モラタメとは|メリット・デメリット・口コミ評判・安全性・危険性・アプリを評価

モラタメとは|メリット・デメリット・口コミ評判・安全性・危険性・アプリを評価
  • URLをコピーしました!

この記事では、ポイントサイトを始めたばかりの初心者に向けて、モラタメがどういうサイトか、安全性や稼ぎ方、メリット・デメリットなどを紹介していきます。まとめています。

  • モラタメってどういうポイントサイト?
  • ここでポイ活しても安全?

こういった疑問に回答していきます。

このサイトでは、「ポイ活以外の副業」もいろいろと紹介しているので、よかったらご覧になってみてください。

この記事の信頼性

なるらく

この記事を書いている私はポイ活を始めて6年目。仕事の関係上、ポイントサイトのビジネスの裏側まで詳しいです。

なるらく(@naruraku_asset

  • 広告代理店でポイントサイトの運営者と仕事
  • これまでにポイ活で稼いだ金額:30万円超
  • 登録したポイントサイト:15サイト
ポイ活する人に読まれている記事

▼ポイ活におすすめなサイトはこちら!

ポイントサイトのおすすめランキング

【1位】モッピー|利用者数No.1

【2位】ハピタス|使いやすさと還元率はNo.1

【3位】げん玉|総合力トップクラス

 

目次

モラタメの基本情報

モラタメの稼ぎ方・コツ・攻略まとめ2

モラタメ(モラタメ.net)はいわゆるサンプルサイトです。無料または少額で新商品や話題の商品が貰うことが出来ます。

運営している株式会社ドゥ・ハウスは、上場企業ではありませんが、30年以上の経営実があり、さらに績数年後の株式公開を目指しているとのこと。

主要取引先の90%が一部上場クラスの大手企業となっており、経営は安定していると言えます。

コメントとトラックバックを利用すれば、ポイントを貯めて電子マネーを手に入れることも可能です。

登録に住所・生年月日は必要ですが、名前は不要です。ただし「モラえる」、「タメせる」という機能を利用される方は、商品を発送してもらう際に必ず住所の入力が必要になります。

この「モラえる」と「タメせる」が特徴的なサイトです。

モラえるでは、カップヌードル リッチ 贅沢だしスッポンスープ味/贅沢とろみフカヒレスープ味などが貰えていました。

タメせるでは、日清のどん兵衛 鴨だしシリーズ2種5点セット」が実売1590円のところ900円で試せていました。

 

モラタメで稼ぐ方法・コツ一覧

モラタメの稼ぎ方・コツ・攻略まとめ3
  • 「モラえる」は応募した商品が当選したら無料で貰える
  • 「タメせる」は無料で商品が貰えないが、実売価格より安く購入できる
  • 届いた商品の感想を投稿することでポイントを獲得
  • 友達紹介では1件20ポイントと大手ポイントサイトと比較すると低水準
  • 2ティア制度がないので、友達紹介で稼げない
  • 友達紹介の方法がメールのみ
  • アフィリエイターの方々が紹介できない
  • モラタメ改善隊というサービスがあり、意見・要望を気軽に投稿できる
  • 最低換金額は1000ポイント(1000円)からと、少し高め。

モラえるとタメせる

モラえるは商品が無料で貰えるのが魅力的ですが、その分提供数が少なく当選する確率がかなり低いです。

一方タメせるは、提供数が多く気軽に応募することが出来ますが、商品は無料でなく、定価の何割かは自分で支払う形になります。

応募をするのに、アンケートに答える必要があります。。

モラえるは商品が無料で貰えるのが魅力的ですが、その分提供数が少なく当選する確率がかなり低いです。

一方タメせるは、提供数が多く気軽に応募することが出来ますが、商品は無料でなく、定価の何割かは自分で支払う形になります。

モラタメのコメントとトラックバックについて

モラえるやタメせるを利用して実際に商品が届いたら、コメントやトラックバックで感想を投稿することでポイントを獲得することが出来ます。

コメント:50ポイント
トラックバック:100ポイント

トラックバック方法はブログサービスによって異なりますので、各ブログサイトの使用方法を確認してください。

また、自分用のブログを持っていない方はトラックバックをすることが出来ません。

モラタメの紹介制度・リファーラル制度

モラタメは友達紹介制度を実装しています。お友達招待より招待状を作成し、友達に送って登録してくれれば、編集部から20ポイントプレゼントされます。

リファーラル制度については、今のところ存在しません。

ですので、紹介した友達がいくらポイントを獲得しようが、あなたに還元されることはありません。

また、友達紹介もメールでしか出来ない仕様となっており、ブログやSNSでは紹介できません。

アフィリエイターでもメルマガを利用している人以外は、そもそも紹介すること自体が難しくなっています。

ポイントサイトの友達制度を本格的に活用するなら、ブログやウェブサイトの作成が必須です。

やり方や仕組みなどは下の記事で紹介していますので、ご覧になってみてください。

モラタメは安全?危険性はない?

先ほども簡単に紹介しましたが、モラタメ運営会社の『株式会社ドゥ・ハウス』は、資本金8億1000万円、従業員数 126名、40年近く経営が続く老舗の会社です。

運営会社がしっかりしているので、安全ということができます。

また、外部機関から安全性が一定レベル以上あることを保証された「プライバシーマーク」の取得企業でもありますし、SSL化対応もしているので、危険性はほぼない(=他の大手ポイントサイトと同じぐらい)といえます。

モラタメの口コミ・評判

モラタメの口コミ・評判を見てみると、商品をもらえて喜んでいる投稿が多くなっていました。

 

https://twitter.com/kir0ku/status/1486227288664408068

 

まとめ|モラタメよりもモッピーを利用しよう

げん玉の稼ぎ方・コツ・攻略まとめ12

以上、モラタメでの稼ぎ方について紹介しました。

モラタメをうまく使うことで、お小遣いを稼ぐことができますので、みなさんもぜひポイントサイトでのお小遣い稼ぎに挑戦してみてください。

この記事では、モラタメについて紹介しましたが、正直なところ、ポイントサイトで一番オススメできるのは「モッピー」というサイトです。

モラタメでも稼げないことはないのですが、利用者はモッピーの方が圧倒的に多くなっています。

お金が欲しいのはみんな同じ。

どのポイントサイトからお小遣い稼ぎをスタートしても、みんな「もっと稼ぎたい!」と思っていろいろ試行錯誤すると、最終的にモッピーに行き着いてしまうんですね。

そういった理由があって、利用者数No.1はモッピーになっているのです。

ですので、モラタメも悪くありませんが、どうせ始めるならモッピーでポイントサイト生活を始めることをオススメします。

ポイ活に興味を持っているということは、お金を稼ぎたいという想いを秘めているはず!

ポイ活は誰でも稼ぎやすい副業なので、ここは必須でマスターしつつ、慣れてきたらさらに稼げる副業をやって、働かずに毎月30万円が入ってくる生活を目指しましょう!

 

私もその状態を目指して毎日副業を頑張っています♪

自動で毎月30万円の収入を作るための方法は、このサイトで紹介しているので、下のステップを参考にあなたも一緒に資産の副業方法や

 

STEP
まずはポイ活をマスターする

まずはポイントサイトでの稼ぎ方をマスターしていきましょう!

節約方法とポイントサイトの活用術、あとはメルカリを使えば、30万円は割と簡単に稼ぐことができるので、「副業や転職はハードルが高いな」という人は、まずはここから始めてみてください♪

STEP
もっと稼げる自分に合った副業を見つける

転職するか副業するかして、毎月の収入を伸ばしていきましょう。

100種類以上の副業について調査した私が一番オススメする最強の副業は、ユーチューバーやインスタグラマー、ブロガーに代表される「情報発信」という副業です。

やり方についてはサイト内で詳しく紹介しているので、副業でガンガン稼いでいきたいという人は、そちらの記事も読んでみてください!

 

副業について詳しく知りたい人は

副業の始め方がわからないという人は

STEP
最強の副業で月100万円を稼ぐ

私が最強にオススメする副業は、情報発信=ブログアフィリエイトです。

私が稼いだノウハウなどをふんだんにこのサイトでは紹介しているので、副業からスタートして独立したいというような願望がある人はぜひ↓↓の記事を読んでみてください!

副業で月100万円以上稼ぎたい人は↓

STEP
最後は自動でお金が入ってくる状態を目指そう

お金が欲しくて副業を始めた人が、最後に目指すのがこの状態です。

働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作れば、自分のしたい仕事にチャレンジすることや、好きな場所に長期旅行することもできます!

毎月40万円も収入が増えたら、めちゃくちゃできることが増えますよね?

あなたが私と同じように「収入を増やしたい!」という気持ちを持っているのであれば、下の記事は参考になると思うのでぜひご覧になって、行動を起こしてみてください!

モラタメとは|メリット・デメリット・口コミ評判・安全性・危険性・アプリを評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次