【副業#37】貸し倉庫で稼ぐ方法とは|特徴・評判・メリット・デメリット

  • URLをコピーしました!

副業を始めてみたはいいけれど、本業よりも一生懸命になり、本業に支障をきたすようになってしまった!なんて話をよく耳にします。

こういった場合におすすめなのが「不労所得」を実現できる副業です。

その筆頭格ともいえるのが、貸し倉庫。

ここでは貸し倉庫の特徴やメリット・デメリットを紹介しましょう。

当サイトでは、ほかにも様々な副業を紹介しています。もっと副業について知りたい方は、下の記事もご覧になってください。

なるらく

こんにちは!副業で最高月収300万円を稼いだ”なるラク”です。

 

目次

貸し倉庫の基本情報

貸し倉庫は、日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカでは市場規模が日本の30倍もあり、土地を持っている方にとってスタンダードな副業です。

普段あまり使わないけれど、処分できない荷物や、あまり周囲の人間に知られたくないものなどを、一時的に預けることができるサービスが「貸し倉庫」。

アメリカでは貧富の差が激しく、モノをたくさん持っている富裕層が貸し倉庫を利用しています。

日本でも、アメリカのように貧富の差が激しくなってきており、今後貸し倉庫の需要が高まると考えられます。

 

貸し倉庫にはどんな特徴があるの?

貸し倉庫にはどんな特徴があるの?

一口に貸し倉庫と言っても、さまざまな方法が存在します。

貸し倉庫型レンタルスペース型か、屋外室内かなど。

例えば、空き店舗やマンションの空き室を利用するなら、レンタルスペースの室内型がベストでしょう。

より大きなスペースで高額な報酬を得たいのであれば、コンテナなどを使った屋外型がオススメです。

報酬に関しても、どのようなスタイルで運用するかによって変わってきます。

例えば屋外型の貸し倉庫を運用する場合、コンテナを4機用意したとして、月額7,000円が賃料の相場

仮に満室の状態であれば、年間134万4,000円の賃料が入ってくる計算です。

ただし、コンテナを購入する初期費用がかかりますから、回収期間を考える必要があります。

 

貸し倉庫を副業に選ぶメリットは?

  • 高い利回りが期待できる
  • 管理の手間がかからない

 

高い利回りが期待できる

貸し倉庫を副業にするメリットは、やはり不労働所得が毎月入ってくること。

そして利回りが高いということです。

平均で20%が相場となっているため、かなり高い利回りと言えるでしょう。

管理の手間がかからない

賃貸物件のように、管理に大して手間がかからないということも大きなメリットです。

貸し倉庫を副業に選ぶデメリットは?

貸し倉庫を副業に選ぶデメリットは?
  • 借り手を見つけることが難しい

 

借り手を見つけることが難しい

貸し倉庫を始める際、ネックになるのが借り手を見つけることです。

貸し倉庫の利用者に多いのは、モノをたくさん持っている富裕層。

ただし、単純にちょっと土地を持っていて貸し倉庫を始めた人に、そういった富裕層との繋がりがあるでしょうか?

普段からネットワークが広い人ならば何とかなるでしょうが、一般の方にとっては、借り手を探すことが非常に難しいということができます。

 

貸し倉庫の副業としての始め方

貸し倉庫の副業としての始め方貸し倉庫の副業としての始め方

貸し倉庫を副業にしたい場合には、大きく3つの方法が挙げられます。

一つは完全に個人で行うといった方法。しかし上で紹介したように、これは何の知識もない素人の方にはハードルが高すぎます。

もう一つの方法は、フランチャイズを利用すること。

貸し倉庫の世界でもフランチャイズ展開している会社がありますから、それを利用すると便利です。

ただし本部へ収入の数十パーセントを支払う必要があります。

最後にサブリースを利用するやりかたです。

これは貸し倉庫販売業者に土地を貸し、後は全ておまかせ、毎月の家賃を受け取るという方法。

副業としては最もスタンダードです。

貸し倉庫の仕事を探せる主なサービス一覧

貸し倉庫の仕事は、以下のサービスから見つけることができます。

 

貸し倉庫はどういった人にオススメか?

貸し倉庫はどういった人にオススメか?貸し倉庫はどういった人にオススメか?

貸し倉庫が副業に向いている方は、すでに一定の広さの土地を保有していたり不動産を保有している人。

またはある程度の先行投資ができるほどの資金力があったり、借り入れができるような信用がある方と言えるでしょう。

その上で、労力や時間を費やして行う副業は嫌だという人に向いています。

まとめ|貸し倉庫は気軽に不労所得が得られる副業

まとめ|貸し倉庫は気軽に不労所得が得られる副業

貸し倉庫を始める場合、先行投資のために土地や資金といったものが必要になってきます。

しかし、気軽に不労働所得が得られるという点では、美味しい副業といえます。

初めての場合、ノウハウや知識がない状態からのスタートですので、フランチャイズやサブリースを利用することがベターです。

 

私は副業で月収300万を稼いでいたことがあり、今も資産1億円を30代のうちに作ってFIRE(経済的自立)を目指していろいろな副業を続けています。

もしあなたも資産1億円を作ることに興味があれば、私が本気でおすすめする副業を紹介していますので、下の記事もご覧になってみてください♪

 

STEP
毎年資産を10万円増やしたい

まずは節約術を身につけましょう!

節約方法とポイントサイトの活用術、あとはメルカリを使えば、30万円は割と簡単に稼ぐことができるので、「副業や転職はハードルが高いな」という人は、まずはここから始めてみてください♪

やり方はこちら

STEP
毎年資産を30万円増やしたい

ちょっとした副業を始めてみましょう。

副業を始めるのにおすすめのサービス

STEP
毎年資産を100万円増やしたい

転職するか副業するかして、毎月の収入を伸ばしていきましょう。

これからの時代、日本でも2〜3回の転職は当たり前になってきます。

転職が不安という人も多いと思いますが、ワタシも3回の転職を経験していて本当にオススメだったサイトを紹介しているので、まずは自分の経験の市場価値を測る意味でも一度面談を受けてみることをお勧めします。

客観的な価値を知ることで自分の仕事への認識が変わって視野が広がるのでオススメですよ。

私の経験やオススメの転職サイトは、↓の記事で紹介しています。

 

副業の始め方については下の記事で紹介しているので、副業で収入を増やしたい人はこちらを確認してみてください。

STEP
毎年資産を500万円増やしたい

このレベルになると本業(会社員)の昇進や昇格だけで成し遂げることは難しいので、副業にガッツリ取り組んだり、スモールビジネスを起こす、あとは資産運用を組み合わせていく必要があります。

わたしは現在この段階にいて、毎月の収入を『サラリーマンとしての月給50万円』+『副業の月収40万円』という状態を目指して色々チャレンジしています。

毎月40万円も収入が増えたら、めちゃくちゃできることが増えますよね?

あなたが私と同じように「収入を増やしたい!」という気持ちを持っているのであれば、下の記事は参考になると思うのでぜひご覧になって、行動を起こしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次