UPbit(アップビット)の特徴・評判・手数料|仮想通貨取引所

UPbit(アップビット)の特徴・評判・手数料|仮想通貨取引所

この記事では、仮想通貨取引所のUPbit(アップビット)について、その特徴や評判を紹介しています。

おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック|利用者数No.1の取引所

【2位】GMOコイン|安心のGMOグループ

【3位】Bitbank|デイトレードするならここ

取引所名Upbit(アップビット)
日本語非対応
運営会社Dunamu Inc.
資本金
設立2017年
取り扱い通貨
セキュリティ2段階認証ログイン
コールドウォレット
現物取引手数料0.20%
BTC出金手数料
入金方法仮想通貨での送金

 

目次

UPbit(アップビット)の基本情報

Upbit(アップビット)の基本情報

Upbit(アップビット)は、韓国の仮想通貨取引所です。

運営会社は、カカオトークで有名な韓国企業の関係会社Dunamu Inc.で、海外の大手取引所であるBittrex(ビットレックス)と提携しています。

そのため、売買できるアルトコインの種類が多くなっており、本家のBittrex(ビットレックス)には及びませんが、124種類(2018年3月時点)のアルトコインを売買できる仮想通貨取引所となっています。

韓国国内の取引所の中では、最も多くの通貨を取り扱っています。

設立は2017年10月〜11月にかけてオープンした取引所ですが、すでに世界でもトップ10に入るほどに成長しており、本家のBittrexを凌ぐほどの取引高を誇っています。韓国でいかに仮想通貨が流行っているかがよくわかる結果となっています。

スマホアプリにも対応しているのですが、日本語にも英語にも対応していません。

というのも、基本的に韓国に居住している人以外は登録できない取引所であるため、外国語には対応していないというわけです。

 

Upbit(アップビット)の特徴

Upbit(アップビット)の特徴
  • Upbit(アップビット)は韓国の取引所
  • Bittrex(ビットレックス)と提携しているため売買できるアルトコインが豊富
  • 手数料は本家Bittrexよりも安い

 

 Upbit(アップビット)の特徴は上記のようになります。

Upbit(アップビット)のメリット

  • BIttrexよりも手数料が安い

 

Bittrexよりも手数料が安い

Upbitでは、キャンペーン中ということもあり、BTC建やETH建の取引は手数料0.20%となっています。

これでも十分魅力的ではありますが、KRW建、つまり韓国ウォンで売買する場合の手数料は0.05%で済みます。

とはいえBinanceに比べると手数料は高いですし、わざわざ使うメリットはありません。

 
 

Upbit(アップビット)のデメリット

  • 現在アカウントを作成できるのは韓国在住者のみ
  • サイトは韓国語と英語に対応(日本語には未対応)

 

現在アカウントを作成できるのは韓国在住者のみ

UPbitは韓国在住者にしかアカウント開設を認めていません。

国籍が日本の人は、コインチェックで口座開設後、Binanceの口座を開設しましょう。

サイトは韓国語と英語に対応(日本語には未対応)

UPbitのサイトは、2017年時点だと韓国語のみの対応でしたが、その後英語の対応が進みました。

しかし2021年になっても日本語には対応していません。

 

Upbit(アップビット)の取引手数料

KRWマーケットBTCマーケットETHマーケットUSDTマーケット
0.139%→0.05%0.25%→0.2%

 

Upbit(アップビット)の評判・口コミ

Upbit(アップビット)の評判・口コミを見ていましたが、日本では利用できないということもあり、レビューのような口コミはありませんでした。

ただ、Upbitが韓国で浸透している様子や、カカオトークの子会社が運営しているという事実から、Upbitの将来性が高そうと見込んでいる人が多い印象でした。
Upbitは日本人は使えませんので、同レベルの取引所を使いたい場合は、Binanceなどを利用するのがよいでしょう。

upbitの値動きとかニュースもチェックしたいんだけど英語対応してくれ~( ;∀;)

— はれ (@muscle_cypto) 2018年3月17日

そういえば先日仕事で韓国行ったんですよ
飛行機降りるとき前の席のおばさん(おそらく韓国人)がスマホで韓国大手取引所の「upbit」開いてるのを見たんですよ
韓国では暗号通貨投資が浸透してるんだなーと思ったわけですよ

— モナコーヒー(デザインオフィスbard) (@design_bard) 2018年3月14日

仮想通貨取引所「UpBit」を子会社に持つ韓国の「Kakao」が2018年中に、仮想通貨を同社のサービスの一部にすることを発表。
KakaoPay(サービス開始初月でユーザー300万人突破)のアプリ内に
仮想通貨を送金できる機能追加も発表。

— NOAH COIN    ICO案件 暗号通貨 為替 保険 金融情報 (@World_ale_coin) 2018年3月13日

 

Upbit(アップビット)のセキュリティ・安全性

  • 2段階認証がある
  • コールドウォレットがある

 

Upbit(アップビット)では、ほかの取引所と同様に、コールドウォレットでの管理及び、2段階認証を採用していることになっています。

コインチェックでも問題になりましたが、コールドウォレットで管理しているというのは、あくまでも取引所の言い分を信じるしかない状況です。

2段階認証がある限り、コインが勝手に送金されるといったリスクは低いのですが、取引所の管理体制はどこの取引所も不明で、管理体制の甘さを疲れるリスクが常に存在することだけは忘れないようにしましょう。

  

Upbit(アップビット)の口座作成方法・売買方法

Upbit(アップビット)の口座作成は、Upbit(アップビット)のホームページからカカオアカウントを利用して登録ができます。

 

  1. Upbit(アップビット)のHPに行く
  2. カカオアカウントを利用して登録する

 

Upbit(アップビット)の入金・出金・送金方法

Upbit(アップビット)の入金・出金・送金方法も、別記事で紹介予定ですので、しばらくお待ちください。
 
Upbit(アップビット)に入金するにしても出金するにしても、日本円で入出金が可能な取引所で口座を開設して、BTCなどで送金する必要があります。

せっかく海外の取引所に口座を開設しても、国内の取引所の口座をもっていないと意味がありません。

まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 


 

まとめ

以上、Upbit(アップビット)について、その特徴や評判などを紹介しました。

仮想通貨は投資で稼ぐこともできますし、マイニングやアフィリエイトでも稼ぐことができます。色々な稼ぎ方を紹介していますので、興味がある方は下の記事もご覧になってみてください。

仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

 


オススメの副業・稼ぎ方はこちら
アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる