LENDEX(レンデックス)とはメリット・デメリット・評判・口コミ・口座開設

この記事では、令和時代の資産運用方法として注目されているクラウドファンディングサービスとして人気を誇る、レンデックス(LENDEX)について、メリットやデメリット・口コミ評判などの実績も紹介しています。

✔︎ 老後に備えて投資を始めたい
✔︎ クラウドファンディングに興味がある
✔︎ 何かいい投資方法ないかなぁ

という悩みを持っているサラリーマンや会社員のためにオススメの投資方法を紹介していきます。

なるらくのアイコン画像なるらく

ワタシも普段はサラリーマンをしながら、老後資金を貯めるためにクラウドファンディングで楽チン資産運用をしています。

ワタシの資産運用術と運用状況を見てみたい方はこちらからどうぞ♪

目次

LENDEX(レンデックス)の特徴とは

レンデックス(LENDEX)の特徴とは

LENDEX(レンデックス)は、株式会社LENDEX(レンデックス)が提供するソーシャルレンディングサービスです。

10%近い高い利回りと1年以内の短期案件中心という点が特徴で、魅力のソーシャルレンディングサービスです。ソーシャルレンディングサービスの多くは1口1万円から投資が可能なのですが、レンデックスでは最低額が2万円からになっています。

ソーシャルレンディングサービスを提供する会社の中ではやや小規模で、従業員数は8人、2020年4月10日時点の募集金額は53億円となっています。2020年4月で900億円以上の募集額を集めているクラウドバンクに比べると規模は小さいものの、その分利回りを高くしてユーザー確保に努めていることが伺えます。

小口で投資を始めることができ、大部分の案件に不動産担保が設定されています。担保の査定については自社だけでなく、東急リバブルの査定も利用することで、金額の信頼性を高める取り組みをしています。担保が設定されている案件では、査定結果の80%までを上限にファンドが組成されているので、担保不動産の価値の下落幅が20%までであれば元本割れが起こらない仕組みとなっています。

サービス名LENDEX(レンデックス)
URLhttps://lendex.jp/
運営会社名株式会社レンデックス
本社所在地東京都千代田区飯田橋二丁目1番4号 九段セントラルビル
会社の設立日2000年
資本金144,000,000円
参考利回り6〜13%(2020年7月時点)
投資金額2万円から
運用金額4ヶ月~12ヶ月程度(案件により異なる)
累計応募金額53億円超(2020年8月時点)

※2020年8月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

LENDEX(レンデックス)のメリット

  1. 想定利回りが6〜13%と高い
  2. 2万円と小額から投資可能で、利益は毎月分配
  3. 1年以内の短期投資が中心
  4. 大部分に80%の不動産担保を設定&第三者による価格調査も実施
  5. 決算内容を公開、透明性の高い会社運営

メリット①:想定利回りが6〜13%と高い

LENDEX(レンデックス)の案件は、想定利回りが6〜13%とかなり高い利回りを誇っています。実際に過去に完済している案件を見ても、8〜12%で返済されている事例が多く、かなり高い利回りを受け取ることができます。

案件としては、1年以内の短期投資が中心ではありますが、2年ぐらい資金を拘束されるのも辛いので、個人的には1年ぐらいの案件の方が嬉しいです。

案件として多いのは不動産事業者への運転資金の融資となっています。

LENDEX(レンデックス)は2017年7月に開始した比較的新しいサービスですが、2020年7月時点ですでに129案件・53億円超の募集に成功させており、遅延や元本割れなども0件という頼もしい実績があります。

メリット②:2万円と小額から投資可能で、利益は毎月分配

投資は1口2万円からとなっており、ほかのソーシャルレンディングサービスよりも多い額からしか投資できませんが、それでも株式投資などと比べると少額からで始めることが可能となっています。

また、利益は毎月分配となり、利益分配時の手数料や再投資の際の手数料などもかからないため、複利での運用が可能です。

メリット③:1年以内の短期投資が中心

LENDEX(レンデックス)ではほとんどの案件が12ヶ月以内の投資となっており、1〜3ヶ月程度の投資先も結構あります。

ソーシャルレンディングの中では珍しく、ワタシも利用しているほかのサービスだと12ヶ月〜24ヶ月の案件が多くなっています。

さすがに1ヶ月の投資は、配当金も少なくて手間がかかるだけなのでオススメできませんが、6ヶ月程度の案件であれば投資資金が引出しやすいし、別の用途に資金を使いやすくなるのでオススメです。

メリット④:大部分に80%の不動産担保を設定&第三者による価格調査も実施

LENDEX(レンデックス)は高い利回りにも関わらず、大部分の案件に80%の不動産担保が設定されています。(たとえば、不動産担保が設定されている他のソーシャルレンディングサービスは、利回りは5%~7%が中心となっています

さらに、自社での査定に加えて、第三者機関として「東証一部上場企業のグループ会社である東急リバブル」による査定も行われています。

融資の上限額を査定結果の80%までに抑えてファンドを組成することで、担保不動産の価値の下落幅が20%までであれば元本割れが起こらない仕組みとなっています。また、これに加えて投資期間1年以内の短期案件が中心という点も、ファンドの貸し倒れリスクの軽減につながっています。

メリット⑤:口座開設・維持手数料が無料

レンデックスでは、会員登録手数料・口座開設手数料・口座維持管理手数料・案件申込手数料・払い戻し手数料などはすべて無料(0円)となっています。一方、投資口座への振込手数料は顧客負担となっています。

LENDEX(レンデックス)のデメリット

  1. 元本割れリスクは0ではない

元本割れリスクは0ではない

これまで、資金の配当が滞ったことなどは2020年7月まではなかったLENDEX(レンデックス)ですが、これからも全く元本割れを起こさないというわけではありません。

リスクはあるので、理解した上で投資を行いましょう。

LENDEX(レンデックス)の手数料・金額

会員登録の手数料 無料(0円)
口座開設の手数料 無料(0円)
口座管理の手数料 無料(0円)
案件申込時の手数料 無料(0円)
投資口座への振込手数料
(お客様口座 → 投資口座) お客様負担
払戻しの手数料
(投資口座 → お客様口座) 無料(0円)

会員登録手数料・口座開設手数料・口座維持管理手数料・案件申込手数料・払い戻し手数料などはすべて無料(0円)となっており、実際に投資を行う際の投資家口座への振込手数料だけを負担すればよいため気軽に利用を開始することができるサービスです。

ネット銀行やメガバンクの手数料無料サービスなどを賢く活用すれば、案件の申込みから分配・出金まですべて無料で投資をすることが可能です。投資額も2万円から可能なので、まずは少額・短期から始めてみたいという方にもおすすめです。

LENDEX(レンデックス)の無料会員登録(投資家登録)までの簡単5ステップ

レンデックスの投資家登録の流れ

  • STEP 1 WEBで仮登録
  • STEP 2 仮登録後、マイページにログイン
  • STEP 3 本人確認・口座確認・画像をアップ
  • STEP 4 審査後、認証コードを郵送
  • STEP 5 認証コードを入力、本登録完了
  • STEP 1 WEBで仮登録

レンデックスのトップページから「新規口座開設」ボタンを選択し、規約および同意事項に関する書類をダウンロードします。

STEP 2 仮登録後、マイページにログイン
登録されたメールアドレスに届いた確認メール内にある「メール確認用アドレス」の項目に記載されたアドレスをクリックします。

STEP 3 本人確認・口座確認・画像をアップ
遷移後の画面で基本情報の登録、本人確認書類の画像アップロード、口座情報の登録などを行います。

STEP 4 審査後、認証コードを郵送
レンデックス社にて本人確認及び銀行口座を確認し、審査が終了すると、登録メールアドレスに「認証コードを発行しました」のメー
ルが送信され、登録した住所にレンデックス社より転送不要の簡易書留で「認証コード」が郵送されます。

STEP 5 認証コードを入力、本登録完了
書類に記載の「認証コード」を、マイページの【基本情報】【本人確認】の【認証コード入力】に入力し、送信すれば投資家登録が完了となります。

レンデックスが他社と比べて特徴的な点は、利回りが8%~10%と非常に高い水準であるにも関わらず、案件の多くに国内不動産の担保が付いているというところです。また、その担保の査定評価を東急リバブルに依頼することで、客観性や信頼性を高めているという点も非常に魅力的です。他社に比べて高い利回りを実現できているのは、サービスの提供体制をシンプルにすることで運営上のコストを抑えて経営を効率化しているためです。投資は一口2万円、最短2ヶ月~、また振込手数料以外の手数料はすべて無料ということで、少額・短期で投資を始めることが可能です。

また、非上場の会社ですが決算をサイト上に公開しているため、財務上の透明性も高くなっています。2017年にサービス開始ということで、後発のソーシャルレンディング会社ではありますが、分散投資先の一つとして検討する価値は十分にありますので、「不動産担保付きで、高利回りの案件に投資をしたい」「大手以外にも投資先の会社を検討している」「まずは少額で短期から始めてみたい」という方におすすめできる会社です。

LENDEX(レンデックス)の評判・口コミ

まとめ|LENDEX(レンデックス)

以上、LENDEX(レンデックス)について紹介しました。

LENDEX(レンデックス)も悪くないサービスですが、クラウドファンディングを始めるなら、ワタシも利用しているSBIソーシャルレンディングやCREALがオススメです。

レンデックス(LENDEX)の公式サイトを確認する

ほかのクラウドファンディング・ソーシャルレンディング案件について知りたい方はこちらもどうぞ

 

クラウドファンディングサービス一覧

 

なるらくのアイコン画像なるらく

楽に資産運用したい人には、ワタシが実践しているオススメの方法を下の記事で紹介しているので、ご覧になってみてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる