金手続き(投資用資金の入金)

お客様専用の振込口座情報は投資家登録完了時のお知らせメール、またはログイン後の「入金する」でご確認いただけます。
指定口座にお振込み(投資用資金の入金)をお願いいたします。 

専用の振込口座情報は郵送のハガキ、またはログイン後の「入金する」で確認可能です。指定口座に投資用資金の振込をしましょう。

STEP
不動産投資スタート!

お振込み金はログイン後の「投資口座情報」でご確認いただけます。気に入った投資案件をお選びいただき、投資内容等をご確認のうえ、投資応募にお進みください。 

振込金額はログイン後の「投資口座情報」で確認可能です。投資期間や、利回り・リスクなどから案件の比較検討をして、気に入った案件を選んで投資に応募して下さい。

まとめ

以上、オーナーズブック(OwnersBook)についてご紹介しました。

クラウドファンディングは世界的に見てドンドン伸びている投資方法です。今後も伸びていくことがで期待される資産運用方法なのであなたもぜひ資産運用方法の一つとして取り入れてみてください!

ほかのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング案件について知りたい方はこちらもどうぞ

 

クラウドファンディングサービス一覧

 

なるらくのアイコン画像なるらく

楽に資産運用したい人には、ワタシが実践しているオススメの方法を下の記事で紹介しているので、ご覧になってみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる