ステータス(Status)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

  • URLをコピーしました!

この記事では、仮想通貨のステータス(Status)について、その特徴・価格・チャート・取引所などを紹介しています。

この記事の信頼性

なるらく

この記事を書いている私は仮想通貨ブログ歴3年。コインチェックとBinanceをメインに使って取引しています。

  • 2017年から仮想通貨取引スタート
  • ADA,XRP,IOST,BNB,XEMあたりを保有
  • 仮想通貨ブログ収入:最高 300万円/月

▼ブログアフィリエイトの始め方

おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック|利用者数No.1の取引所

【2位】GMOコイン|安心のGMOグループ

【3位】Bitbank|デイトレードするならここ

通貨名ステータス(Status)
通貨略号STN
公開日2017年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数
取り扱い国内取引所なし
取り扱い海外取引所Bittrex(ビットレックス) Yunbi(ユンビ) HitBTC(ヒットビーティーシー) BTER Liqui(リクイ)
公式サイトStatusの公式サイト
ホワイトペーパーStatusのホワイトペーパー
WikiStatusのWiki
目次

ステータス(Status)の基本情報

ステータス(Status)は、略号がSTNの仮想通貨(暗号通貨)です。

Status(ステータス)はイーサリアムプラットフォームを利用した仮想通貨です。簡単に言うとWeChatやLINEのようなサービスです。

さらに分散型アプリケーション開発者にとっては、Statusプラットフォームを利用した様々なアプリケーションの提供が可能になります。

現在、iOSとAndroidにおいてα版(テスト版)のダウンロードが可能です。 StatusのICOは非常に話題を集めました。

期待値が高く参加者が急増したこともありますが、イーサリアム需要がICOにより高まったためです。

StatusのICOはイーサリアムを利用して行われ、一時的に送金が殺到。イーサリアムのネットワークが混雑し大幅な遅延が発生しました。

これにより需要が高まっていたイーサリアムは大幅に下落しています。StatusのICOは、1ETHあたり10,000SNTで行われました。

ステータス(Status)の特徴

  • 通貨の略号はSNT

ステータス(Status)の価格推移・チャート

ステータス4 ステータス(Status)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoなどで確認できます。

Statusは上場後、約0.06ドル(約6.7円)を付けました。数日後約0.04ドル(約4.5円)まで下落しますが、上場直後の価格を取り戻してきています。

ICOの価格が1ETHあたり10,000SNTだったため、イーサリアムを3万円で購入できていれば1SNTあたり3円、4万円なら4円で購入していることになります。

つまり、ICO価格の1.5倍~2倍になっているわけです。  

ステータス(Status)の購入方法・取引所

ステータス(Status)を取り扱う世界の取引所は下のとおりです。

ステータス5

国内の取引所では取り扱いはありません。 海外の取引所では、BittrexやYunbi、BTERなどで取引が可能となっています。

まとめ

以上、暗号資産(仮想通貨)のStatusについて紹介しました。

基本的には、他の暗号資産(仮想通貨)を購入することをオススメします。

オススメの仮想通貨取引所について知りたい方はこちらもご覧になってみてください♪

仮想通貨取引所一覧

 

なるらく

仮想通貨以外にも私が実践している資産運用方法稼いだ金額も紹介しているので、ぜひご覧になってみてください!

私が資産運用で稼いでいる金額が知りたい人はこちら

 

 

オススメの投資方法を知りたい人はこちら

 

 

資産運用は何から始めたらいいの?という人はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる