【副業紹介#35】退職代行で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

ブラック企業が社会問題になるに連れて、「退職代行」が話題になっています

ブラック企業から自分の身を守りたいと思っている方に重宝されている仕事ですが、一体どのような仕事内容なのでしょうか?

退職代行は副業として成立させることができるのか、メリットやデメリットにはどのようなものがあるのかも併せて紹介します。

当サイトでは、ほかにもさまざまな副業を紹介しています。 退職代行以外の副業についても知りたい方は、下の記事をご覧になってください。

 

  

 

目次

退職代行の基本情報

退職代行の仕事は、会社をやめたいと思っている依頼者に代わって、退職までに必要な諸手続きを代行するといった内容です。

会社との関係性は人それぞれ。

「会社を辞めるのが気まずい」と思う方は多く、退職のために出社をするのに抵抗がある、電話などの連絡をするのも抵抗があるという人たちが、こうしたサービスを利用します。

こういった依頼者の代わりに必要な手続きを行うのが退職代行の仕事です。

  

退職代行にはどんな特徴があるの?

退職代行にはどんな特徴があるの?
  • 退職したくても上司が怖くて言い出せない…
  • ブラックなので辞めたいと言っても辞めさせてもらえない…

このように「会社を辞めたくても辞められない」という方たちの代理で、退職の手続きをするのが退職代行の特徴です。

とは言ってもやるべきことは、基本的には退職をしたい旨を依頼主の会社に伝えるだけという、簡単なものです。

その際、保険証や離職票等を依頼者の自宅へ郵送してもらうようにお願いすることもあります。

法律上、会社に直接伺って、何かを交渉したりデスクやロッカーの片付けをするといった作業は、許されていません。

そのため、そうした会社に出向く作業は、行う必要がありません。

どちらかというと、依頼者の勤める会社への対処よりも、「依頼者のフォローをする」のが主な業務という特徴があります。

一件3万円から5万円が相場ですから、個人でスタートすればそれがそのまま報酬になります。

  

退職代行を副業に選ぶメリットは?

[アドセンス]
 

  • 困っている人を助けることができる
  • 時間をかけずに高い報酬が得られる

困っている人を助けることができる

退職代行を副業にするメリットは、退職処理という「嫌な作業」を依頼者の代わりにやり、それにより報酬を得られるということ。

退職したくても自分では言い出せないという人たちは、仕事のこと、会社のことなどで相当悩み苦しんでいる場合が多いです。

そのため、退職代行では、仕事を通じて困っている人を助けることができます。

やりがいのある仕事がしたいという人にとっては、大きなメリットということができます。 

時間をかけずに高い報酬が得られる

退職代行は、時間のかからない仕事です。

依頼者の働く企業と電話でやり取りしたり、依頼者と話をするなどの作業は伴いますが、長時間の作業などは不要。

それでいて3〜5万の報酬が入りますので、かなり儲かる副業といえます。

  

退職代行を副業に選ぶデメリットは?

退職代行を副業に選ぶデメリットは?

  • 依頼の数は正直少ない

依頼の数は正直少ない

退職代行の費用は、安くて3万円、相場では5万円前後かかります。

しかしこれから仕事を辞めて収入源がなくなるという人にとっての5万円は、かなり大きい出費です。

このため、「辞めます」と言い出せないなら、そのままバックレてしまえと考え、実行してしまう人が多いのです。

つまりコスト的な敷居が高すぎて、依頼の数が少ないのがデメリット。

特に個人で仕事を始める場合、すでに既存の有名業者が存在しているため、クライアントを確保するのが困難です。

副業として安定した収入を得るのは難しいといえます。

 

退職代行の副業としての始め方

退職代行の副業としての始め方

SNSを使うなどして、個人的に退職代行する方法と、代行業者などに所属する方法が挙げられます。

ただし、最初から個人で受注するのはかなり難しいので、代行業者への登録をオススメします。

退職代行を専門にしている業者もいますが、必要最低人数で仕事をしているため、新規での人材募集はなかなか行われていないのが現状です。

  

退職代行の仕事を探せる主なサービス一覧

退職代行の仕事は、以下のサービスから見つけることができます。

興味がある人は、まずはそれぞれのサービスに登録して仕事を探してみましょう。とくにオススメなのは、仕事の採用が決まると祝い金がもらえる「マッハバイト」です。

 

 

 

退職代行はどういった人にオススメか?

退職代行はどういった人にオススメか?

退職代行を副業にするのが向いている方は、困っている人を助けてあげたいという高い正義感を持った方です。

仕事内容は、依頼者の所属企業に連絡を入れるだけではありません。

依頼者は辞めたくても辞めることができないというところまで来ているので、多くの場合精神的に追い込まれてしまっています

こまめに相談に乗るなど、精神的な支えになってあげる必要もあるのです。

特別な資格取得は必要ありませんが、労務関係の法律等が詳しいと、かなり重宝されます。

  

まとめ|退職代行は、他の代行業と組み合わせるのがオススメの副業

まとめ|退職代行は、他の代行業と組み合わせるのがオススメの副業

退職代行は新しいサービスであり、依頼の数はまだそれほど多くありません。

副業として安定した報酬が得られるとは言い難いですが、今後もっと利用する人が増えてくる可能性もあります。

他の代行業と上手に組み合わせ、お小遣い稼ぎ程度に挑戦してみてください。

 

 

私は副業で月収300万を稼いでいたことがあり、今も資産1億円を30代のうちに作ってFIRE(経済的自立)を目指していろいろな副業を続けています。

もしあなたも資産1億円を作ることに興味があれば、私が本気でおすすめする副業を紹介していますので、下の記事もご覧になってみてください♪

 

STEP
毎年資産を100万円増やしたい

転職するか副業するかして、毎月の収入を伸ばしていきましょう。

これからの時代、日本でも2〜3回の転職は当たり前になってきます。

転職が不安という人も多いと思いますが、ワタシも3回の転職を経験していて本当にオススメだったサイトを紹介しているので、まずは自分の経験の市場価値を測る意味でも一度面談を受けてみることをお勧めします。

客観的な価値を知ることで自分の仕事への認識が変わって視野が広がるのでオススメですよ。

私の経験やオススメの転職サイトは、↓の記事で紹介しています。

 

副業の始め方については下の記事で紹介しているので、副業で収入を増やしたい人はこちらを確認してみてください。

STEP
毎年資産を500万円増やしたい

このレベルになると本業(会社員)の昇進や昇格だけで成し遂げることは難しいので、副業にガッツリ取り組んだり、スモールビジネスを起こす、あとは資産運用を組み合わせていく必要があります。

わたしは現在この段階にいて、毎月の収入を『サラリーマンとしての月給50万円』+『副業の月収40万円』という状態を目指して色々チャレンジしています。

毎月40万円も収入が増えたら、めちゃくちゃできることが増えますよね?

あなたが私と同じように「収入を増やしたい!」という気持ちを持っているのであれば、下の記事は参考になると思うのでぜひご覧になって、行動を起こしてみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる