【競合調査は超簡単】ライバルサイトやブログのアクセス数をチェックをしてみよう

【SEOの競合調査は超簡単】ライバルサイトやブログのアクセス数をチェックをしてみよう
  • URLをコピーしました!

この記事では、アフィリエイト/ ブログをこれから始める〜1年目の初心者に向けて、競合サイトをチェックする方法を紹介しています。

よく「ライバルサイトのチェックが大事」ということを聞きませんか?

でも「一体どうやったらチェックできるの?」「何をチェックしたらいいの?」という問題が生じます。私もそうでした。

基本的なチェックは、ツールを使って簡単にできますし、チェックする項目も少ないので大丈夫です。競合チェックがうまくなっています。

この記事の信頼性

なるらく

この記事を書いている私は、ブログ歴4年。アフィリエイトの仕事をしていて、ASPの人と働いています。

  • Web広告代理店でアフィリエイト担当
  • 仮想通貨ブログ収入:最高 300 万円 / 月
  • VODブログ収入:最高 100 万円/月
目次

SEO競合サイトの調査に使えるツール

競合サイトのチェックに使えるツールで有名なのが、「Google検索」「SimilarWeb」「ahrefs」「SEOチェキ」「mozバー」です。

Google検索

ツールじゃありませんが、これが一番です。

SEOでは、結局Googleの検索アルゴリズムで上位表示できるかどうかなので、さまざまなツールにお金を払って細かいデータを取るよりも、Google検索をしてライバルサイトの質をチェックするのが一番です。

ahrefs

トップアフィリエイターはみな使っているツールです。

しかし、利用料が最安プランでも月1万円からと高いので、初心者の方には無縁のツールでもあります。

何ができるかだけ紹介していますので、月40万円〜50万円を安定して稼ぐようになってきたら利用を検討してみるといいでしょう。それ以下の収入の場合は不要です。

ahrefsでできること

  • 競合サイトがどんなキーワードで上位表示しているのか知る
  • ナチュラルリンク集めの参考に競合がどんなところからリンクを貰っているのか知る
  • 自社サイトのどのページが1番リンク獲得できているのか知る
  • どんなところからリンクを貰っているのか知る
  • 特定キーワードの上位表示ページの傾向を知る

SimilarWeb

大雑把に他サイトのアクセス数を確認することができるツールです。

有料の方がさまざまなデータを確認できますが、無料でも役に立つので、これで競合分析をしていきます。

SEOチェキ

SEOチェキ!はSEOに特化した無料ツールで、メタディスクリプションやキーワード、タイトルタグなどの情報がチェックできます。

読まれるための記事タイトルと、SEOでGoogleに評価されるためのh1タイトルは違うことも多くあるので、ライバルや参考にしているサイトがどういう風にタイトルをつけているのかを知ることができます。

また競合サイトのリンク数も確認できますが、「リンク数が多い=SEOに強い」という単純なものではありませんので、あくまでも参考程度にしておきましょう。

> SEOチェキのサイトへ

mozバー

Mozバーという機能を利用すると、そのサイトのドメインパワーをおおよそですが、知ることができます。

Mozが独自基準であるDAとPAという指標が表示されます。

  • DA:ドメインのもつパワー
  • PA:ページのもつパワー

と考えればOKです。

上位表示のサイトは、特にDAが高い傾向にあります。このDAを上げるのは並大抵のことではありません。

>> mozバーのインストールページへ

具体的な競合調査方法

STEP
Google検索でリスティング広告をチェック

一にも二にも「ググること」がSEOをしていく上では効果的です。1位になりたいと思っているキーワードで検索しましょう。

STEP
上位10位に大手企業や有名サイト、専門サイトがあるかチェック

次に上位10位以内のサイト(1ページ目表示)のサイトをザッとチェックします。

大手企業のサイトやSEOのノウハウを持った法人がお金をかけて作ったメディアが上位の場合、そのキーワードは諦めた方がいいでしょう。

企業の公式サイトやサービスのページの情報が上位を占めている場合などは、上位表示は難しくなります。

STEP
SimilarWebで1位〜3位と5位、10位のサイトのアクセス数をチェック

サイトのおおよそのアクセス数を把握できるツール「SimilarWeb」を使って競合サイトのアクセス数を調べます。

全部調べる必要はありません。1位を最初に調べてアクセス数が10万以下ならそのキーワードは狙ってもOK。なんとか勝てる範囲です。

STEP
競合サイトのh2タイトルとh3タイトルを書き出す

手順3までで、そのキーワードを狙うかどうかが決まりましたので、あとは競合サイトのコンテンツ(=記事の中身)をチェックします。

とりあえずそこまで細かく必要はなく、h2タイトルぐらいでも初めは十分です。

難易度の高いキーワードを狙っていく場合は、h3タイトルも書き出して、競合のコンテンツには何が含まれているのか?を把握していきます。

どのコンテンツにも含まれている共通コンテンツがあれば、それは「書いていないとヤバい内容」と判断できます。

STEP
おまけ

mozバーやSEOチェキで競合チェックもしてみると、また違った情報が得られます。

他サイトがタイトルをどうしているか、メタディスクリプションをどうしているかなどがわかるので、時間があれば利用してみましょう。

思わぬ気づきが得られる場合もあります。

手順1. ググって広告が多いかチェック

Google Chromeのシークレットモードを使って、目的のキーワードでググります。

シークレットモードを使わないと、あなたの検索・クリック傾向に合わせた結果が表示されてしまうためです。

「Ctrl + Shift + N」を押すことで、シークレットモードを開けます。

グーグルでは検索結果の上部に0〜4つの広告が表示されますが、これが4つ出ているキーワードは難易度が高いと言えます。

例として『証券口座』を検索しましたが、4つ広告が出ているので、難易度が高いキーワードです。

なぜかというと、「SEOでの上位表示は困難」「お金を払ってでもお釣りがくる」ことを意味しますので、SEO難易度は高いことが読み取れます。

手順2. 上位表示のサイトをチェック

次に、広告の下に表示されている上位表示のサイトを確認します。

アクセスを集めるには、1ページ目(上位10位)に表示される必要があります。

10位以下では、1ページ目に表示されないので、クリック率は劇的に低くなります。

なので、1ページ目に入れそうかの判断が重要となります。

証券口座の例で上位表示を確認してみます。

10位まで大手のサイトが続いているので、証券系のジャンルは難易度がかなり高いと言えます。

(実際めちゃくちゃハードルが高いです)

手順3. SimilarWebで競合調査

「SimilarWebの公式サイト」を開きます。

画面左上の赤枠の部分に、調子したいウェブサイトのURLを貼り付けて「Enterキー」を押せばOKです。

すると、解析結果が表示されます。

画面を下に少しスクロールすると、トラフィック概要という項目がありますので、ここの「合計訪問者数」だけ見ればOKです。

10位のキーワードでも100Kを超えていたら、そのキーワードで1ページで表示させるのはかなり難しいです。

K=1,000という意味なので、100Kの場合、毎月10万人が訪れているということです。

上位表示したいキーワードで「1位のページの合計訪問者数が100K以下」なら、積極的に狙います。

初心者のうちは、少なくとも「3位のページの合計訪問者数が100K以下」のキーワードを狙いましょう。5位まで100Kでも結構キツイです。

ほかにも、どういった経路でアクセスを集めているのかもわかりますし、

どういったワードで検索を集めているのかなどもわかります。

有料版になればもっとわかることが増えるので、資金に余裕がある方は利用してみましょう。

企業のウェブメディアを運営しているところは基本的にどこも使っています。

手順4. 競合のコンテンツチェック

そのキーワードを狙うべきか判断できましたので、SEO対策を練るために、ライバルのコンテンツで何が書かれているかをチェックします。

ここでめちゃくちゃ詳細に分析するのもありですが、分析を詳細にやっているとそれだけでかなりの時間がかかりますし、分析をやって満足感・達成感が得られてしまい、肝心の記事執筆が進まなくなってしまいます。

分析も大事ですが、「あなたのブログに価値を生むのは記事である」という大原則を忘れないようにしましょう。

おまけ. mozバーやSEOチェキで競合チェック

競合チェックでもっと相手のサイトのことが知りたいという方は、mozバーやSEOチェキを使ってみましょう。

SimilarWebでは得られない解析結果が得られるので、データを分析して判断したいという方は、これらも使ってみてください。

この分析はあくまで参考程度にしかならないので、「ふ〜ん、このサイトはこうなっているのか」程度のおまけとして使いましょう。

また、キーワード自体の難易度を数値で表示してくれる「SEOキーワード難易度チェックツール」というものもあります。数字で難易度を表してくれるので、細かいことを考えるのが苦手な方は、これを利用してみるのもアリです。

Google Chromeの拡張機能mozでドメインパワーを確認する

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう2

アフィリエイトブログを運営していく上で、競合調査というのは欠かせない作業の一つです。

今回ご紹介するのは、その競合調査に役立つツール『moz』。

競合がものすごく強いジャンルで一位を取ろうとすると、莫大な時間と労力をかける必要がありますが、あなたが使える人的・時間的リソース(資源)は限られています。

アフィリエイトで効率的に稼いでいくには、「どこのジャンルを攻めるべきか?」、「どのキーワードなら一位を取れそうか?」ということを決断し、限られたリソースを有効活用していかねばなりません。

いわゆる「選択と集中」というのが大事になってきます。

しかし、競合が強いかどうかを判断しようにも、競合のページの強さってよくわかりませんよね?

そこでmozの出番となるわけです。

 

moz barでできること

  • そのドメイン自体のパワーの確認
  • そのページのパワーの確認
  • 貼られているリンクの確認

 

独自の評価基準(リンクの貼られている数など)で、ブログドメイン自体のパワーと、そのページのページパワーを確認できます。

やはり検索上位に表示されるブログはこのドメインパワーが強くなっています。

※あくまで参考値なので、これが高いと絶対に上位表示できる、低いと上位表示されないというものではありませんのでご注意ください。

 

mozの使用例

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう3

実際にmozの利用例を紹介していきます。

緑枠で囲んだ部分にPAとDAというものがあります。

それぞれ「Page Authority」と「Domain Authority」の略で、直訳すると、ページの権威、ドメインの権威となります。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう4

それぞれ、Mozによる独自評価により算出された数値で、この数値があまりに低いページが、ビッグキーワードの検索でトップに来ることはありません。

逆に上位のページがそれほど高くないmozスコアのサイトが多ければ、1ページ目に表示することは可能と判断できます。

目安として、DAが30未満は個人サイト、80以上は大企業のサイトとなっています。

さらにLink Analysisをクリックすると、そのサイトがどのサイトからリンクをもらっているか(=被リンク)を確認できます。

被リンクを確認するのであれば、より適したツールもありますが、mozでも結構解析できるのでぜひ活用してみてください。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう5

moz barを使ってみよう

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう6

実際にmoz barを使ってみましょう。

ウェブブラウザでInternet ExplorerやEdge、Safariを利用している方は、まずはGoogle Chromeをインストールしてください。

❶ まずはGoogle ChromeでChromeウェブストアを開きましょう。

❷ 次に『moz』で検索すると、moz barというのが出てきます。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう7

❸ 追加をクリックしましょう。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう8

❹ 『Create Account』をクリックしてアカウントを作成します。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう9

❺ 上から順にユーザー名とEmailアドレス、パスワードを入力して、矢印の部分にチェックを入れ、『Create My Account』をクリックすれば完了です。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう10

❻ あとは検索したときに画面右上のmozマークをONにすればオッケーです。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】mozを使ってドメインパワーを確認しよう11

WordPressかどうか確認する方法

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】気になるあのサイトがWordPressを使っているか確認する2つの方法2

簡単に確認する方法としては2種類あって、ツールを使って確認する方法と、サイトのソース(プログラムのコード)を見て確認する方法があります。

ツールを使って確認する方法

IsItWP」というサイトで、サイトのURLを入力して確かめることができます。

サイトを開き、調べたいページのURLを入力、「ANALYZE WEBSITE」というところをクリック

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】気になるあのサイトがWordPressを使っているか確認する2つの方法3

Good newsと表示されれば、そのサイトはWordPressで作られています。

以下のように、Bad newsと表示された場合は、WordPressが使われていません。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】気になるあのサイトがWordPressを使っているか確認する2つの方法4

ソースで確認する方法

Google Chromeでは、そのサイトのソースコードを確認することができます。

調べたいページで右クリックを押し、「検証」を選択します。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】気になるあのサイトがWordPressを使っているか確認する2つの方法5

Ctrl+Fで検索ウインドウを表示し、「wp」や「wp-content」で検索します。検索がヒットすればWordPressサイトと判別できます。

【アフィリエイトのやり方講座 実践編】気になるあのサイトがWordPressを使っているか確認する2つの方法6

まとめ

以上、SEOのためのライバルサイトのチェック方法を紹介しました。

アフィリエイトブログで稼いでいくための手順

なるらく

アフィリエイトブログで稼いでいきたい人は、下記のようなステップでブログを作っていきましょう♪

アフィリエイトをこれから始める人は下のような流れで進めていきましょう

STEP
稼ぐためのサイトを作る

まずはサイトを作りましょう!

副業でガッツリ稼ぎたいのであればWordPressを使ってサイトを作成します。

手順は下の記事で詳しく紹介していますので、 参考にしながら設定を進めてみてください。

STEP
記事を書きつつ広告を掲載する

記事を書きながらASPにガンガン登録していきましょう。

どういう広告があるかわかると記事が書きやすくなります。

まずは初心者向けのASP3つに登録して、自分が書きたいジャンルの広告をいくつかチェックしてみましょう。

私の経験やオススメの転職サイトは、↓の記事で紹介しています。

STEP
サイトをパワーアップして収入を増やす

サイトの完成度を高めていくことでアクセスを増やしていきます。

デザインを整えたり、記事数を増やしたり、SNSからの流入を増やしたり、サイトの総合力を強化していくことで、自然と広告収入が増えていきます。

基本的なやり方は紹介していますので、参考にしてみてください。

STEP
アクセスを増やして収入を増やす

アクセス数の増やし方については、ブログ講座を参考にしてみてください♪

ブログ講座

ASP一覧

【SEOの競合調査は超簡単】ライバルサイトやブログのアクセス数をチェックをしてみよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次