Aeternity(エターニティ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所


 

Aeternity(エターニティ)についての情報まとめ
通貨名 Aeternity(エターニティ)
通貨略号 AE
公開日 2017年
時価総額順位 下のRANK参照
発行枚数(上限枚数) AE
取り扱い国内取引所 なし
取り扱い海外取引所 Binance(バイナンス)
Liqui(リクイ)
etc.
公式サイト Aeternityの公式サイト
ホワイトペーパー AeternityのWhite Paper

目次

Aeternity(エターニティ)の基本情報

Aeternity(エターニティ)は、略号がAEの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年に公開されました。
Aeternityは、イーサリアムをベースとして処理速度をさらに上げたスマートコントラクト系の仮想通貨です。以前から、ビットコインではその取引スピードの遅さが指摘されており、世界で仮想通貨決済が普及するようになるには、取引スピードがクレジットカードと同程度まで改善される必要があると言われています。
そこで、世界中の技術者が、「決済のスピード問題を解決して世界中での決済に利用できる仮想通貨を開発しよう」と、さまざまな仮想通貨プロジェクトを進めていて、Aeternityもその中の一つです。
『State Channel(ステートチャネル)』という特徴的な機能が代名詞で、オフチェーンでもスマートコントラクトが実行される仕組みとなっています。
 
コンセンサスアルゴリズムは、PoW(Proof-of-Work)とPoS(Proof-of-Stake)を組み合わせた混合型のアルゴリズムになっています。これは『Cuckoo Cycle』とよばれています。最も優れているのは、スマートフォンでも新しいトークンを効率的にマイニングし、比類の無い分散化を達成できる点です。
aeternityはブロックチェーンの普及を進めるため、ウェブブラウザ統合とモバイルファースト(スマホ優先)で開発を進めています。aeternityで採用されているコンセンサスアルゴリズムは、電力効率に優れているので、スマホでのマイニングも可能になると見込まれています。
aeternityは、aeternityエスタブリッシュメントによって起業され、リヒテンシュタイン公国で法人化されています。aeternityでプロジェクトを構築するオープンソース開発者、起業家、新興企業を支援する基金も設立するそうです。
ほかにも、aeternityはブロックチェーンテクノロジーを実世界で使用していただくために、さまざまなセクターの企業と提携関係を結んでいるようです。
 

Aeternity(エターニティ)の特徴

  • 通貨の略号はAE
  • ステートチャネル
  • 分散型のオラクルシステムを採用
  • プログラミング言語にはErlangを使用

 

ステートチャネル

ステートチャネルを利用することで、スマートコントラクトの取引量の拡大が可能となります。ステートチャネルでは、実行も決済もオフチェーンで行われます。処理がメインチェーンと並行して行われ、契約条件の不一致といったトラブルが生じた場合だけ、aeternityのメインのブロックチェーンが裁判所のような機能をはたし、その問題を処理します。
オフチェーンでのスマートコントラクトの実行が可能なので、ブロックチェーン上で情報を公開せず、ユーザーは互いにプライベートで情報をやり取りできることになります。
これは、企業にとってはありがたい仕組みで、自社の記録をオフチェーンで処理できるので、取引データが公開されずに済みます。従来のように、データが完全に公開されているブロックチェーンでは、取引のデータから動向を察知される可能性が常につきまとっていました。ですので、このように、取引をパブリックに記録しないことは、多くのビジネスアプリケーションにとってきわめて重要です。
 

分散型のオラクルシステムを採用

スマートコントラクトの履行においては、外部条件によって契約が影響を受ける可能性があるという問題があります。
例えば、契約履行のタイミングで、契約条件の中に原油価格といった外部要因が含まれていると、その情報をどのように取得・処理するのかが問題になってきます。
分散型のオラクルシステムを使うと、改変不能なパブリックデータが提供されるので、そのデータに従ってコントラクトを履行することができます。ほかの多くのブロックチェーンでは、分散化には適していない構造になっているのに対し、aeternityのオラクルは分散化されています。
 

プログラミング言語にはErlangを使用

aeternityのコアブロックチェーンコードは『Erlang』という言語で書かれています。
Erlangは、ゼロからブロックチェーンを書くのに適していて、分散型、フォルトトレラント、ソフトリアルタイムで、高可用性のノンストップアプリケーションを開発するのが容易になり、優れた動作の安定性と性能を達成できます。
 

Aeternity(エターニティ)の価格推移・チャート

Aeternity(エターニティ)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。



 

Aeternity(エターニティ)の購入方法・取引所

Aeternity(エターニティ)を取り扱う世界の取引所は、下のとおりです。
Aeternity(エターニティ)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所3
国内の取引所では、Aeternityを購入できる取引所はありません。
海外の取引所では、Binance(バイナンス)やGate.io、Coinbene、Liqui(リクイ)などで売買することができます。

Binance

中国の会社によって運営されている取引所。2018年時点では取引量、手数料において世界一。売買できるアルトコインの種類は、100種類以上
手数料は0.05〜0.10%。当サイトもメインの取引所として活用中。
 
[仮想通貨取引所]  

まとめ

以上、Aeternity(エターニティ)について紹介しました。
[仮想通貨まとめ]  

[仮想通貨ラスト]  ]]>

コメント

コメントする

目次
閉じる