【副業紹介#73】読書感想文代行で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

現代の小学生は、塾にスポーツにと何かと忙しいのが実態です。

そんななか、国の教育方針も、ゆとり教育から再び勉強に力を入れる方向に転換がなされ、宿題の量も十分すぎるほどまでに復活しました。

そこでニーズが高まっているのが「宿題代行」の仕事。

特に需要があるのが長期休みの宿題の代行であり、さらにその中でも読書感想文代行は、苦手とする児童が多く、非常に依頼数が多い仕事です。

ここでは読書感想文代行の詳細やメリット・デメリットを紹介します。

 

 

目次

読書感想文代行の基本情報

読書感想文代行は、夏休みなどの長期休みの期間に宿題として出される「読書感想文」を代行する仕事。

在宅で自分の好きな時間に働くことが可能なため、副業としても注目されています。

読書感想文代行は、メールなどで感想文作成の依頼を受け次第、依頼者の要望に基づいて読書感想文を作成していきます。

文字数や指定図書などは依頼ごとに異なるので、確認が必要です。

また、依頼は「文書化まで」のタイプと、「文字まで似せて完璧に仕上げる」タイプの2つに分かれており、それぞれ報酬が異なります。

 

読書感想文代行にはどんな特徴があるの?

読書感想文代行にはどんな特徴があるの?

気になる読書感想文代行の報酬ですが、1枚(400文字)あたり3,500円から5,000円とばらつきがあります。

枚数が増えるごとに報酬は加算されていくシステムです。

感想文の内容だけを代行してあげる場合は、仕事の手間が少なくて済みます。

依頼者のお子さんの文字を真似て、完成品まで作るという依頼の場合には、当然報酬も高くなる傾向にあります。

  

読書感想文代行を副業に選ぶメリットは? 

  • 最低限の文書力があれば誰でも副業にできる
  • 在宅で好きなときに働くことが可能

 

最低限の文書力があれば誰でも副業にできる

読書感想文は小学生に出される課題ですから、そこまでレベルの高い文書力や表現は必要ありません。

むしろ上手すぎることの方がリアリティをなくしてしまい、代行業としては失敗になります。

ただ模範解答的な読書感想文を記載するだけですから、「文章は一切かけない!」という人以外は副業にすることができます。

  

在宅で好きなときに働くことが可能

これは宿題代行全般にいえることですが、納期さえ守れば、どこでいつ仕事をするかは自由

そのため、在宅で好きな時に働くことができ、副業として取り組みやすい仕事なのもメリットです。

  

読書感想文代行を副業に選ぶデメリットは?

読書感想文代行を副業に選ぶデメリットは?読書感想文代行を副業に選ぶデメリットは?

  • 安定した副業を望むなら、他の宿題代行との掛け持ちが必要

 

安定した副業を望むなら、他の宿題代行との掛け持ちが必要

読書感想文の課題を出されるのは、長期休みのタイミングだけです。

7月や8月の期間は稼ぐことができますが、その他の期間ではほぼ依頼がありません。

読書感想文代行一本では、安定的に収入を得るのが難しいのがデメリットといえます。

なお、他の宿題代行と掛け持ちができれば、安定した収入を得ることも可能です。

  

読書感想文代行の副業としての始め方

読書感想文代行の副業としての始め方

読書感想文代行を副業にするためには、宿題代行業者のスタッフとなり、仕事をもらう方法がスタンダードです。

その他にも、アウトソーシングサービスに個人登録をし、クライアントからの依頼を待つ方法が挙げられます。

ただ、実績もない個人に依頼をするといったケースは稀ですから、実績がない方は前者の方法で始めるのがおすすめです。

  

読書感想文代行の仕事を探せる主なサービス一覧

読書感想文代行の仕事は、以下のサービスから見つけることができます。興味がある人は、まずはそれぞれのサービスに登録して仕事を探してみましょう。

とくにオススメなのは、仕事の採用が決まると祝い金がもらえる「マッハバイト」です。

 

  

読書感想文代行はどういった人にオススメか?

読書感想文代行はどういった人にオススメか?

読書感想文代行の仕事は、コツコツと文書を書くことが苦にならない方におすすめです。

クライアントにとっては、確実に提出しなければならない宿題であるため、きっちりと期間内に納品できる責任感も持ち合わせておく必要があるでしょう。

 

まとめ|読書感想文代行は、他の宿題代行と併せてやるのにオススメの副業

まとめ|読書感想文代行は、他の宿題代行と併せてやるのにオススメの副業

読書感想文代行の仕事は、繁忙期と閑散期がはっきりしています。

そのため副業として成立させるためには、他の宿題代行と掛け持ちをするのがおすすめです。

ただし、特殊なスキルや高い文書力は求められず、誰でも気軽にスタートできるなどの多くのメリットもあり、やり方によってはオイシイ副業ということができます。

 

 

私は副業で月収300万を稼いでいたことがあり、今も資産1億円を30代のうちに作ってFIRE(経済的自立)を目指していろいろな副業を続けています。

もしあなたも資産1億円を作ることに興味があれば、私が本気でおすすめする副業を紹介していますので、下の記事もご覧になってみてください♪

 

STEP
毎年資産を100万円増やしたい

転職するか副業するかして、毎月の収入を伸ばしていきましょう。

これからの時代、日本でも2〜3回の転職は当たり前になってきます。

転職が不安という人も多いと思いますが、ワタシも3回の転職を経験していて本当にオススメだったサイトを紹介しているので、まずは自分の経験の市場価値を測る意味でも一度面談を受けてみることをお勧めします。

客観的な価値を知ることで自分の仕事への認識が変わって視野が広がるのでオススメですよ。

私の経験やオススメの転職サイトは、↓の記事で紹介しています。

 

副業の始め方については下の記事で紹介しているので、副業で収入を増やしたい人はこちらを確認してみてください。

STEP
毎年資産を500万円増やしたい

このレベルになると本業(会社員)の昇進や昇格だけで成し遂げることは難しいので、副業にガッツリ取り組んだり、スモールビジネスを起こす、あとは資産運用を組み合わせていく必要があります。

わたしは現在この段階にいて、毎月の収入を『サラリーマンとしての月給50万円』+『副業の月収40万円』という状態を目指して色々チャレンジしています。

毎月40万円も収入が増えたら、めちゃくちゃできることが増えますよね?

あなたが私と同じように「収入を増やしたい!」という気持ちを持っているのであれば、下の記事は参考になると思うのでぜひご覧になって、行動を起こしてみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる