投資初心者はLINE証券で!LINEスマート投資やFXでお手軽スタート!口コミ・評判、メリットやデメリットを紹介

この記事では、お手軽に投資する方法として話題になっているLINE証券について紹介します。

LINE証券は、株式投資ができるだけでなく、ロボアドのLINEスマート投資、FXのLINE FXなど、どんどんサービスを拡充していて、初心者にもとてもオススメできるサービスになっています。

最初の頃は、正直イマイチなサービスだったのですが、さすがLINE。

すごい勢いでサービスが改善されていってるので、これから投資を始めようと考えている人はぜひ利用してみてください♪

LINE証券で口座を開設する。

目次

LINE証券とは

LINE証券とは

LINE証券とは、日本最強のメッセージアプリであるLINEを提供する株式会社LINEが提供する金融サービスです。

そのほかにもLINE FXやLINE保険など、今や数多くのサービスを提供しています。

LINE証券は証券業界No.1の規模を誇る野村HDがタッグを組み、作ったサービスです。

LINEユーザー向けの専用サービスで、購入できる株式数には限りがあるものの、普通の証券会社ではありえない『株価の割引き』などがあり、初心者が投資を始めるにはぴったりのサービスとなっています。

LINE証券は1株から買えることが特徴で、投資初心者が少額から投資を始めることに向いているサービスです。1株から買えるサービスとしては、LINE証券かネオモバぐらいなので、どちラカを利用して始めるのがオススメです。

 

LINE証券のメリット

LINE証券のメリット

  1. LINEアプリだけで全て完結する
  2. 1株から500円でも株投資できる
  3. 株を買うときに手数料がかからない
  4. タイムセールなどのキャンペーンが豊富

LINE証券メリット①:LINEアプリだけで全て完結する

LINE証券のメリットとして挙げられるのは、

なんと言ってもスマホ片手にLINEのアプリ上で操作が済むことです。

慣れたアプリで投資ができるというのはとても楽です。

色々なアプリや、ログインID、パスワードを覚えたり…といったことが必要になりますが、それが不要になるだけでも時間コストがかなり節約できます。

LINE証券メリット②:1株から500円でも株投資できる

LINE証券ではタイムセールがあるので、割安で株を買えることがある。

これはほかの証券会社では基本的にないメリットです。そもそも株を割引って何?という感じですが、LINE証券ではそれができるのです。

LINE証券メリット③:株を買うときに手数料がかからない

LINE証券では、株の購入時には手数料がかからない仕組みになっています。

代わりに株を売るときに手数料がかかるのですが、配当金狙いで長期で保有するのであれば無視できるので、長期投資家にとっては大きなメリットになります。

LINE証券メリット④:タイムセールなどのキャンペーンが豊富

LINE証券ではタイムセールなどで株が割安で買える時があります。

これはほかの証券会社にはない仕組みなので、LINE証券独自のメリットと言えるでしょう。

LINE証券のデメリット

LINE証券のデメリット

  1. 購入できる銘柄が限られている
  2. 買った株を売るときの手数料が高い

LINE証券デメリット①:購入できる銘柄が限られている

LINE証券では購入できる銘柄が限られるので、

とLINE証券では購入できる銘柄が300しかないですなので本格的に株式投資をしたいのであればSBI証券や楽天証券といったネット証券会社を使うのがお勧めです。

 

LINE証券デメリット②:買った株を売るときの手数料が高い

LINE証券のデメリット2つ目は、手数料が高いことです。他のネット証券では手数料が無料であったりします。それに対してLINE証券では手数料が1%近く取られます。

 

LINEスマート投資とは?

LINEスマート投資は、LINE証券が提供するサービスの一つです。

期間限定ですが、興味があって試しに使ってみたい方には朗報ですね。

投資可能テーマ:

アンチエイジング
サイバーセキュリティ
キャッシュレス・ジャパン
ようこそ日本へ
もしバフェットが日本株を買ったら
5G
この中で「もしバフェットが日本株を買ったら」は実際にぼくも運用しました。結果としては+5%になりましたよ〜!

※詳しくは後述しますが、LINEスマート投資はオンライン証券会社のFOLIO(フォリオ)のテーマ型投資を基盤としているため、仕組みはまったく一緒です。

※ミニテーマと既存のテーマの全てのテーマが対象。
※LINEスマート投資又はフォリオで過去にテーマを購入したことがある方は対象外。

これからはじめようと思っている方はチャンスなので、ぜひこの機会に!

LINEから気軽に投資ができるのでおすすめですよ。

テーマ別のこれまでの実績推移です。

キャッシュレスは調子がいいですね…!国策にも関わってくるので長期的に見ても実績は好調に推移するハズですね。

LINEスマート投資は、「AI(人工知能)」や「VR(仮想現実)」、「寿司」などのテーマに沿った企業に投資できる資産運用サービス(テーマ型投資)です。

LINEスマート投資はフォリオのプラットフォームを使用しており、内容としてはまったく同様のサービスです。

※フォリオはれっきとした融庁に認められた証券会社で、独立系オンライン証券会社として10年ぶりに参入しました。

テーマ型投資は近年注目されている投資法で、テーマに沿った複数の企業に少額から投資できる注目のサービスです。

LINEスマート投資のメリット

LINEスマート投資のメリット

  1. LINEから手軽に投資ができる
  2. 多種多様なテーマで投資できる
  3. ワンクリック・少額からお手軽に投資できる(UIも優れている)

LINEスマート投資のメリット①:LINEから手軽に投資できる

一番のメリットはこれでしょう。

国内でLINEを使用している方は約7,600万人(2018年10月時点)

その方がLINEから直接投資ができる手軽さは最大の利点ですね。

見て楽しめる・気軽に・少額から投資できるテーマ型投資との親和性は抜群だと思っています。

LINEスマート投資のメリット②:多種多様なテーマで投資できる

すでにあるテーマを選ぶだけで投資が可能。

そのテーマは全部で60種類以上用意されていて、興味があるもの・運用実績が高いものなどを自分で選ぶことができます。

テーマには、「AI(人口知能)」、「温泉」、「子育てを楽しく」など多種多様です…!

▼多くのテーマがあります

半導体関連 コスプレ キャリアウーマン アンチエイジング
AI VR カジノ解禁 ガールズトレンド
ドローン テレビゲーム 働き方改革 お酒
サイバーセキュリティ 温泉 再生医療 お寿司
自動運転 世界シェアNO.1 ドラッグストア キャッシュリッチ
業界No.1 トップブランド 創業百年 鉄道

LINEスマート投資のメリット③:ワンクリック・少額からお手軽に投資できる

超お手軽に投資が可能です。

先ほどのテーマを選ぶだけ = ワンクリックで投資をはじめることができます。

どのテーマも少額の約10万円から投資が可能。

これから資産運用をはじめてみたい初心者の方でも気軽に投資体験ができますよ。

また、サイトのデザインも非常に優れていて直感で操作することができます。

LINEスマート投資のデメリット

LINEスマート投資のデメリット

  1. デメリット

株主優待はもらえない場合がほとんどなのに、郵便物が多く届く
投資したテーマがオワコンになると、共倒れする可能性がある

LINEスマート投資のデメリット①:株式相場が暴落すると損失する可能性が高い

投資信託やロボアドバイザーと違い投資先はすべて株式。なので、株式市場の相場によってかなり左右されます。

現時点(2019年3月)は2018年10月から続いた暴落の回復期で実績面はそこまで悪くはありませんが、暴落期になると多くのテーマで含み損が大きくなります。

LINEスマート投資のデメリット②:投資したテーマがオワコンになると、共倒れする可能性がある

今注目を浴びている「VR(仮想現実)」や「ドローン」など伸長しているテーマ(業界)が、例えばですが、下火になった時に、テーマ全体で共倒れになる可能性があります。

個別株で分散投資していれば、その可能性は低くなるので、テーマ型投資のデメリットと言えます。

例えばドローンですが、ガチガチの規制がかかってしまえば一発でオワコン、ドローンテーマは総崩れしそうです。(そんなことはないと思いますが)

その辺は注意が必要ですね。

なので、長期投資というよりは、短期〜中期として考えた方がいいかもしれません。利確も大事ですね。

※こういった面から考えると、ロボアドバイザーやインデックス投資よりもリスクは高めですね。その分、多くのリターンを得られる可能性はあります。

LINEスマート投資の評判・口コミ

LINEスマート投資の評判で多いものを紹介します。

を使うにあたりよくある質問に回答します。

気になるところ質問します!
手数料はどのくらい?
確定申告は必要?納税はどうしたらいい?
NISA・つみたてNISAには対応している?
手数料はどのくらい?

気になるところ〜。
取引手数料は、(単元未満株取引として)業界最低水準の0.5%(税抜)です。

※最低取引手数料は50円。

なので、テーマ型投資はだいたい10万円で投資できるので、500円程度手数料が徴収されることになりますね。

投資信託のような運用手数料はかかりません。

入金・出金手数料、口座管理料は無料です。

NISA・つみたてNISAには対応している?

非課税で運用したい!
残念ながら、非課税制度のNISA・つみたてNISAには非対応となっています。

ロボアドバイザーなども非対応なのでこの辺はしょうがないですね。

対応するにはハードルが高いんですかねぇ。

確定申告は必要?税金はどうしたらいい?

確定申告とかよくわかんないからなるべくやりたくない!
サラリーマンや主婦の方は利益が出たときの確定申告が不安な方もいるはずです。

口座開設(登録)するときに「特定口座(源泉徴収あり)」を選べば、すべてLINEスマート投資(=連携しているフォリオ)が税金の支払いまでやってくれるので、自分で確定申告をする必要はありません。

なお、税金は利益確定分の約20%かかると覚えておけばOKです。

LINEスマート投資と投資信託・ロボアドバイザーとの比較
投資信託やロボアドバイザーもフォリオと同様に複数の金融商品を運用します。

LINEスマート投資との違いとして投資信託は、株式の他に、債権や金、不動産なども運用します。さらに、投資後は投資信託の運用会社がリバランスなどを行います。

コスト面では、LINEスマート投資は自分で運用を行う代わりに、購入手数料のみですが、投資信託は手数料+信託報酬+信託財産留保額が発生します。

このような違いがあるので投資の際に検討してみて下さい。

ワンコイン投資は1日500円から積み立て投資が可能なサービスです。

積み立て金額は1日500円から、500円単位で積立金額を設定可能。

積み立て頻度は週1回お手軽プラン・週5回平日プラン・週7回毎日プランから選べます。

積み立て時に口座への入金は不要で、LINE Pay残高、もしくはLINE Payに登録した銀行口座から、翌月初めに積み立て額が引き落とされる仕組みです。

LINEスマート投資はフォリオと連携していて同じプラットフォームを使っているので相互で連携が可能です。

LINEスマート投資はスマホ操作なのでPCに慣れてる方は、

「どうしてもめんどくさい」

と思う方もいるかと。その場合はフォリオから登録しても問題ありません。

という方はぜひ下記の口座開設方法をどうぞ。

LINEスマート投資はFOLIO(フォリオ)と連携しています!

ぶっちゃけ、超カンタン。ものの5分あれば完了です。

3ステップで始めることができます。カンタンすぎて誰でも迷うことなく始められますよ。

個人的には、とてもおもしろい投資と思っていて、テーマ型というのはこれからはじめる初心者にもわかりやすく、少額・カンタンに投資ができるという点はかなり高評価です。

しかもLINEから始めれる点、テーマ型投資自体はれっきとした証券会社のサービスである点はユーザーとしては使いやすさと安心感がありますね。

登録は無料なので興味ある方はぜひ!気軽にサクッと始めてみましょう!

これからはじめようと思っている方はチャンスなので、ぜひこの機会に!

LINEワンコイン投資とは?

ワンコイン投資は1日500円から積み立て投資が可能なサービスです。

積み立て金額は1日500円から、500円単位で積立金額を設定可能。

積み立て頻度は週1回お手軽プラン・週5回平日プラン・週7回毎日プランから選べます。

積み立て時に口座への入金は不要で、LINE Pay残高、もしくはLINE Payに登録した銀行口座から、翌月初めに積み立て額が引き落とされる。

ワンコイン投資はフォリオのプラットフォーム&運用はフォリオが行っています。(そのためフォリオの口座登録が必要なんですね)

※フォリオはれっきとした金融庁に認められた証券会社で、独立系オンライン証券会社として10年ぶりに参入しました。

メリット

LINE上から手軽に500円で積立投資ができる
カンタンなステップで運用開始!複雑な設定はありません
ほったらかしでOK
デメリット

1%の運用手数料がかかるが、2020年4月24日まで無料(!)
自分で投資のコントロールができない
メリット①:LINE上から手軽に500円で積立投資できる

一番のメリットはこれでしょう。500円から積立投資が可能です!

積み立て頻度が、週1回お手軽プラン・週5回平日プラン・週7回毎日プランから選べるので最低月額2,000円(月4週の場合)あればOK。

1回の贅沢を我慢すれば投資体験ができますよ!

ちなみに、国内でLINEを使用している方は約7,600万人(2018年10月時点)その方がLINE上から直接投資ができる手軽さは最大の利点ですね。

気軽に・少額から投資できるワンコイン投資との親和性は抜群だと思っています。

メリット②:カンタンなステップで運用開始!複雑な設定はありません

ワンコイン投資はものすごいお手軽にはじめることができます。

積み立て金額と積み立て頻度を選べばあとはやることなし。

自分でなにか設定することはありません。

これまでの投資というと、自分で設定したりチャート見たり…となにかハードルが高い印象でしたが、ワンコイン投資にハードルなんてありませんね!

誰でもカンタンに投資がはじめられる魅力がありますよ。

メリット③:ほったらかしでOK

独自の運用アルゴリズムで世界中にバランスよく分散投資をしています。

「世界に投資!?大丈夫なの?」

と思う方も多いと思いますが、ぶっちゃけ国内より魅力的です。

日経平均は好調と言えども過去最高値を超えてはいません。

世界経済の中心、米国は最高値を更新し続けています。それだけでも世界に投資することは意味がありますよね。

さらに、ワンコイン投資のポートフォリオは、以下のようです。

債券:50%超
株式:30%超
不動産:5%
コモディティ:5%
債権は株式よりも値動きが少ない投資先として認知されていてその配分を50%超と、かなりリスクを抑えた設計です。

これから投資をはじめる初心者の方が一番イヤなことは損をすること。

その可能性を極力減らしているポートフォリオをつくっていることに安心感が持てますね。

デメリット①:1%の運用手数料がかかるが2020年4月24日までは無料(!)
ワンコイン投資はロボアドバイザーと呼ばれる投資法ですが、その投資法のデメリットがどうしても手数料が高いこと。

基本的には1%の運用手数料がかかります。

ワンコイン投資も1%の運用手数料です。

他のどのロボアドバイザーを見ても期間限定と言えども無料なんてことはありえませんでした。

はじめるなら今がチャンスとしか言えないですね…!

口座開設(登録)するときに「特定口座(源泉徴収あり)」を選べば、すべてLINEスマート投資(=連携しているフォリオ)が税金の支払いまでやってくれるので、自分で確定申告をする必要はありません。

なお、税金は利益確定分の約20%かかると覚えておけばOKです。

NISA・つみたてNISAには対応している?

残念ながら、非課税制度のNISA・つみたてNISAには非対応となっています。

ロボアドバイザーなども非対応なのでこの辺はしょうがないですね。

対応するにはハードルが高いんですかねぇ。

ワンコイン投資と投資信託との比較
投資信託では複数の金融商品を運用します。この辺はワンコイン投資と同様ですね。ですが、ポートフォリオは自分でつくる必要があります。

そして、コスト面。

コスト面では、ワンコイン投資は他のロボアドバイザーと同様、一定の手数料はかかります。

が、先ほども解説したとおり2020年4月24日までは運用手数料が無料。これは大きいですね…!

FOLIOが「テーマ投資」、「おまかせ投資」に続き「ワンコイン投資」をリリース
株式会社FOLIOのプレスリリース(2019年4月25日 12時00分)FOLIOが[テーマ投資]、[おまかせ投資]に続き[ワンコイン投資]をリリース

1%の運用手数料が無料はほんとにすごいし、でかい。

その後は1%かかりますが、他のロボアドバイザーとも同様なのでその時の運用結果次第では乗り換えてもいいですしね。

今はワンコイン投資を使うことにメリットが多いです。

まとめ:ワンコイン投資で手軽に少額500円積立投資

個人的には、初心者にはすばらしいサービスですね。

1回あたり500円、月額最低2,000〜2,500円で自動で運用ができることはこれからの投資をはじめる方のはじめのステップに最適です。

しかも、LINEアプリと連携しているので、多くの方が運用するはず。

登録は無料なので興味ある方はぜひ!気軽にサクッと始めてみましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる