資産1億円のための資産運用ロードマップ

こんにちは。なるラク@naruraku_asset)です。当サイトをご覧いただきありがとうございます。

このサイトでは普通のサラリーマン・OL・主婦の人でも資産1億円を目指すために投資初心者でも始められる資産運用方法を紹介していきます。

資産1億円って聞くと「自分には絶対無理だ…」と思うかもしれませんが、計画的に行えば誰でも10年〜15年で目指すことができるんです。

その手順を紹介していきますので、下のような悩みを持っている人はぜひ参考にしてみてください。

✔︎ 将来セミリタイア生活を過ごしたい
✔︎ 毎年贅沢したい
✔︎ 好きに使えるお金を増やしたい
✔︎ 老後資金をしっかりと蓄えたい

目次

資産運用の実践手順

資産運用を始める上では、あなたの労働条件・家庭環境によって最初の選択肢が変わってきます。

すでに投資に使えるお金をある程度貯めている人

すぐに投資に使える貯金が30〜50万円ある、もしくは年収が350万円以上あるという人は、早速どういう投資があるのか記事を読んでみてください。

上の条件を満たしていない人は、投資を始めるよりはまずはまとまったお金を用意するか、転職もしくは副業をして収入を増やした方がいいです。

なぜなら、資産運用をして50%の利益が出た場合、

100万円を用意:50万円の利益

10万円を用意:5万円の利益

というように、資産運用を始めたときの金額が少ないと、得られる効果は小さくなってしまいます。

ですのでまとまったお金を用意できていない人は、後述する方法でまずは最低30万円(できれば50〜100万円)を用意しましょう!

なるラクが実践している資産運用のコンセプト

私(なるラク)が実践している資産運用方法はあるコンセプトに基づいています。

それは、サイトの名前の由来でもある「なるべく楽に資産運用をする」というコンセプトです。

私は普段は会社員として働きつつ、副業(webサイト運営)をしているので、資産運用に回せる時間は少ししかありません。

できるだけ時間をかけずに放っておいても利益が出る資産運用方法じゃないと、会社員+副業との掛け持ちができないわけです。

また自分がうまく稼ぐことができたら、過去の私と同じような悩みを持っている人に紹介したいと思ったので、できるだけ簡単で手間がかからない(=なるべく楽)で、再現性が高い(=誰でも同じように稼げる)方法でなければ、紹介しても記事を読んでくださっているあなたの役に立ちません。

なので、なるべく楽と他の人に紹介しても恥ずかしくないという2点を重視して資産運用を行っています。

投資に使えるお金が全然ない人(30万円未満)

年収が少ない人

まずは転職するか副業をして年収を上げましょう。

年収が400万円以下の人は副業をするよりも転職した方が収入の伸び方は大きいので、まずは転職活動をしてみましょう。

初めての転職だと不安も少なくないと思いますが、日本もドンドン転職しやすい&転職が当たり前の社会になってきているので、まずは一歩踏み出してみましょう。

「自分の実力で転職できるのかな?」「転職って何をしたらいいんだろう…」という不安を感じる人も多いので(実際に私もそうでした)、そういった人は転職エージェントを使うのがおすすめです。

各業界の転職市場の動きや、今後のキャリア、職務経歴書の書き方、面接の対策までいろいろな悩みに親身に相談に乗ってくれるので、初めての転職の人にこそおすすめです!

エージェントを挟まずに直接応募する方法もありますが、初めての転職ではうまくいかないことが多々あります。

私も何度か転職していますが、毎回エージェントを使って転職をしています。相談できる人がいるというのはそれだけで気持ちが圧倒的に楽になります。

おすすめは

1位:DODA(デューダ)|個人的に一番使いやすかった&転職が成功しやすかった

2位:リクルートエージェント|業界最大手

3位:JACリクルートメント

doda

エージェントの質も求人数もバランスがいいのがdodaです。

私は転職する際は毎回2〜3社のエージェントを使っているのですが、転職成功回数が一番多かったのもdodaです。

求人は若干リクルートよりは少ないですが、リクルートに比べてサイトがとても使いやすく、書類通過率もdodaの方が全体的に高かったです。

リクルートで申し込んで書類選考で落ちた求人に、dodaで申し込んだら合格になったというのもありました。

(エージェントの実力差なのかもしれませんが)

リクルートエージェント

業界で最大手なだけあって、求人数は圧倒的No.1です。

求人が一番多く、エージェントの質も平均して高いのがdodaです。

JACリクルートメント

日本大手・有名外資企業への書類通過率はJACリクルートメントを利用した時が一番高かったです。

dodaやリクルートのエージェントと違って、エージェント側が求人者の職務経歴を見て企業に紹介しても問題ないかを判断しているため、職務経歴で能力不足と判断されると、そもそも求人に応募できません。

どちらかというとハイクラス向けの転職エージェントになるので、1度目の転職時には選べる求人が少ないかもしれませんが、自分の現在の実力を確認するという意味でも登録してエージェントと話をするだけでもかなり参考になりますよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる