【副業紹介#52】賞状書士で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

【副業紹介#52】賞状書士で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット
  • URLをコピーしました!

「賞状書士」という仕事をご存知でしょうか。

在宅で行える副業といえば、パソコンを使ったものがほとんど。

一方で、「パソコンは苦手」という方に広がっているのが、賞状書士の仕事です。

ここでは賞状書士とはどのような仕事なのか。またメリットやデメリットについて紹介していきます。

当サイトでは、ほかにも様々な副業を紹介しています。もっと副業について知りたい方は、下の記事もご覧になってください。

 

この記事の信頼性

なるらく

この記事を書いている私は副業ブログ歴4年。副業についてはだいぶ詳しくなったので解説していきます。

  • Web広告代理店でアフィリエイト担当
  • 仮想通貨ブログ収入:最高 300万円/月
  • VODブログ収入:最高 100万円/月

▼副業の始め方

副業を始めるためのロードマップ|始め方をコンパクトに解説します

目次

賞状書士の基本情報

賞状書士の主な仕事は、卒業証書やスポーツ大会などの賞状に対して、美しい文字を毛筆で書くというもの。

賞状ばかりではなく、贈答品などにつけるノシの表書きや、宛名書きなども付随して依頼されることがあります。

賞状書士の仕事は、世間ではそれほど知名度の高くない、マイナーな副業です。

しかし、「パソコンが苦手だけれど在宅ワークをしたい」という方を中心に、徐々に人気が高まっています。

 

賞状書士にはどんな特徴があるの?

賞状書士にはどんな特徴があるの?

賞状書士の最大の特徴は、毛筆一本持っていれば誰でも行うことができるということです。

子育てで忙しいママさんや、定年退職をした方でも問題なく行えます。

報酬は内容によってまちまちですが、賞状一枚につき2,000円から5,000円といった金額が相場になります。

資格取得の必要はありませんが、賞状技法師といった民間資格や書道の師範免許等を持っていると有利です。

 

賞状書士を副業に選ぶメリットは?

  • 評価が得られれば大きな収入も

評価が得られれば大きな収入も

在宅で手軽にできる仕事ではありますが、制作物の出来栄えが良ければ高い評価を得ることができます。

評価に従って実績が増えていけば、依頼が多く舞い込んでくる可能性も高いです。

また、賞状書士はまだまだ世間では知られていない副業の一つですから、毛筆に慣れ親しんだ環境にあり、美しく文字が書ける自信がある方は試しに始めてみるのをオススメします。

卒業証書などの依頼を手に入れることができれば、毎年まとまった金額の収入が入るため、目指して見る価値は大いにあります。

 

賞状書士を副業に選ぶデメリットは?

賞状書士を副業に選ぶデメリットは?
  • ゼロから始める場合は、時間がかかり不安定

ゼロから始める場合は、時間がかかり不安定

書道の経験などもなく、賞状技法師の資格なども持っていない状態から賞状書士の仕事を副業にしようとするのは、労力と時間がかかりすぎます。

やっとスキルを身に着けたと思っても、書道の師範や先に資格を取得している方に仕事は偏りますので、報酬は安定しない可能性が高いです。

後から始める場合には、報酬を副業として安定させるには時間や労力がかかり、副業として成立させるのが極めて難しいというのが、デメリットです。

 

賞状書士の副業としての始め方

賞状書士の副業としての始め方

賞状書士を副業にするには、日本賞状技法師協会などの団体に登録をしておき、必要に応じて仕事を紹介してもらうという方法があります。

他には個人でホームページなどを作り、自身で作成した文字のストックなどを紹介しながら営業するといった方法も挙げられます。

賞状のみにこだわらず、宛名書きなどでも問題ないという方であれば、アウトソーシングサイトで仕事を探す方法もおすすめです

 

賞状書士の仕事を探せる主なサービス一覧

賞状書士の仕事は、以下のサービスから見つけることができます。

 

賞状書士はどういった人にオススメか?

賞状書士はどういった人にオススメか?

賞状書士を副業にされるのに向いている方は、やはり毛筆で美しい文字が書ける方です。

他にも、幼い頃から毛筆に慣れ親しんだ環境にいる方です。

賞状書士の仕事で必要とされるスキルを学ぶのに有利なのは、やはり毛筆慣れされている方ですし、何が良いのか悪いのかを判断することも可能でしょう。

また集中力があり、良いものができるまで妥協をしないという精神も身についている可能性が高いため、賞状書士に向いていると言えるのです。

 

まとめ|賞状書士は最近では珍しい、パソコンいらずの在宅ワーク型副業

まとめ|賞状書士は最近では珍しい、パソコンいらずの在宅ワーク型副業

賞状書士はパソコンが使えないものの在宅ワークを副業にしたい方におすすめです。

特別な資格は必要ありませんが、資格を取得していた方が仕事の斡旋も含めて有利に進めていくことができます。

私は副業で月収300万を稼いでいたことがあり、今も資産1億円を30代のうちに作ってFIRE(経済的自立)を目指していろいろな副業を続けています。

もしあなたも資産1億円を作ることに興味があれば、私が本気でおすすめする副業を紹介していますので、下の記事もご覧になってみてください♪

 

STEP
毎年資産を30万円増やしたい

まずは節約術を身につけましょう!

節約方法とポイントサイトの活用術、あとはメルカリを使えば、30万円は割と簡単に稼ぐことができるので、「副業や転職はハードルが高いな」という人は、まずはここから始めてみてください♪

やり方はこちら

STEP
毎年資産を100万円増やしたい

転職するか副業するかして、毎月の収入を伸ばしていきましょう。

これからの時代、日本でも2〜3回の転職は当たり前になってきます。

転職が不安という人も多いと思いますが、ワタシも3回の転職を経験していて本当にオススメだったサイトを紹介しているので、まずは自分の経験の市場価値を測る意味でも一度面談を受けてみることをお勧めします。

客観的な価値を知ることで自分の仕事への認識が変わって視野が広がるのでオススメですよ。

私の経験やオススメの転職サイトは、↓の記事で紹介しています。

 

副業の始め方については下の記事で紹介しているので、副業で収入を増やしたい人はこちらを確認してみてください。

STEP
毎年資産を500万円増やしたい

このレベルになると本業(会社員)の昇進や昇格だけで成し遂げることは難しいので、副業にガッツリ取り組んだり、スモールビジネスを起こす、あとは資産運用を組み合わせていく必要があります。

わたしは現在この段階にいて、毎月の収入を『サラリーマンとしての月給50万円』+『副業の月収40万円』という状態を目指して色々チャレンジしています。

毎月40万円も収入が増えたら、めちゃくちゃできることが増えますよね?

あなたが私と同じように「収入を増やしたい!」という気持ちを持っているのであれば、下の記事は参考になると思うのでぜひご覧になって、行動を起こしてみてください!

【副業紹介#52】賞状書士で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次