【副業紹介#56】運転代行で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

飲酒運転に伴う痛ましい事故が多発しており、酒気帯び運転 ・飲酒運転が厳罰化されました。

いまや、一回の違反でも免許が取り消されてしまったり、停止処分になったりする状況です。

こうした時代の煽りも受けて、「運転代行」の需要が高まっています

ここでは運転代行を副業にする際の注意点やメリット・デメリットを紹介します。

当サイトでは、ほかにも様々な副業を紹介しているので、運転代行以外の副業についても知りたい方は、下の記事もご覧になってみてください。

 

目次

運転代行の基本情報

運転代行を利用するのは、車で飲食店に来たものの、お酒を飲んでしまったために運転できない人

電話やネット経由で依頼がありますので、依頼を受けたらスタッフ2人体制で車に乗って現地へ向かいます。

スタッフのうち一人はお客様の車を運転し、お客さんとともに目的地まで移動。

もう一人は、乗ってきた車であとを付いていきます。

目的地に着いたら料金を受け取って、一連の業務は終わり。

なお、お客さんを乗せるには二種免許が必要です。

つまり、スタッフ2人のうち1人は二種免許を持っている必要があります。

  

運転代行にはどんな特徴があるの?

運転代行にはどんな特徴があるの?

運転免許証さえ持っていれば、誰でも行える副業ですが、平均時給は1,000円から1,500円前後が相場です。

ただし、二種免許を持っていれば、更に時給はアップします。

歩合制の報酬体系の業者も存在し、その場合の相場は売上の30%から40%になります。

  

運転代行を副業として選ぶメリットは? 

  • 夜の空いた時間帯で稼ぐことができる
  • 求人が豊富

夜の空いた時間帯で稼ぐことができる

運転代行を副業にするメリットは、一般的な仕事の勤務時間とは違い、コアタイムが夜の8時から深夜の2時ということ。

そのため運転代行の一般的な勤務時間は、19時から翌朝4時前後です。

つまり、本職が終わって空いている夜の時間帯で副業を行うことができ、報酬を稼ぐことができます

  

求人が豊富

人々の飲酒運転に対する意識が高まり、運転代行は急激に社会に浸透しました。

そのため、求人が豊富に存在するのもメリットです。

特に繁華街エリアや、都市部近郊のベッドタウンなど、車を使わないとアクティビティや食事を楽しめないエリアは、特に代行の需要が高くなっています。

  

運転代行を副業として選ぶデメリットは?

運転代行を副業として選ぶデメリットは?

  • アルコールを飲んだお客さんの相手をしなければならない
  • お客さんの車の扱いに注意しなければならない

アルコールを飲んだお客さんの相手をしなければならない

運転代行を呼ぶ人は、何らかの理由があって運転ができない人たちです。

そしてその多くは、やはりアルコールを摂取しているという理由。普段は大人しい性格の方も、アルコールが入ると乱暴になるなど、正常な状態ではなくなることがあります。

そういった方がお客さんになるため、トラブルに巻き込まれることがあるのがデメリット。

相手の様子に常に注意を払い、異変があると感じたらとっさの対応をしなければなりません。

  

お客さんの車の扱いに注意しなければならない

二種免許を保有しており、お客様を乗せて運転する人は、お客さんの車を運転しなければなりません。

この場合、事故や接触などに気をつけることはもちろん、車の扱いについても注意を払う必要があることに気をつけてください。

車は第二のマイルームと呼ばれるほどプライベートな空間です。

ちょっと雑に扱ってお客さんの気分を損ねただけで、トラブルに発展しますので、細心の注意を払って、丁寧に運転してください。

 

運転代行の副業としての始め方

運転代行の副業としての始め方

運転代行を副業にする方法について紹介します。

運転代行の仕事は、アルバイト雑誌や求人サイトなどをリサーチすれば、簡単に見つけることができます。

そこから応募をして面接をパスすれば、運転代行をスタートさせられます。

また、需要が多い都市部に縁遠い方の場合には、仲間と協力し、独立開業するケースも存在します

車一台ともう一人スタッフがいればスタートできますので、イニシャルコストは低く独立して始める方も少なくありません。

  

運転代行の仕事を探せる主なサービス一覧

運転代行の仕事は、以下のサービスから見つけることができます。

興味がある人は、まずはそれぞれのサービスに登録して仕事を探してみましょう。

とくにオススメなのは、仕事の採用が決まると祝い金がもらえる「マッハバイト」です。

 

 
 

運転代行はどういった人にオススメか?

運転代行はどういった人にオススメか?

運転代行を副業にするのに向いている方は、夜の時間帯に空き時間がある方です。

他にも、車の運転を苦に思わない方が向いています。

他にも、眠気に強く、気配りができる方、精神的にタフな方が運転代行に向いています。

  

まとめ|運転代行は今後も底堅い副業

まとめ|運転代行は今後も底堅い副業

運転代行は、一般的な勤務時間帯が終わった後からでも働け、ある程度まとまった報酬を稼げる副業です。

一種免許だけでも働くことが可能ですが、二種免許を持っている方が報酬は高くなります。

インドア系の副業が苦手であり、車の運転が好きな方や酔っているお客様相手でも問題ないという方にはおすすめの副業ということができます。

 

 

私は副業で月収300万を稼いでいたことがあり、今も資産1億円を30代のうちに作ってFIRE(経済的自立)を目指していろいろな副業を続けています。

もしあなたも資産1億円を作ることに興味があれば、私が本気でおすすめする副業を紹介していますので、下の記事もご覧になってみてください♪

 

STEP
毎年資産を100万円増やしたい

転職するか副業するかして、毎月の収入を伸ばしていきましょう。

これからの時代、日本でも2〜3回の転職は当たり前になってきます。

転職が不安という人も多いと思いますが、ワタシも3回の転職を経験していて本当にオススメだったサイトを紹介しているので、まずは自分の経験の市場価値を測る意味でも一度面談を受けてみることをお勧めします。

客観的な価値を知ることで自分の仕事への認識が変わって視野が広がるのでオススメですよ。

私の経験やオススメの転職サイトは、↓の記事で紹介しています。

 

副業の始め方については下の記事で紹介しているので、副業で収入を増やしたい人はこちらを確認してみてください。

STEP
毎年資産を500万円増やしたい

このレベルになると本業(会社員)の昇進や昇格だけで成し遂げることは難しいので、副業にガッツリ取り組んだり、スモールビジネスを起こす、あとは資産運用を組み合わせていく必要があります。

わたしは現在この段階にいて、毎月の収入を『サラリーマンとしての月給50万円』+『副業の月収40万円』という状態を目指して色々チャレンジしています。

毎月40万円も収入が増えたら、めちゃくちゃできることが増えますよね?

あなたが私と同じように「収入を増やしたい!」という気持ちを持っているのであれば、下の記事は参考になると思うのでぜひご覧になって、行動を起こしてみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる