【副業紹介#42】サイトパトロール(SNSパトロール)で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

【副業紹介#42】サイトパトロールで稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット
  • URLをコピーしました!

この記事では、サイトパトロール(SNSパトロール)のバイトや副業で稼ぐことを考えている人に向けて、サイトパトロールの仕事内容や報酬、メリット・デメリットを紹介していきます。

  • サイトパトロールはどういう仕事?
  • パトロールって簡単?しんどい?
  • どうやって始めたらいいの?

こういった疑問を解決していきます。

インフルエンサーなどが増えてSNS全盛期になった今の時代、人要も増えて人気の副業となっています。

そんなサイトパトロール(SNSパトロール)について紹介していきます。

もっと色々な副業について知りたい人は↓↓の記事も参考にしてみてください♪

 

この記事の信頼性

なるらく

この記事を書いている私は副業ブログ歴4年。副業についてはだいぶ詳しくなったので解説していきます。

  • Web広告代理店でアフィリエイト担当
  • 仮想通貨ブログ収入:最高 300万円/月
  • VODブログ収入:最高 100万円/月

▼副業の始め方

副業を始めるためのロードマップ|始め方をコンパクトに解説します

 

目次

サイトパトロール(SNSパトロール)の基本情報

サイトパトロールの基本情報

サイトパトロールの仕事は、インターネットを閲覧しながら、不適切だとされる内容を掲載しているサイトを探し出すといった内容。

閲覧するサイトには、主にブログサイトやSNS、他にもECサイト内のレビューページなどがあります。

肖像権や著作権などに触れていないか、法律に違反する内容が書かれていないかをチェックしていきます。

仕事の発注元は広告代理店であることが多く、

広告代理店⇨パトロール会社⇨バイト (間にクラウドソーシング会社などが入る場合もある)

という流れで、サイトパトロール業務を請け負っている会社から仕事が発注されています。

 

サイトパトロールにはどんな特徴があるの?

サイトパトロールは、ネット上に存在する、あらゆるホームページが対象になる仕事です。

そのため、なかなか骨の折れる業務になりますが、ネットサーフィンをしているようなものですから、作業自体は簡単。

特別な能力や専門スキルなどは求められず、根気があれば誰でもこなせます

時給については、1,000円以上が相場になっており、業務の簡単さを考えると報酬額は高めということができます。

またテレビ広告の市場規模をインターネット広告が上回るようになりました。

さらにこれからはSNS広告や動画広告にますますお金が使われるようになっていくため、サイトパトロールの仕事はますます需要が増えていくことが見込まれています。

当分の間は仕事がなくなることはないという特徴があります。

 

サイトパトロール(SNSパトロール)を副業に選ぶメリットは?

サイトパトロールを副業に選ぶメリットは?

サイトパトロール(SNSパトロール)を副業に選ぶメリット

  1. 初心者でもできて高収入の副業
  2. どんな時間でも働ける

 

初心者でもできて高収入の副業

サイトパトロールの最大のメリットは、やはり専門スキルを必要とせず、誰でも行うことができるということ。

それでいて時給1,000円以上の高額報酬が得られます

業務内容が簡単でありながら時給が高い、貴重な仕事の一つです。

  

どんな時間でも働ける

サイトパトロールを担う会社は、24時間体制で監視をしていることが多いです。

そのため、サイトパトロールの求人も、様々な時間帯のものが存在します。

土日・深夜帯など、どんな時間でも仕事をすることができるということもメリットです。

  

サイトパトロール(SNSパトロール)を副業に選ぶデメリットは? 

サイトパトロールを副業に選ぶデメリットは? 

サイトパトロールを副業に選ぶデメリット

  1. 平日深夜帯の求人も多い
  2. 視力が悪くなる

 

平日深夜帯の求人が多い

サイトパトロールは、24時間365日業務が存在する仕事です。

そうはいっても、やはり募集案件が最も多い時間帯は、あまり人が集まらない平日・深夜帯。求人情報を探しても、平日の勤務しか募集が無いという場合があるのが、デメリットです。

本業で平日昼間に働く人にとっては、条件に合う働き口を探すのに時間がかかる可能性もあります。

視力が悪くなる

私も広告代理店の仕事としてサイトパトロールをしていたからわかるのですが、かなり集中してパソコンを続けないといけないので、ずっとやっていると確実に視力が悪くなります。

他のウェブ系の仕事もパソコン見ることが多いので、ウェブ系の副業するのであれば共通してこれはデメリットになります。

 

サイトパトロール(SNSパトロール)の副業としての始め方

サイトパトロールの副業としての始め方

サイトパトロールの仕事は、インターネット求人サイト・紙媒体の求人雑誌の両方で広く募集しています。

そのため、サイトパトロールを副業にしたい人は、条件次第ではすぐに仕事を見つけることが可能です。

本気で探したい方は、保守関連業務などに強い派遣会社などに登録をしてみるのがオススメです。

  

サイトパトロールの仕事を探せる主なサービス一覧

サイトパトロールの仕事は、以下のサービスから見つけることができます。

興味がある人は、まずはそれぞれのサービスに登録して仕事を探してみましょう。

とくにオススメなのは、仕事の採用が決まると祝い金がもらえる「マッハバイト」です。

 

  

サイトパトロール(SNSパトロール)はどういった人にオススメか?

サイトパトロールは、基本的には「してはいけない」ことをしているサイトを発見し、それを報告するといった業務。

そのため、正義感の強い人に向いている副業といえるでしょう。

不正サイトを見つけることは簡単ではありません。

パソコンを眺め続ける地道な作業である上、なかなか発見できないケースも多いので、長い時間の作業も飽きずにできる、根気強い人におすすめです。

 

まとめ|サイトパトロール(SNSパトロール)は、根気は必要だが慣れると楽な副業

まとめ|サイトパトロールは、根気は必要だが楽な副業

以上、サイトパトロール(SNSパトロール)仕事について紹介しました。

専門的な知識もいらず、特別なスキルも不要な副業といえばサイトパトロールですが、特徴をまとめると↓↓のとおり。

  • 体力に自信がなく、PCが得意な人にオススメ
  • 専門知識が不要
  • 目は結構疲れる仕事

サイトパトロールの仕事は、土日や深夜帯にも多くの求人があるため、平日などの決まった時間に本業がある方にオススメの副業といえます。

専門スキルを必要とせず、初心者でも簡単に行えるのに加え、高報酬が期待できるので、専門スキルがないけれど、一定額以上の金額を稼ぎたい方にはぴったりの副業です。

「まずは気軽に副業を始めてみたい」という人は、ぜひ試してみてください♪

 

私は副業で月収300万を稼いでいたことがあり、今も資産1億円を30代のうちに作ってFIRE(経済的自立)を目指していろいろな副業を続けています。

もしあなたも資産1億円を作ることに興味があれば、私が本気でおすすめする副業を紹介していますので、下の記事もご覧になってみてください♪

 

STEP
毎年資産を30万円増やしたい

まずは節約術を身につけましょう!

節約方法とポイントサイトの活用術、あとはメルカリを使えば、30万円は割と簡単に稼ぐことができるので、「副業や転職はハードルが高いな」という人は、まずはここから始めてみてください♪

やり方はこちら

STEP
毎年資産を100万円増やしたい

転職するか副業するかして、毎月の収入を伸ばしていきましょう。

これからの時代、日本でも2〜3回の転職は当たり前になってきます。

転職が不安という人も多いと思いますが、ワタシも3回の転職を経験していて本当にオススメだったサイトを紹介しているので、まずは自分の経験の市場価値を測る意味でも一度面談を受けてみることをお勧めします。

客観的な価値を知ることで自分の仕事への認識が変わって視野が広がるのでオススメですよ。

私の経験やオススメの転職サイトは、↓の記事で紹介しています。

 

副業の始め方については下の記事で紹介しているので、副業で収入を増やしたい人はこちらを確認してみてください。

STEP
毎年資産を500万円増やしたい

このレベルになると本業(会社員)の昇進や昇格だけで成し遂げることは難しいので、副業にガッツリ取り組んだり、スモールビジネスを起こす、あとは資産運用を組み合わせていく必要があります。

わたしは現在この段階にいて、毎月の収入を『サラリーマンとしての月給50万円』+『副業の月収40万円』という状態を目指して色々チャレンジしています。

毎月40万円も収入が増えたら、めちゃくちゃできることが増えますよね?

あなたが私と同じように「収入を増やしたい!」という気持ちを持っているのであれば、下の記事は参考になると思うのでぜひご覧になって、行動を起こしてみてください!

【副業紹介#42】サイトパトロールで稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次