【副業紹介#72】エントリーシート代行で稼ぐ方法は|特徴・評判・メリット・デメリット

エントリーシートとは、就活の際、志望の企業に最初に提出する書類です。

エントリーシートの内容次第で、企業は応募者と「面接する/しない」を判断します。

そのため、エントリーシートは就活の際にもっとも重要なアイテムの一つと言うこともできるのです。

ただ、まともに就活をする就活生は、何十社にも及ぶ企業にエントリーをしているため、1つ1つのエントリーシートを丁寧に書いていられないという状態になります。

そんなときに重宝されるのが、「エントリーシート作成代行」の仕事。

ここでは、エントリーシート代行の詳細や、メリット・デメリットについて紹介していきます。

 

目次

エントリーシート代行の基本情報

エントリーシート代行の仕事は、大きく2つのパターンに分けることができます。

一つ目のパターンは、依頼者が自分で作成したエントリーシートの添削をすること。

もう一つは、完全に丸投げでエントリーシートをゼロから作成するというパターンです。

また、エントリーシートの内容もさまざま。

企業から求められているスタンダードなエントリーシートはもちろん、オープンエントリーシートなどにも対応できる業者が増えています。

また、これに追加して「アイデアシート」や学校が指定している履歴書の代理作成など、文書作成全体の代行業を行っている業者が増えています

 

エントリーシート代行にはどんな特徴があるの?

エントリーシート代行にはどんな特徴があるの?

エントリーシート代行の気になる報酬ですが、1,000文字程度のエントリーシートで3万円前後が相場とされています。

また、800文字以内などの簡易的なものであれば、2万円前後となっており、文字数の多さによって料金が変化するのが一般的。

エントリーシート作成代行は、単にシートに記述だけして終わりではありません。

依頼者がエントリーした企業に採用されるための一歩ですから、コンサルティング的な役割も求められるというのが特徴です。

  

エントリーシート代行を副業に選ぶメリットは?

  • 業務内容が特化されており、コツを掴むまでが早い
  • 高い報酬を手に入れられる

 

業務内容が特化されており、コツを掴むまでが早い

エントリーシート代行は、一見すると難しい業務内容に思えます。

たしかに、慣れていないうちは、企業に注目してもらえるエントリーシートを作るのは難しいです。

一方で、この仕事は業務内容が一つのジャンルに特化しているため、勉強しやすく、コツもつかみやすいのも事実。

慣れてしまえば、時間をかけずに質の高いエントリーシートが書けるようになるのがメリットです。

  

高い報酬を手に入れられる

エントリーシート作成代行は、就職活動という人の一生に関わる重要な出来事に関わる仕事のため、非常に単価が高く設定されています。

大きな責任は伴いますが、がんばり次第で高い報酬が得られるのは、メリットということができます。

  

エントリーシート代行を副業に選ぶデメリットは?

エントリーシート代行を副業に選ぶデメリットは?

  • 丸投げで責任転嫁されないように注意が必要

 

丸投げで責任転嫁されないように注意が必要

エントリーシート代行を依頼する人は、「自分がしなければならないことを他人に丸投げする」癖がついている場合があります。

その中には、他人にやってもらったにもかかわらず、結果が伴わなかった場合には「代行者が悪い」と責任転嫁してしまう自分勝手な依頼者も少なくありません。

場合によっては逆恨みされてトラブルに発展する危険性もあります。

仕事を請け負う時点で、「必ずしも内定をもらえるわけではない」ということは依頼者に伝え、責任転嫁されないように注意しておく必要があります。

  

エントリーシート代行の副業としての始め方

エントリーシート代行の副業としての始め方エントリーシート代行の副業としての始め方

エントリーシート代行の仕事を始める場合、個人でSNSやクラウドソーシングサービスに登録をし、クライアントを募ることも可能です。

ただし、実績がない場合は、専門業者にスタッフとして登録をし、仕事を回してもらうことをおすすめします。

  

エントリーシート作成代行の仕事を探せる主なサービス一覧

エントリーシート作成代行の仕事は、以下のサービスから見つけることができます。興味がある人は、まずはそれぞれのサービスに登録して仕事を探してみましょう。

とくにオススメなのは、仕事の採用が決まると祝い金がもらえる「マッハバイト」です。

 

 

エントリーシート代行はどういった人にオススメか?

エントリーシート代行はどういった人にオススメか?エントリーシート代行はどういった人にオススメか?

エントリーシート代行を副業にするのに向いている人は、就活のコツを把握しており、企業が求める人材像を把握している方です。

特にエントリーシート内には、就活生の実像が、企業の求めている人材像となるべく重なるように工夫して表現する必要があります。

こうした高い文書作成能力がなければ、代行業をこなすのは難しいです。

 

まとめ|エントリーシート代行は、文章力だけでない総合力が必要な副業

まとめ|エントリーシート代行は、文章力だけでない総合力が必要な副業まとめ|エントリーシート代行は、文章力だけでない総合力が必要な副業

エントリーシートの内容次第で、就活の結果も左右します。

そのため、エントリーシート代行は、依頼者の人生にも影響を与える重要な仕事です。

大きなプレッシャーもかかりますので、責任感が高く文書力に秀でるうえ、就活のノウハウも把握しているなど、総合的な能力が求められます。

非常に高いスキルが求められますが、高い報酬を狙うのであれば、挑戦するのもアリですね。

 

私は副業で月収300万を稼いでいたことがあり、今も資産1億円を30代のうちに作ってFIRE(経済的自立)を目指していろいろな副業を続けています。

もしあなたも資産1億円を作ることに興味があれば、私が本気でおすすめする副業を紹介していますので、下の記事もご覧になってみてください♪

 

STEP
毎年資産を100万円増やしたい

転職するか副業するかして、毎月の収入を伸ばしていきましょう。

これからの時代、日本でも2〜3回の転職は当たり前になってきます。

転職が不安という人も多いと思いますが、ワタシも3回の転職を経験していて本当にオススメだったサイトを紹介しているので、まずは自分の経験の市場価値を測る意味でも一度面談を受けてみることをお勧めします。

客観的な価値を知ることで自分の仕事への認識が変わって視野が広がるのでオススメですよ。

私の経験やオススメの転職サイトは、↓の記事で紹介しています。

 

副業の始め方については下の記事で紹介しているので、副業で収入を増やしたい人はこちらを確認してみてください。

STEP
毎年資産を500万円増やしたい

このレベルになると本業(会社員)の昇進や昇格だけで成し遂げることは難しいので、副業にガッツリ取り組んだり、スモールビジネスを起こす、あとは資産運用を組み合わせていく必要があります。

わたしは現在この段階にいて、毎月の収入を『サラリーマンとしての月給50万円』+『副業の月収40万円』という状態を目指して色々チャレンジしています。

毎月40万円も収入が増えたら、めちゃくちゃできることが増えますよね?

あなたが私と同じように「収入を増やしたい!」という気持ちを持っているのであれば、下の記事は参考になると思うのでぜひご覧になって、行動を起こしてみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる