Gas(ガス)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名 Gas(ガス)
通貨略号 GAS
公開日 2017年
時価総額順位 下のRANK参照
発行上限枚数 1億GAS
取り扱い国内取引所 なし
取り扱い海外取引所 Poloniex(ポロニエックス)
etc.
公式サイト Gasの公式サイト
ホワイトペーパー Gasのホワイトペーパー

目次

Gas(ガス)の基本情報

Gas(ガス)は、略号がGASの仮想通貨(暗号通貨)です。2017年から売買できるようになりました。
中国初のオープンソースのブロックチェーンを利用した仮想通貨、『NEO(ネオ)』の燃料として使われる仮想通貨で、NeoGASとも呼ばれます。
ですので、Gasの運営会社や開発チームは、NEOと全く同じとなっています。
 
NEO自体は、「Chinese Ethereum(中国版イーサリアム)」や「Ethereum’s killer(イーサリアムの殺人者)」とよばれることもあり、中国だけでなく、世界中から注目されている仮想通貨です。
そのNEOを利用するための燃料トークンであるGASも注目を集めています。
本家のEthereumにもGasというものが存在しますが、EthereumのGasとは別のものとなるので、混同しないように注意してください。
 
Gasも元々はAntcoinsという名前でしたが、2017年6月に行われたAntsharesのカンファレンスでNEOが名称を変更したのと同時に、Gasに名称を変更しました。
GASはNEOの初期総量は0枚ですが、NEOでの取引などが処理されてブロックが生成するたびに、GASが生成していきます。
新しいブロックが発生するごとにGASが増えていきますが、ビットコインと同様に一定のブロック数ごとに、1度に生成するGASの量は減っていきます。
各ブロック間の間隔は約15-20秒で、約1年で200万ブロックが生成されます。
最初の年にGASの16%、4年間でGASの52%が作成され、12年間でGASの80%が作成されます。予定では、約22年かけて約1億GASに到達します。
 
NEOのネットワーク上では、1億NEOが稼働しているので、その燃料であるGASも日をおうごとに増加しています。2017年11月時点では、1,100万GASほどが生成されていて、取引所での売買も可能となっています。
時価総額としては40位前後ですが、今後GASの発行量は増えていくので、時価総額は上昇していくことものと思われます。
 

Gas(ガス)の特徴

Gas(ガス)の特徴・価格・チャート・取引所2

  • 通貨の略号はGAS
  • 発行上限枚数は100,000,000GAS
  • 中国発仮想通貨NEOの燃料トークンとして使用される
  • 名称がAntcoinsからGASに変更された

 

中国発仮想通貨NEOの燃料トークンとして使用される

GASは、中国版Ethereumとも呼ばれるNEOの燃料トークン、つまり、使用料として使われるトークンです。正式には、NeoGas(略称GAS)と呼ばれます。
NEOは、合計1億NEOが発行されていて、それぞれにネットワークを管理する権利が付いています。管理権には、簿記の投票、NEOネットワークパラメーターの変更などが含まれます。 NEOの最小単位は1です。ビットコインでは0.01BTCのような細分化ができますが、NEOでは0.01NEOといった小数点以下にトークンは細分化することはできません。
GASは、NEOネットワーク資源管理の実現のための燃料トークンであり、最大供給量は1億GASです。 NEOネットワークは、トークンとスマートコントラクトの運用と保管を請求し、簿記担当者に経済的インセンティブを与え、リソースの乱用を防止します。 GASの最小単位は0.00000001です。
NEOのネットワーク上では、すでに1億NEOが生成されていますが、GASはまだ生成されていません。 1億NEOに対応する1億GASは、NEOの保有に対処する約22年の時間内に減衰アルゴリズムによって生成されます。 NEOが新しいアドレスに転送された場合、代わりに生成されたGASは新しいアドレスに入金されます。
1億NEOに対応する1億GASは、NEOの保有に対処する約22年の時間内に減衰アルゴリズムによって生成されます。 NEOが新しいアドレスに転送された場合、代わりに生成されたGASは新しいアドレスに入金されます。
 

Gas(ガス)の価格推移・チャート

Gas(ガス)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。




Gasは、2017年7月から取引可能となっています。
取引開始直後は、1GAS=200円程度でしたが、2017年11月時点では、1GAS=2,000円付近で推移しています。
仮想通貨としては、価格の変動は比較的緩やかですが、GASの発行枚数がどんどん増えているので、時価総額は着実に上昇しています。
中国という非常に大きい市場での成長を見越すのであれば、注目しておきたい仮想通貨です。
 

Gas(ガス)の購入方法・取引所

Gas(ガス)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。
Gas(ガス)の特徴・価格・チャート・取引所3
日本の取引所では、Gasを売買できるところはありません。
海外の取引所では、Poloniex(ポロニエックス)、Binanceなどで取引が可能です。
 
海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。
マイナーな取引所では、あとで倒産や資金が取り出せないといった危険があるため、まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーコインチェックザイフで口座を開設しておくと安全です。
取引・送金手数料の安さ重視なら、コインチェックザイフセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。
それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。


 

まとめ

以上、Gas(ガス)について紹介しました。
この記事を読まれた方の中には、「Gasについて興味が出たけど、自分のお金で購入するのはちょっと不安 or 購入するお金がない」という方もいらっしゃるかと思います。
そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。
例えば、取引所のビットフライヤーのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。
 
下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
ビットコインなどの仮想通貨の取引を始めたいという方は、国内大手のビットフライヤーコインチェックザイフからどうぞ!

オススメの副業・稼ぎ方はこちら
アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから
◼︎コインチェックのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ビットフライヤーのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大23,000円
◼︎ザイフのアフィリエイトで稼ぐ方法(1人紹介:最大18,000円
◼︎ポイントサイトで稼ぐ方法(1人紹介:数百円紹介された人の獲得ポイントの30〜50%
◼︎モッピー(moppy)で月5,000円〜10,000円稼ぐ方法
◼︎ハピタスで月5,000円〜10,000円稼ぐ方法
 
ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 


]]>

コメント

コメントする

目次
閉じる