ゲーム専門の動画配信サービスTwitchとは|特徴・評判・メリット・デメリット

Youtuberに代表されるように、動画配信でサラリーマン以上に稼げるようになった現代
「オレも動画配信サービスで稼げていたらなぁ…」と考えたことがない人はいないのではないでしょうか?
まだ遅くありません。
実はこの動画配信というジャンル、まだまだ伸び盛りで、次々と新しいサービスが出ています。
そしてHIKAKIN氏のような一攫千金を狙って、副業で動画配信を始める人もドンドン増えています。
しかし、動画配信サービスは、現在では非常に多くの種類が存在していて混乱を招いています。
ウェブサービスに慣れ親しんだ人ならともかく、初心者にとっては、それぞれの特徴や違いなど、一体何がどう違っているのかが分からないものです。
この記事では、注目されている動画配信サービスである「Twitch(ツイッチ)」について、その他サービスとの違いを交えながら紹介していきます。
 
もっと別の副業も知りたいという方は下の記事からどうぞ。
[副業 序文]
 

目次

Twitchの基本情報

ゲーム専門の動画配信サービスTwitchとは|特徴・評判・メリット・デメリット2
Twitchは世界最大級とも言われているゲームというジャンルに特化したライブ配信サイトです。2015年のリサーチでは、毎月の視聴者が150万人にものぼるとされており、利用者が多いことで知られています。
2011年にJustin.tvがコンピューターゲームに特化しているプラットフォームを立ち上げたのがその歴史の始まりで、2014年8月にAmazonに買収されました。
それ以降は2016年8月にゲームコミュニティを運営するCurse,Inc.をも買収しており、その規模を拡大しています。ちなみにJustin.tvは2014年に閉鎖されることになります。
子会社化して運営をしており、正式な運営元はTwitch Interactiveとなっていますが母体はAmazon。そして2017年9月には日本オフィスを東京にオープンして拡大を続けています。
巨大資本を持っているAmazonが運営母体ということで世界的にも信頼度も高い動画配信プラットフォームがTwitchなのです。
 

Twitchにはどんな特徴があるの?

[アドセンス]
 
ゲームという専門のコンテンツに特化しているものの、海外を中心に非常に人気が高く、プロゲーマーによる実況・解説や、海外で行われている超高額な賞金がかかったゲーム大会などの配信が行われています。
日本国内よりもTwitchは海外で人気コンテンツとして知名度が非常に高く、そのアクセス数はFacebookを凌ぐほどと言われています。
国内では同じようなサービスにニコ生がありますが、有料のプレミアム会員にならないと配信が不可。画質を高くしての配信の不可。30分毎の配信といった配信枠が決められているなどの制限があります。
Twitchにはニコ生ユーザーが抱えているこういった「制限」が一切ありませんから、特にゲームの生配信をするのにこれほど快適な環境はないと評価されているのです。
またYoutubeでもゲーム実況動画はお馴染みですが、長い動画は有名なYoutuberでもない限り見てもらえません。つまりユーザーがみたい場面だけを集めた動画でなければならず、編集をするのが前提になっています。
一方でTwitchの場合には、動画を配信しながらリスナーと交流を楽しむといったことが前提になっているサービスですから、動画などは長いほどにリスナーからは喜ばれるという特徴を持っています。
 


 

Twitchのメリットは?

[アドセンス]
 

  • 長時間の配信が無料・高画質で行うことができる
  • 配信ページのカスタマイズなど多機能である


 

長時間の配信が無料・高画質で行うことができる

前でも少し触れていますが、他の動画配信サービスではお金を払ってランクアップするプレミア会員にならないと、さまざまな制限がかかってしまい思ったような配信を行うことができません。
しかしTwitchでは無料のスタンダード会員のままで、長い時間でしかも高画質なゲーム実況を配信することが可能です。そのうえ視聴者数が確保できれば、広告料や寄付金などで稼ぐことも十分にできます。
Twitchで生配信をした後、配信した動画をダウンロードして編集をして、Youtubeにアップロードするといった使い方をされている方も多くいます。
このようにゲーム実況をリアルタイムで制限なく長時間行えるのがTwitchの最大のメリットといって良いでしょう。
 

配信ページのカスタマイズなど多機能である

他にもTwitchのメリットは存在します。それは配信ページなどをユーザーの自由にカスタマイズすることができたり、パソコンではもちろん、プレイステーション4やエックスボックス、Oneといったものでの配信も行えるという点。
TwitterやYoutube、更にFacebookといった大手SNSとの連携も簡単に行うことができるなど、機能面でのフットワークが非常に軽いというところが最大の魅力と言えます。
一般的にこの手のサービスでは、ユーザーの囲い込みをしたいという理由からも、他のデバイスとの互換性をなくすというのが、これまでのセオリーでした。
しかしTwitchでは、デバイスの垣根を取り除いており、この考え方によって純粋に世界中のゲームファンすべてが楽しめるようなプラットフォームが実現できていると言って良いでしょう。
他にも日本語の文章を音声合成で読み上げてくれる優秀なツール「棒読みちゃん」との連携が可能になっており、文章でのコミュニケーションの自由度も高くなっていますから、国内向けのサービスよりもグローバルですね。
 


 

Twitchのデメリットは?

[アドセンス]
 

  • 日本での知名度がまだまだ低い
  • 視聴者の回線環境によっては動画が追いつかないことも


 

日本での知名度がまだまだ低い

逆にTwitchのデメリットとなるのは、日本での知名度がまだまだ低く、日本人の利用者数が少ない点です。日本にはYoutubeやニコ生などの優秀なプラットフォームがあり、そちらの方がメジャーです。
このためゲーム実況をするならニコ生やYoutubeといった考えを持っている配信者や視聴者が多いという現象が日本国内ではまだまだ見られています。
結果として視聴者が思ったように集まらず、報酬もあまり高額なものが期待できなくなるという可能性もゼロではないという点がデメリットとして挙げられます。
 

視聴者の回線環境によっては動画が追いつかないことも

もう一つのデメリットとしては、機能面が充実しているのは良いのですが、いくら高画質な生配信をしたとしても視聴者が持っているデバイスのスペックが対応していないと、配信が途切れてしまうことになりかねないこと。
ホームページなどでも、デザイン重視のページは見た目的には派手ですが、読み込むのに時間が掛かるといったようなサイトの場合、ストレスを非常に感じるものですよね。結果としてすべてを見る前に離れてしまいます。
同じように長時間に高画質な生配信ができるのは魅力ですが、その高画質に対応できるデバイスを視聴者が使っていないと、せっかくの生配信も途切れ途切れになってしまう恐れがあり、視聴者にストレスを感じてしまいます。
結果として視聴者が離れていくという現象が起こってしまいますから、その点を配信者が考慮して行わなければならない煩わしさがあるのもデメリットと言えます。
 

まとめ|一獲千金を狙うならTwitchで動画配信してみよう

ゲーム専門の動画配信サービスTwitchとは|特徴・評判・メリット・デメリット3
ゲーム配信のプラットフォームとしては、世界中に多くのユーザーを抱えており、Amazonという大資本の恩恵も受けられるという安心感があって、ポテンシャルが高いのがTwitchと言えます。
有名SNSを連携させて利用することによって、自分がTwitchを利用してライブ配信をする際には、宣伝や告知をして視聴者を確保することも可能です。
いきなりTwitchを使うのにはハードルが高いと思った人には、Youtubeやニコ生などの知名度の高い配信を行って自分の名前を売ってからTwitchを使ってみるなど創意工夫が行えるのも魅力的。
百聞は一見にしかず。ゲーム配信をしてみたい方なら一度Twitchを試してみてはいかがでしょうか。
⇒ Twitch(ツイッチ)の公式サイトへ
 
[副業1]
 
[副業用ボタン]
 
[副業 まとめ]
 
[オススメ副業]
 
[副業関連]
 
[副業 ラスト]

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる