【副業紹介#13】クラウドソーシングで稼ぐ方法とは|始め方や特徴、メリット・デメリットを紹介

この記事では、これから副業を始めようと考えている方に向けて、クラウドソーシングサービスを利用して稼ぐ方法を紹介しています。
ほかの副業方法について知りたい方は、下の記事からどうぞ。
[副業 序文]
 

目次

クラウドソーシングで稼ぐ方法とは

クラウドソーシングで稼ぐ方法2
クラウドソーシングで稼ぐとは、クラウドソーシングサービスで仕事を請け負い、仕事の対価として報酬をもらって稼ぐ方法です。
クラウドソーシングというのは、オンライン上で『仕事をしたい人』と『仕事を依頼したい人』をマッチングするサービスです。
『働き方革命』が政府によって謳われるようになった2017年以降、クラウドソーシングを利用して在宅ワークをする人が増えています。
とくに、『ブログ記事の執筆』や『キャッチコピーの応募』といった仕事は、副業を始めてする方でも応募できるので、人気の稼ぎ方となっています。
記事の執筆といっても、あまり文章力を必要とするものではないので、文章に自信がない方でも問題なく働くことができます。
また、子育て最中で家から離れることができない主婦もクラウドソーシングで仕事をする時代になっています。
クラウドソーシングサービスで国内大手のランサーズやクラウドワークスでは、案件が豊富で180種類以上の仕事を選ぶことができます。
データ入力、ライター、翻訳、イラスト、プログラミング、WEB製作、グラフィックデザイナーなど、全体的にweb関係の仕事が多いので、関連スキルを所有していると稼ぎやすいです。
そこで自分の好きな案件を選択して、仕事を終えたときに給料を獲得できます。
クラウドソーシングサービスは、利用料は必要なく、メールアドレスがあれば無料で会員登録ができます。ですので、登録したその日のうちに仕事を始めることが可能です。
会員登録をしなくても、どんな在宅ワークがあるのか確認できますので、少し気になったら確認するだけでも有意義でしょう。
パソコン系の仕事では、以下のスキルを持っていると申し込める案件も多いですし、高単価の案件にも応募できるので有利となっています。

  • 翻訳能力
  • イラスト作成
  • DTP作成
  • WEB作成
  • プログラミング
  • アプリケーション開発
  • 動画編集

 

クラウドソーシングの特徴

クラウドソーシングで稼ぐ方法3

  • ネットビジネスの中でも一番堅実に稼げる
  • 自分で仕事量を調節できる
  • 家にいながら仕事ができる
  • 自分のスキルを向上できる
  • 代金回収などのトラブルが起きやすい部分はクラウドソーシングの運営会社が対応してくれる


 

ネットビジネスの中でも一番堅実に稼げる

クラウドソーシングは、ネットを使ったお金稼ぎの中でも、一番確実に稼げます。
というのも、クラウドソーシングで請け負う仕事というのは、基本的に普通の仕事と同じで、作業に対して報酬が支払われるためです。
ネットを使った副業で有名なものとして、『アフィリエイト』や『株式投資・FX』、『せどり』などがありますが、これらは作業をしたからといって、収入が得られるわけではありません。
そのため、もっとも安定して稼げる手法となっています。
お金をもらいつつ、自分の好きな分野の能力を高めることができますので、向上心を持って仕事をおこなっていきたい方にはオススメです。
 


 

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングで稼ぐ方法4

  • 家にいながら仕事ができる
  • 仕事量を調節できる


 

自分で仕事量を調節できる

クラウドソーシングを利用するメリットとして最初にあげられるのは、仕事量を自分で調節できるという点でしょう。
忙しいときは、案件に申し込むのを控えればいいですし、仕事をガンガンしたいときは自分から積極的に仕事を取りにいくことでガンガン稼ぐこともできます。
 

家にいながら仕事ができる

クラウドソーシングのもう一つの大きなメリットが、家にいながら仕事ができるという点です。
これは、まだ目が離せないお子さんがいる方にとっては、何よりも大きなメリットでしょう。
レジ打ちなどのパートをするには外に出る必要があるため、子供が小さいうちはパートをすることができません。
しかし、クラウドソーシングであれば、家にいながらできるため、家計の足しになります。
 

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングで稼ぐ方法5

  • クラウドソーシングサービスの提供会社に手数料が取られる
  • トラブルも起きる(後述)


 
これは致し方ない部分はありますが、クラウドソーシングサービスでは、依頼金額によって5〜25%の手数料が取られます。
受注金額が10万円以下の場合は、10〜20%程度徴収されるのが一般的です。ほとんどの案件は10万円以下ですが、業界最大手のランサーズやクラウドワークスでは、その金額の場合は手数料が20%取られます。
何度も受注していると、この手数料だけでも相当な金額を運営に払うことになります。しかし、代金を確実に相手から徴収したり、無用なトラブルを避けるためには必要な経費でもありますので、割り切るしかありません。
できるだけ手数料を取られるのを避けたいのであれば、手数料が比較的安いBizseekやシュフティを利用しましょう。
 

クラウドソーシングの注意点

クラウドソーシングで稼ぐ方法6
クラウドソーシングは社会的に普及してきましたが、トラブルも日常茶飯事です。
仕事を請け負ったあとで、納品物に文句をつけられる、給料が支払われないといった問題が起こることがあります。
そういった事態を避けるには、信頼のおける依頼者からの仕事を選ぶのも大事なポイントです。評価された件数や、評価の高さなどが参考になりますが、評価件数が多くても問題がある依頼者もいます。
評価件数以外にも、下記の項目も確認しましょう。
 

  • クライアント名(法人なら企業名)
  • 法人の場合は登記住所(Googleで要検索)
  • 担当者の名前
  • 連絡先メールアドレスと代表者の電話番号
  • プロフィールの日本語の整合性

 
また、稀にですが、初期費用が必要などの話が出てくることがあります。基本的に、仕事で発生する費用は、クライアント側が負担すべき費用ですので、費用の話が出たら詐欺と思って間違いありません。
 


 
 

オススメのクラウドソーシングサイトは?

クラウドソーシングで稼ぐ方法7
クラウドソーシングサービスを使うのであれば、大手のサイトを利用しましょう。
というのも、大手のサイトの方が自分にあった仕事を見つけやすいですし、複数のサイトで同じ仕事が募集されていたりします。付け加えると、一つのサイトで実績を重ねる方が、いい条件で仕事をもらいやすくなります。
ですので、まずは業界最大手を争うランサーズクラウドワークスの2つに登録すれば十分です。
そこで実際に仕事を探してみて、システムの使いやすさなどを考慮して自分に合った方をメインで使うようにするといいでしょう。
慣れてきたら、ほかのクラウドソーシングサービスのBizseekやシュフティなどに登録してみましょう。
これらのサービスの方が、手数料が安いので手取り収入が増えるといったメリットがありますので、クラウドソーシングで長く稼いでいくなら、自分のワークスタイルに一番合ったサイトを見つけるようにしましょう。
また、稀にですが、登録が有料のサービスもあります。基本的に大手クラウドソーシングサービスは利用料が無料となっており、登録や利用が有料となっているところは、たいていの場合悪質なサイトです。
そのようなサービスには登録しないように注意しましょう。
各サービスについて詳しく知りたい方は、下の記事をご覧になってみてください。

クラウドソーシングサービスの特徴と評判
オールジャンル クラウドワークスランサーズビズシーク
主婦向け シュフティ
手作り商品の販売に強み ココナラ
コーチ、コンサル系 サイタビザスク
ライティング(書く)系 Shinobiライティング

 

まとめ

クラウドソーシングで稼ぐ方法8
以上、クラウドソーシングサービスについて紹介しました。
副業を検討されている方や、フリーランスとして独立された方は、手始めにクラウドソーシングを利用してみるのがオススメです。
わたしもそうでしたが、会社員として普段働かれている方は、直接お金のやり取りをする部署でない場合、お金を稼いでいるという実感をなかなか感じる機会はないでしょう。
クラウドソーシングで、仕事の受注から、納品、報酬の受け取りまでをおこなうことで、お金を稼ぐとはどういうことなのかが学べます。直接クライアントとやり取りする人の苦労なども理解できるようになりますので、本業にもプラスになる面があります。
はじめは一歩を踏み出すのに勇気が必要ですが、勇気を出してチャレンジしただけの価値は得られますので、ぜひチャレンジしてみてください。
 

クラウドワークスに登録する


 

 
[副業用ボタン]
 
[副業 まとめ]
 
[オススメ副業]
 
[副業 ラスト]

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる