【副業紹介#48】選挙スタッフで稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

  • URLをコピーしました!

この記事では、どんな副業があるか知りたい方向けに、選挙スタッフという仕事について紹介しています。

副業といっても多くの種類があり、評判が良いものから悪いものまでさまざまです。

そんななか、多くの方から評判がいいのが「選挙スタッフ」の仕事。

ここでは選挙スタッフを始めるにはどうしたらいいのか、メリットやデメリット、選挙スタッフにマッチしている方の特徴などを紹介します。

この記事の信頼性

なるらく

この記事を書いている私は副業ブログ歴4年。副業についてはだいぶ詳しくなったので解説していきます。

  • Web広告代理店でアフィリエイト担当
  • 仮想通貨ブログ収入:最高 300万円/月
  • VODブログ収入:最高 100万円/月

▼副業の始め方

副業を始めるためのロードマップ|始め方をコンパクトに解説します

目次

選挙スタッフの基本情報

選挙スタッフの仕事は、報酬が高い割に誰でも行える簡単な作業で済むということから、人気が高い副業の一つ。

大きく分けて「世論調査」「会場設営」「投票受付」「出口調査」「開票」「期日前投票」といった業務が用意されており、それぞれの業務で忙しさや報酬が違っています。

会場設営と投票受付、出口調査などはセットになっていることが多いです。

世論調査に関しては、コールセンターでの仕事となり、他の業務に比べて報酬が高いという違いがあります。

  

選挙スタッフにはどんな特徴があるの?

選挙スタッフにはどんな特徴があるの?

選挙スタッフというと、「投票から開票結果がでるまで長時間の拘束が必須!」と思われる方もいます。

しかし実際の求人を見てみると、2時間程度しか働けないという方でも募集があり、短時間でも働くことが可能です。

また、選挙は土日に行われますから、土日に時間が空けられないと働けないと思われがちですが、期日前投票の仕事なら平日でも働けます

このように、勤務日や勤務時間をある程度自由に選ぶことができるのに加え、12時間以上の長時間拘束の場合には、日給で1万3,000円から1万5,000円の報酬がもらえるという特徴もあります。

 

選挙スタッフを副業に選ぶメリットは?

選挙スタッフを副業に選ぶメリットは?
  • 都合が合わせやすい
  • 簡単なわりに稼ぎは大きい

都合が合わせやすい

前に触れたとおり、選挙スタッフの仕事は、様々な業務に分かれています。

勤務日や勤務時間、勤務場所などを自分の都合で自由に選ぶことができるため、都合が合わせやすいというのがメリットです。

簡単にわりに稼ぎは大きい

選挙スタッフは、専門的な知識やスキルを必要とせず、マニュアルも用意されているので、初心者にもやさしい簡単な副業です。
それでいて、多くの方が持っているイメージ通り、選挙が終わるまでの長時間労働さえこなせば、1万円を超える日給、時給換算で1,000円前後の報酬が稼げるのも大きなメリットです。

 

選挙スタッフを副業に選ぶデメリットは?

選挙スタッフを副業に選ぶデメリットは?

  • いつでも働けるわけではなく、安定した副業にはならない

いつでも働けるわけではなく、安定した副業にはならない

国会議員を選ぶ国政選挙、首長や市議会議員を選ぶ地方選挙がありますが、住んでいる地域で選挙が行われるのは1年に0回〜数回。

いつでもどこでも選挙が行われるわけではないので、「月に副業で○○万円は安定して稼ぎたい」という方には不向きな副業と言わざるを得ません。

副業に安定した収入を求めている方にとっては、大きなデメリットと言えるでしょう。

 

選挙スタッフの副業としての始め方

選挙スタッフの副業としての始め方

選挙スタッフは、インターネット求人などでも募集がかけられているため、アルバイト求人に応募すれば誰でも働くことができます。

また、選挙スタッフを請け負っている派遣会社も複数存在しているので、この手の仕事に多くの実績がある派遣会社に登録をして紹介してもらうという方法もスタンダードです。

選挙スタッフの仕事を探せる主なサービス一覧

選挙スタッフの仕事は、以下のサービスから見つけることができます。

興味がある人は、まずはそれぞれのサービスに登録して仕事を探してみましょう。とくにオススメなのは、仕事の採用が決まると祝い金がもらえる「マッハバイト」です。

探すならここから♪

 

選挙スタッフはどういった人にオススメか?

選挙スタッフが副業としてマッチしている方は、選挙の時期にちょっとした副収入が欲しいという方でしょう。

いつでも募集している仕事ではないため、選挙が行われない限り働きたくても働けず、安定した報酬は見込めません。

いつもの仕事にプラスして、たまに稼げるボーナス収入というように、割り切った考えを持てる方にオススメの副業と言えるでしょう。

 

まとめ|選挙スタッフはスキルいらずでできる副業

まとめ|選挙スタッフはスキルいらずでできる副業

以上、副業でおこなう場合の「選挙スタッフ」という仕事について紹介しました。

選挙スタッフの仕事は、作業が細分化されており、勤務日や時間、場所といったものを自由に選ぶことができる、自由度の高い副業です

一般のイメージとは違い、「長時間の拘束が必須」ということもありません。

ただしいつでも行えるわけではないため、本業と副業の他にプラスアルファの副収入を得たいという方にはありがたい仕事と言えるでしょう。

「副業って難しそう…」と心配されている方は、手始めに選挙スタッフから始めてみるのはいかがでしょうか。

 

私は副業で月収300万を稼いでいたことがあり、今も資産1億円を30代のうちに作ってFIRE(経済的自立)を目指していろいろな副業を続けています。

もしあなたも資産1億円を作ることに興味があれば、私が本気でおすすめする副業を紹介していますので、下の記事もご覧になってみてください♪

 

STEP
毎年資産を30万円増やしたい

まずは節約術を身につけましょう!

節約方法とポイントサイトの活用術、あとはメルカリを使えば、30万円は割と簡単に稼ぐことができるので、「副業や転職はハードルが高いな」という人は、まずはここから始めてみてください♪

やり方はこちら

STEP
毎年資産を100万円増やしたい

転職するか副業するかして、毎月の収入を伸ばしていきましょう。

これからの時代、日本でも2〜3回の転職は当たり前になってきます。

転職が不安という人も多いと思いますが、ワタシも3回の転職を経験していて本当にオススメだったサイトを紹介しているので、まずは自分の経験の市場価値を測る意味でも一度面談を受けてみることをお勧めします。

客観的な価値を知ることで自分の仕事への認識が変わって視野が広がるのでオススメですよ。

私の経験やオススメの転職サイトは、↓の記事で紹介しています。

 

副業の始め方については下の記事で紹介しているので、副業で収入を増やしたい人はこちらを確認してみてください。

STEP
毎年資産を500万円増やしたい

このレベルになると本業(会社員)の昇進や昇格だけで成し遂げることは難しいので、副業にガッツリ取り組んだり、スモールビジネスを起こす、あとは資産運用を組み合わせていく必要があります。

わたしは現在この段階にいて、毎月の収入を『サラリーマンとしての月給50万円』+『副業の月収40万円』という状態を目指して色々チャレンジしています。

毎月40万円も収入が増えたら、めちゃくちゃできることが増えますよね?

あなたが私と同じように「収入を増やしたい!」という気持ちを持っているのであれば、下の記事は参考になると思うのでぜひご覧になって、行動を起こしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次