【副業紹介#90】M2Eで稼ぐ方法とは|特徴・口コミ評判・やり方・始め方・メリット・デメリットを解説【Move to earn(ムーブトゥアーン)】

【副業紹介#90】M2Eで稼ぐ方法とは|特徴・口コミ評判・メリット・デメリットを解説【Move to earn(ムーブトゥアーン)】
  • URLをコピーしました!

この記事では、「歩いて稼げる!」ことで話題になったMove to earn(ムーブトゥアーン)について、その特徴やメリット・デメリットなどを紹介していきます。

2021年はPlay to Earn(プレイトゥアーン)が流行りました。2022年はM2Eがトレンドになっています。

 

この記事の信頼性

なるらく

この記事を書いている私は副業ブログ歴4年。副業についてはだいぶ詳しくなったので解説していきます。

  • Web広告代理店でアフィリエイト担当
  • 仮想通貨ブログ収入:最高 300万円/月
  • VODブログ収入:最高 100万円/月

▼副業の始め方

副業を始めるためのロードマップ|始め方をコンパクトに解説します

目次

【M2E】Move to earn(ムーブトゥアーン)とは

【M2E】Move to earn(ムーブトゥアーン)とは

Move to Earn(ムーブトゥアーン)は、「GameFi(ゲーミファイ)」の一種で、日本語に訳すと「稼ぐために歩く」という意味です。その名のとおり、歩くことで稼げます。

GameFiは、暗号資産業界の中でも特に注目を集めている分野の一つで、ゲームとDeFi(Decentralized Finance:分散型金融)を掛け合わせたオンラインゲームのことを指します。

Move to earn(ムーブトゥアーン)は、「M2E」と省略されることもあります。

M2Eでは歩くとゲーム内の仮想通貨がもらえるので、それを日本円に交換することで実際にショッピングに使うことができます。

Move to earn(ムーブトゥアーン)は、GameFiやPlay to Earn(プレイトゥアーン)の一種です。

似たようなジャンルに、

  • Sleep to Earn
  • Drive to Earn

などもあります。

GameFiとは、暗号資産業界の中でも特に注目を集めている分野の一つで、ゲームとDeFi(Decentralized Finance:分散型金融)を掛け合わせたオンラインゲームのことを指します。

ユーザーはゲームをプレイすることで、実際に暗号資産を稼ぐことが可能です。

Play-to-Earnとは

従来のオンラインゲームは、あくまで娯楽の一つとして考えられ、プレイヤーはよりレベルの高い装備やアイテムを手に入れるために、ゲーム内で課金をすることが一般的となっていました。

しかしGameFiでは「Play-to-Earn」、つまり「ゲームをプレイしながら実際にお金を稼ぐ」という仕組みが誕生しました。実際に、GameFiで収入を得ながら生計を立てているプレイヤーも現れています。

GameFiの仕組み

GameFiは、簡単に言えば「ブロックチェーン上でNFTゲームをプレイすることで暗号資産を稼ぐこと」を指します。プレイヤーはゲームの中で土地、アバター、コスチューム、武器などの様々なNFTを獲得し、それをNFTマーケットプレイスで他のプレイヤーと交換したり、暗号資産に換金するために売却することが可能です。

また、ゲーム内キャラクターのレベルアップ、クエストへの参加、自分の所有している土地や建物を他のプレイヤーに使ってもらうこと、トーナメントで他のプレイヤーと対戦し勝利をすることなどで、収益化を図ることもできるようになっています。

【M2E】Move to earn(ムーブトゥアーン)のメリット

  • 歩くだけでお金を稼げる
  • 仮想通貨やNFTに詳しくなれる
  • 健康になる
  • チートがほぼない

Move to earn(ムーブトゥアーン)のメリット①:歩くだけでお金を稼げる

NFT(ブロックチェーン)ゲームの最大の特徴は収益化ができるという点です。

NFTゲームは、育てたキャラクターや獲得したアイテム、ゲームによってはゲーム内の土地などがNFTトークン化されており、現実世界のNFTマーケットプレイスで自由に売買できます。

コピーや偽物が作れないという点があります。

オンラインゲームでは、アイテムをコピーしたり、自動レベル上げなど、そのため、強く育ったキャラクターやレアなアイテム等は、ゲームによっては非常に高く売れ、副業どころか本業として成り立つほどです。

【M2E】Move to earn(ムーブトゥアーン)のデメリット

  • アイテムを盗もうとして詐欺を持ちかけてくる人がいる
  • 損失が出る可能性がある

【M2E】Move to earn(ムーブトゥアーン)の始め方・やり方

各アプリによって始め方は少し違うので、詳細はM2Eアプリの個別記事をご覧になってみてください。

ここでは概要を解説していきます。

Move to earn(ムーブトゥアーン)アプリを始めるときの大まか流れは共通しています。

  1. 国内の仮想通貨取引所で口座を開設する
  2. ビットコインなどを購入する
  3. アプリをダウンロードする
  4. アプリに送金する
  5. 靴を購入後、歩いて稼ぎ始める

ユーザーは最初にMetaMaskをダウンロードし、Binanceコイン(BNB)を購入し、さらにそれをゲーム内通貨であるSKILLに交換する必要があります。

ウォレットを作成する
暗号資産とNFTを保管し、ゲーム内で取引を行うためにウォレットが必要となります。プレイしたいNFTゲームがどのブロックチェーン上に構築されているかによって、必要となるウォレットも変わります。例えば、イーサリアム上で展開されているゲームでは、イーサリアムベースのウォレットであるMetaMaskを使用することが一般的です。

RMT(リアルマネートレーディング)との違い

RMT(Real Money Trading=リアルマネートレーディング)とは、通常のオンラインゲーム内のキャラクターを育てたアカウントを他のユーザーに現金で売買したり、ユーザー同士でレアなアイテムを現金で売買したりすることです。

RMTは法律的には全く違法ではありませんが、ほぼ全てのオンラインゲームで禁止されています。見つかればアカウント停止(垢BAN)やアイテムの没収をくらいます。

また、SNSや掲示板を使った個人間のRMTでは、詐欺被害が多発しています。

詐欺に遭った人は、警察に被害届を出せば、運営にRMTを行おうとしていたことがバレて、アカウント停止を恐れて被害届を出さない人も居ます。

通常のオンラインゲームのアイテムやキャラクターは、コピーや改ざんが可能なただのデータです。対してNFTゲーム内のデータは、NFTトークンであり、コピーや改ざんが不可能な資産です。

そのため、NFTトークンは資産なのでむしろ売買が推奨されており、RMTは詐欺被害を防ぐためにも運営により禁止されているのです。

互換性があれば、データを共有できる
NFTゲームの中には他のNFTゲームと互換性を持つものがあり、育てたキャラクターやアイテムをそのゲーム同士で共有できます。

チート(改造)がほぼ使えず、みんなに平等である

従来のオンラインゲームは、悪意のあるプレイヤーが「チートツール」を使って、データ等の改ざんを行い、不正な利益を取得することがままあります。普通にプレイしているユーザーは、データを改ざん・改造したユーザーにはまず勝てません。

その点、NFTゲームはブロックチェーン技術の特徴である「分散管理」で他人がデータを改ざんしていないか監視しています。

仮にデータを改ざんしても、すぐに発見され元に戻されるため、データの改ざんは不可能と言えます。

Move to earn(ムーブトゥアーン)ゲームの種類

STEPN(ステップン)の成功をみて、同じようなM2Eゲームが大量に生まれています。

全部は紹介しきれないため代表的なものをピックアップして紹介します。

  • STEPN(ステップン)
  • Calorun(カロラン)
  • Runblox(ランブロックス)
  • Sweacoin(スウィートコイン)
  • Stepapp
  • Walken
  • Befitter
  • Aglet
  • Genopet

STEPN(ステップン)|Move to earn(ムーブトゥアーン)の王者

Move to earn(ムーブトゥアーン)で最も有名で、最も稼げたのがSTEPNです。

一番最初に有名になったM2Eゲームで、ほかのM2EゲームはほとんどSTEPNのゲームシステムをコピーしています。

これからM2Eを始めるのであれば一番おすすめです。

Calorun(カロラン)|

Binance(バイナンス)のハッカソン(プレゼン大会みたいなもの)で、表彰台に上がるほどの実績を見せています。

Move to Earnゲームの中では歴史は長い方で、ゲーム内通貨の下落も一番緩くなっています。

私もプレイ中です♪

Runblox(ランブロックス):話題性はトップレベルのMove to earn(ムーブトゥアーン)

元ZOZO社長の前澤さんがゲーム開発会社に投資していたことでも話題になったのがRunbloxです。

私もプレイしていますが、ゲーム性や人気は3番手以下といったところ。

あえてこのM2Eからスタートする必要はないですが、同時起動は可能なので、STEPN(ステップン)やCalorun(カロラン)と一緒にプレイするのがおすすめです♪

Sweatcoin:話題性はトップレベルのMove to earn(ムーブトゥアーン)

M2Eの中では一番プレイヤー数が多いのがSWEAT COIN。

ダウンロード数は世界で1億人を超えていると公式が発表しています。

無料で始められる分、稼げる金額は他のMove to earn(ムーブトゥアーン)アプリに比べると少ないですが、リスクが少ないので初めてプレイする人はここからがオススメです♪

STEP APP:話題性はトップレベルのMove to earn(ムーブトゥアーン)

元金メダリストのウサイン・ボルト氏が広告塔を務めるのがSTEPAPP(ステップアップ)。

プレイヤー数はそこまで多くはありませんが、M2Eアプリの中では一番有名な人を広告塔に使っていて、マーケティングに力を入れていると言えます。

M2Eはまだまだ認知度が低いので、うまく宣伝していったアプリが覇権を握る可能性があります。

そういう意味ではSTEPAPPには期待できますね♪

WALKEN(ウォークン):プレイヤー同士が戦うのが楽しいMove to earn(ムーブトゥアーン)

WALKENは他のM2Eアプリと少し違った仕組みをとっています。

プレイヤー同士で対戦するM2Eです。

プレイヤーのその日の歩数が戦闘力になり、その戦闘力の高さで勝負します。

STEPNerが併用している場合が多く、1日3万歩といった戦闘力を持つ人などがいてとても面白いアプリです。

このゲームを遊ぶのであれば、他のM2Eアプリとの併用をオススメします♪

AGLET:各ブランドとの提携が話題のMove to earn(ムーブトゥアーン)

NIKE(ナイキ)、Adidas(アディダス)、ASICS(アシックス)などなど、世界のトップブランドとの提携を発表しているのがAGLETです。

コラボしているブランド数はM2Eアプリの中でNo.1。

ゲーム性はポケモンGOなどに近く、マップ上に靴が落ちているので、その靴を拾い集めて稼いでいきます。

Genopet:

そういう人はまずは誰でも手軽に10万円をゲットできる方法や、現金が無料でもらえるお得なキャンペーンなどがあるので、それを利用してノーリスクで仮想通貨を購入してみましょう!

▼手軽に10万円をゲットする方法

▼現金が手に入るお得なキャンペーン



オススメの仮想通貨取引所について知りたい方はこちらもご覧になってみてください♪

仮想通貨取引所一覧

 

仮想通貨のアフィリエイトブログの始め方

まとめ|Move to Earnは可能性を秘めたWeb3.0ゲーム

以上、M2Eで稼ぐ方法について紹介しました。

Move to Earnは新しくできた概念で、まだまだ発展途上です。

プレイヤーもまだ少ないですし、開発も道半ばといったところ。

今後伸び代が大きいゲームなので、是非あなたもプレイして、歩いて稼ぐことの楽しさを味わってみてください♪

そういう人はまずは誰でも手軽に10万円をゲットできる方法や、現金が無料でもらえるお得なキャンペーンなどがあるので、それを利用してノーリスクで仮想通貨を購入してみましょう!

▼手軽に10万円をゲットする方法

▼現金が手に入るお得なキャンペーン



オススメの仮想通貨取引所について知りたい方はこちらもご覧になってみてください♪

仮想通貨取引所一覧

 

仮想通貨のアフィリエイトブログの始め方

なるらく

仮想通貨以外にも私が実践している資産運用方法稼いだ金額も紹介しているので、ぜひご覧になってみてください!

私が資産運用で稼いでいる金額が知りたい人はこちら

 

 

オススメの投資方法を知りたい人はこちら

 

 

資産運用は何から始めたらいいの?という人はこちら

【副業紹介#90】M2Eで稼ぐ方法とは|特徴・口コミ評判・メリット・デメリットを解説【Move to earn(ムーブトゥアーン)】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次